【日記】今年もお世話になりました。

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

こんばんはシカコです。
いよいよ2014年も今日を入れてあと2日ですね。
みなさん、諸々の準備はお済みでしょうか?

新年を迎える準備といえば、やはり年賀状ですよね。
「はやく準備しなきゃ」と思いつつ、クリスマスが過ぎてからやっと手をつけています…。
年賀状の絵柄は自分で描いているので、毎年どういったデザインにするのか悩みどころです。
来年の干支はひつじなので今年のうまに比べると描きやすくて助かりました(笑)
そういえば前回の未年、年賀はがきの左上にいるひつじはマフラーを編んでいて、巡り巡って2015年未年、例のひつじは出来上がったマフラーを巻いている絵柄なんだそうです!
12年越しのストーリーにちょっとほっこりしちゃいました。

思えば十二支がひとめぐりする間、毎年かかさず年賀状を書いた記憶がありません。
いやでも、なんやかんやで書いているような気もするのですが、12年ってかなりの年数ですから記憶も曖昧ですね…(笑)
年賀状のやり取りをする相手も年々少なくなってきて…あっ、切ない(涙)
そもそも今では年賀状よりも、メールやSNSでの新年の挨拶が主流なのでしょうか?
中学、高校時代は年賀状も勿論出していましたが、やっぱりメールでの挨拶が多かった記憶があります。
年が変わって丁度0時にメールを送ったのに、相手に届くのは深夜4時やら、翌朝おせち料理を味わっている時だったり。届くメールも送信時刻は0時前後なのに、受信時刻はその日の午後だったりとメールサーバの負担を感じさせられる元旦を過ごした記憶があります。
今ではいろんなチャットアプリも普及していますし、ますます年賀状を出す人が少なくなっているのかも。
ちょっぴりさみしいですね。

すこし話がずれますが、私は紙が大好きなので手紙やら本も、電子媒体より紙媒体のものを好んでいます。
だからといってアンチ電子媒体ではありませんよ!笑
電子媒体と紙媒体、どちらにも良いところがありますしね。
けれどもやっぱり紙の本であったり、紙媒体をつかう機会が減っているというのを考えると少しセンチメンタルになってしまいます(笑)
物心ついた頃はまだ電子媒体もいまほど世の中に溢れていたわけではないので、紙媒体への親近感や愛着が強いのかな。
上手に両者を使い分けることができるといいなあ、と思う今日この頃です。

ではでは本日はこの辺りで、2014年ありがとうございました。
そして来年もどうぞ「SPOT NOTE みなとみらい」をよろしくお願いします。
良いお年を!

14-E5-B9-B4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

*