【アート】黒星紅白展 étoile

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

本日青山の展示場GoFaで行われている 黒星紅白展 étoileに行ってきました。

31A2B790-F9AB-487B-A722-5A43C57A3983

黒星紅白先生は小説『キノの旅』やゲーム『サモンナイト』シリーズのイラストを担当している方で自分が小学校の頃から敬仰しているイラストレーターです。

今回、画集発売と個展の開催がされると聞いてからは絶対行くぞと意気込んでいました。

展示は前後半に分かれており、前半のétoileが4/18〜5/17、後半のblancが6/6〜7/5となっています。入場料はドリンクチケット付きで500円。
後半にも画集が発売されるので、また梅雨の時期に雨に打たれながら青山にむかうと思います......



黒星紅白画集 noir
黒星紅白画集 noir
posted with amazlet at 15.05.07
黒星紅白
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
売り上げランキング: 7,048


KUROBOSHI KOUHAKU the Beautiful World―黒星紅白画集
黒星 紅白
メディアワークス
売り上げランキング: 45,502


こちらの展示場では150点ほどのイラスト(ラフ線画含む)を展示しており、これまでの仕事のイラストの制作過程などを見ることができます。
写真とか撮ってませんが、もう線画の細かいこと......ラフの時点でかなり書き込んでいたりするのもわかったり、ファンには垂涎モノでした。
引用ですが、展示されているイラストはこんな感じです。
キノの旅のカバーイラストですね。

476B01A4-E2F4-474C-A0EE-A704C4D6906F

こちらはサモンナイトのパッケージとかですね。

0760576B-339E-44D5-9440-3487B7CBD496
両写真ともに電撃オンラインのページより引用させていただきました。

イラストとか得意じゃないので知らなかったんですが、こういうキャラクターの集合絵って一気に集めて描くわけじゃなくて、部分部分に分けて彩色して組み合わせるんだなあと感心しました。
中にはすごい懐かしい作品のイラストもあったのでうわあ〜ってなりましたね。
まあ2000年頃からのが多いので全体的にうわあ〜ってなりましたけどね。

引用でも使わせてもらいましたが中の様子は電撃オンラインのページが見やすいですというかこんなに載せちゃっていいのかってくらい写真バシバシ撮ってます。



ちなみに画集はこんな感じです。うーん懐かしい…サモンナイトは3が一番好きでした。

BB5EFA42-947A-459B-A737-3633F4F90D9E

グッズ売り場では入場券についているドリンクチケットでラテアート付きのカプチーノが頼めます。
ラテの種類は4種類くらいあったかな、携帯食料という小説ではボロクソにまずいと言われてる軽食もありました。頼むとコースターが付いてきますが何種類あるのでしょうか、選べないのでわからなかったです。

2E859290-FDF7-477D-BC76-4431015C628B

シナモンパウダーを型で落としただけなのをラテアートと言っていいのかわかりませんが味は美味しかったです。こういうの崩して飲むことができないタイプなので最後まで取っておきながら飲んでいたのに氷が入っていたせいで最後は無残な姿になってしまい悲しかったです......
人が多いと提供までに結構時間がかかるので気長に待ちましょう。

今日は平日だったので空いていましたが、土日がすごい混雑で普通に一時間以上並んだようです。さらにここの建物で並んではいけないとかいうルールがあるらしく混んでいた日はどうなっていたんだろうと思いました。行くなら平日がお勧めです。

いまから後半も楽しみにしています。


■“黒星紅白展 etoile”概要
【会期】
 4月18日~5月17日(毎週月曜日定休・祝日除く)
【営業時間】
 12時~18時
【入場料】
 500円(ドリンクチケット付)
【会場】
 GoFa(東京都渋谷区神宮前5‐52‐2 青山オーバルビル2F)

■“黒星紅白展 blanc”概要
【会期】
 6月6日~7月5日(毎週月曜日定休・祝日除く)
【営業時間】
 12時~18時
【入場料】
 500円(ドリンクチケット付)
【会場】
 GoFa(東京都渋谷区神宮前5‐52‐2 青山オーバルビル2F)



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

*