【日記】新宿にPSYCHO-PASSのシビュラシステムが!

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

「私は今、何色?」
こんばんは、シカコです〜。

冒頭から意味深な発言ですが、分かる人にはピン!と来たはず。
ノイタミナで放送されたテレビアニメ「PSYCHO-PASS(サイコパス)」でおなじみとなった台詞です。
2012年10月に第一期、2014年10月に第二期が放送。
そして本日1月9日は劇場版が公開ということで、新宿メトロプロムナードでは体験型企画が開催中!
ファンにはたまらない企画、もちろん私も行ってまいりました!

新宿メトロプロムナードに現れたのは「シビュラシステムゾーン」。

ご存知の方もいらっしゃるでしょうが、一応簡単かつ軽く説明しますね…
シビュラとは、人間の精神状態などを計測・分析し、数値化したデータ「サイコパス(PSYCHO-PASS)」をもとに人々の最適な生活を支援する社会システムの名称です。
数値の中には“犯罪行為をとる危険性”を表した「犯罪係数」というパラメータがあります。
この犯罪係数が規定値を超えたままでいると、たとえ犯罪を犯していなくても「潜在犯」という犯罪者として社会から排除されてしまうんです。
現代でいう警察の公安局刑事課は、サイコパスをリアルタイムで計測する装置「ドミネーター」を手に、潜在犯を鎮圧・執行して社会を守っています。
つまり犯罪係数という数値が高いと潜在犯とみなされ、ドミネーターで執行されてしまうんです!

お、恐ろしい…アニメはシリアス(かつ若干のグロ演出)ですが、ストーリーがとても面白いので未視聴の方は是非!
そして新宿メトロプロムナードに現れたシビュラシステムでは、自分の犯罪係数を測定することができます。
もしも犯罪係数100超えの潜在犯なら即執行!キャラとドミネーターがディスプレイに出現して執行の演出がされるという、ファンにはたまらない企画でした。

「1人だったけど勇気を出して行ってみたよ!」

E5-86-99-E7-9C-9F-2B2015-01-09-2B16-2B41-2B17

犯罪係数121、執行対象でした。
どういう基準で犯罪係数を表しているのか分かりませんが、まさか一度で潜在犯認定されるとは…(笑)
規定値以下で執行対象じゃなかったらどうしよう、日記のネタにならない…と思っていたんですが杞憂でした。
右側にいるポニーテールの女の子が、公安局刑事課所属の六合塚弥生ちゃんです。
このすぐ後にドミネーターも画面に現れ、画面に映る私に向かってドミネーターが発動。
結構あっさり演出だったのでシュールな絵面でしたが、内心かなり大興奮(笑)
この企画は1月11日(日)までなので、未体験の方はこの土日に行ってみてはどうでしょうか。

そしてそしてそして!まだこれだけじゃないんです。
サイコパス制作陣はとても豪華!それゆえに出来た、コラボも多々あるんです。
そのうちのひとつがこちら!



も、素子〜〜〜〜〜!
攻殻機動隊の新劇場版宣伝も兼ねた演出のようです。
サイコパスと攻殻どちらも大好きな私にとっては、もうまさに!夢の共演で涙ぐみそうになりました(笑)
今年も忙しくなりそうです…!それでは今日はこの辺りで、失礼いたします。

PSYCHO-PASS公式サイト「http://psycho-pass.com」(※音楽が鳴ります)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

*