【レビュー】アイスクリームを絶妙な溶け具合で、味わうことができるスプーン「15.0%」

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

私は、アイスクリームは溶けかけが好きです。
カチカチのアイスクリームの表面が少し溶けたくらいで食べたいです。
コンビニで買ったアイスクリームも冷蔵庫から出して少し放置して食べます。

でも、これだと最初はいいんですけど、最後のほうは理想の溶け具合とかけはなれ、完全に溶けてしまうんですよね。
それに、溶けかけといっても食感は残したい。このワガマナな要望をクリアしてくたのが、アイスクリーム専用スプーン「15.0%」です。

15.0%




アイスクリームをおいしく食べるには欠かせないスプーンになりましたので紹介していきたいと思います。

15.0%とは


001

アイスクリーム好きのあなたに!
「15.0%」はアイスクリームが大好きな人にもっともっとアイスクリームを大好きになってもらうためのプロジェクト。
アイスクリームを楽しむためのプロダクトやライフスタイルの提案をおこなっていきます。


ちなみに15.0%という数字は「アイスクリーム=乳固形分15.0%以上」という日本の成分規格からきています。

「15.0%」の立ち上げのきっかけは、富山県高岡市の、タカタレムノス/高田製作所さんからのデザインの依頼から、「アイスクリームスプーンを作りませんか?」と提案したそうです。



ウェブサイトを眺めると並大抵ではない理想的なアイスクリームスプーンへの情熱があることがわかります。
そんなアイスクリームのためにつくられたスプーンをレビューしていきます。

パッケージ


DSC07803

ただ、ビニール袋に梱包されたスプーンが送られてくると思っていましたが、しっかりパッケージされていました。
作り手の誇りを感じますね。

DSC07804

箱を開けてみると、スプーンがこれまたアイスクリームのカップに見立てたケースにささっていました。
この演出がいいですね。たかがスプーン、されどスプーンです。少し値段が高いからこそこういうところにこだわってくれるのは買ってよかったと思わせてくれますね。

DSC07808

袋から出してもう一度さして撮影。
さすが技術をもっているのでしょう、表面は鏡面仕上げとまではいきませんが、ピカピカです。

デザイン


DSC07812

スプーンというと持ち手は細いイメージがありますが、15.0%は一体化したような流線型のフォルムです。
購入したのは「No.08 chocolate parfait」です。
先端が角張っているので、カップの底の角にフィットします。

DSC07813

裏側には15.0%と刻印がされていました。

DSC07815

届くまで、こんな形で持ちやすいのかなと思っていましたが、手にもつととてもしっくりきます。
とくにアイスクリームを食べるときにはアイスクリームをすくうという動作がメインなので、その動作がすごくしやすいです。

この種類は少し細いシリーズなのですが、手が小さい方には短い通常のシリーズが向いているかもしれません。

アイスクリームを食べます!


DSC07818

さて実際に15.0%を使って、アイスクリームを食べてみましょう。
こういうときはバニラアイスを使うのがベストな気がしますが、買っておいたはずのバニラアイスがなくなっていたので、MOWのあずき味を使います。
このあずき味はかなりおいしくハマっています。

DSC07819

カチカチ状態です。
いつもなら、少し放置してから食べるのですが・・・

DSC07820

おおお!!
スプーンがスーッとアイスクリームに突き刺さります。
この感覚は新体験です。

軽く押し当てるだけで、スプーンがアイスクリームに吸い込まれるようです。
アルミニウムの熱伝導率の良さのおかげですね。
当然、アイスクリームの冷たさも手に伝わってくるのですが、気にならないほどです。
普通のスプーンを使っているのと変わらないです。

また流線型の形をしているのか、軽い力でアイスクリームをすくうことができます。
しっかり力が伝わっている感じがすますね。細い持ち手でカチカチのアイスクリームを食べると力んで、手にスプーンの跡がついたりしますが、そんなこともなくなりました。

DSC07822

うれしいのが、全体を溶かしてしまうのではなくあくまで、すくうためにスプーンにふれた部分だけ溶けるということです。
これならアイスクリームはカチカチで食べたい派にもうれしいですね。

まとめ


スプーンのために4,000円近いお金をかけるのに躊躇してなかなか購入に至らなかった「15.0%」ですが、いざこのスプーンでアイスクリームを食べると、虜になってしまいましたね。
カチカチのアイスクリームでもすぐに食べられるには革命的です。

なんだかんだで、冷えたアイスクリームが一番おいしいですからね。
15.0%のデメリットは、どんどんすくって食べれてしまうので、すぐにアイスクリームがなくなってしまうところでしょうか。

今回は「No.08 chocolate parfait」を購入しましたが、好みにあわせて様々なスプーンがありますので、ぜひ試してみてください。
これから寒い季節がやってきますが、真にアイスクリームがおいしい季節は冬だと個人的には思っていますので、大活躍するはずです!







マサキ



暖かい部屋で食べる、冷たいアイスクリームは最高ですね!!







この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 2 )

*