【まとめ】2016年06月に購入したオススメのCDたち(Daniels e.p.2・勇気も愛もないなんて・THE BLUE・透明色のクルージング)

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

しばらくぶりに買ったCDをまとめてみました。
自分で思ったよりもだいぶ少なかったので、聴いている音楽に偏りがあるなあと実感しますね。
実際同じ曲ばっかり聞いてるなと思いますし、なかなか新しいバンドで琴線に触れるようなものが出てこないからっていうのもありますが。

2016年06月に購入したオススメのCDたち(Daniels e.p.2・勇気も愛もないなんて・THE BLUE・透明色のクルージング)

the band apart / Mock Orange / Daniels e.p.2


Daniels e.p. 2
Daniels e.p. 2
posted with amazlet at 16.06.21
the band apart / Mock Orange
asian gothic label (2016-05-25)
売り上げランキング: 652


asian gothic label所属のthe band apartとMock Orange(アメリカ)の2バンドによるスプリットEPです。the band apartは、一般流通盤としては2011年リリース以来の全編英語詞の新曲を2曲、Mock Orangeに関してはアルバム未収録曲が収録されます。
英詞のバンアパは久しぶりですね。日本語の曲にもだいぶ慣れてきましたが、英語の曲はやはりしっくりきますね。Night WalkerはPVがカラオケ風になっていて面白いので一回見ておいてほしいです。DAMにも入ったみたいです。

実は昔にもこの2つのバンドから、『Daniels e.p.』というスプリットEPが出ています。そのときはお互いのバンドの曲をカバーしあったものが収録されていたんですが今回はなかったのでちょっと残念ですね。
the band apartは近年の邦楽バンドにはない音楽センスを持っているのではまる人には本当にはまると思います。昔のアルバムだとポストロックとかフュージョンといった感じですが、最近の曲だとバンアパらしさが洗練されていってなんとも言い難いジャンルになっています。
メンバーも個性豊かで、中でもBassの原さんは怪談のステージも行うなど謎の多才さを発揮しています。



NICO Touches the Walls / 勇気も愛もないなんて


勇気も愛もないなんて
NICO Touches the Walls
KRE (2016-03-16)
売り上げランキング: 29,806


ニコもインディーズの時から聞いている思い入れの結構あるバンドです。このバンドは売れる!と思って聞いていた中ではかなり売れた部類ですね。
正直言うと今回のアルバムはシングルの曲ばっかりなのでどうかなあと思っていましたが、ラジオで「エーキューライセンス」を聴いてすげえニコっぽくていいなと思っちゃったので見逃すという選択肢はなくなりました。

ちょくちょくNARUTOとかのOPに抜擢されたりするなど、個人的に一般の(音楽すきをこじらせたファンの少ない)バンドになっていると思うので、そうそう解散の心配がなくなってうれしいですね。
いまDiscographyを見直していたらアルバム全部持ってるし自分は結構なファンなんだなあとしみじみしました。シングルなんかは持っていないものも多いですが。iTunes Storeなどの配信サービスでカップリング曲だけ買うということも、最近ではできるようになったのでアルバム未収録曲をかんたんにてにいれることができるようになったのはほんといい時代だなって実感しますね。



a flood of circle / THE BLUE


【Amazon.co.jp限定】“THE BLUE
a flood of circle
テイチクエンタテインメント (2016-02-24)
売り上げランキング: 33,098


フラッドも実はニコと同じインディーズのころから聞いているバンドです。たぶん同じくらいの時期に結成じゃないかなと思います。僕がひかれたのはその声で、だいぶ特徴的なザラついたような声がとても新鮮だったので、「このバンド売れる(売れて)!」って思ったバンドの一つでしたね。ニコもそうでしたが。

当時はあまり激しいロックは聴かないタイプだったので、このバンドや友達の影響でパンクとかも聞くようになったかな・・・と思います。
今回のTHE BLUEはベスト盤です。このベストさえ買っとけばだいたいどんなバンドか把握できるぞって感じの選曲ですね。ついでに『I'm free』のアルバム聴けば完璧です。
このバンドはメンバーが失踪したりなんで入ったんだ?みたいなやつがすぐ脱退したりいろんなハプニングがあるバンドですが、たまにタイアップとかもありますしこれからも頑張ってほしいと思います。



透明色のクルージング


Keishi Tanaka feat. fox capture plan / 透明色のクルージング


透明色のクルージング
Keishi Tanaka feat. fox capture plan
NIW! Records (2016-05-11)
売り上げランキング: 9,732


fox capture plan feat. Keishi Tanaka / 透明色のクルージング


透明色のクルージング
Playwright (2016-05-11)


グルーブ感あります。Keishi TanakaはRiddim saunterというバンドが解散した後ソロ活動を始めた人です。Riddim Saunterはどんなバンドかっていうと、引越しのサカイのCMでファンファーレっぽい曲を作っていたやつですね。まあわからないと思いますが(笑)
サックスなどを交えたポップで明るいサウンドの多い良いバンドだったのです。

fox capture planはビレバンでかかってそうなピアノジャズバンドです。実際ビレバンに行ったら見かけたこともあります。そしてこの『透明色のクルージング』も置いてありました。やったね。
周りに聞いている人がいないバンドを外で見かけるとみんな買え!って思っちゃいますよね。

それは置いといて、この2つのアーティストのコラボでそれぞれの曲をフィーチャーしたミニアルバムとなっています。どちらにも表題の「透明色のクルージング」と、そのインスト版がどちらにも収録されていて、Keishi Tanaka feat. fox capture plan名義のシングルにはKeishi Tanaka「After Rain」のfox capture planによるリミックス、ジョン・ヴァレンティ「Anything You Want」とSpiral Starecase「More Today Than Yesterday」のカバーをパッケージ。もう一方のfox capture plan feat. Keishi Tanaka名義の作品にはKeishi Tanaka「傘を持たない君と音楽を」のリミックス、「Yellow Counter」、「東京モーターショー2015」のために書き下ろした「Silent Fourth」の新録バージョンが収録されています。
正直言うと透明色のクルージングは結構いいんですけどリミックスは微妙ですね…お互いソロのほうがいいのではと思いました。まあ自分がもともとリミックスをあまり好きじゃないというのもあると思いますが。

リミックスする人の求めている部分と残しておいてアレンジしてほしい部分が自分とマッチしない時が圧倒的に多いのでセルフアレンジ以外は気に入ることはあんまりないですね。
とはいえ、「透明色のクルージング」は好きです!ほぼKeishi Tanakaの雰囲気になっちゃってますけどね。



まとめ


買い時を逃しちゃってまだ聞けていないアルバムがあるのでそれをTSUTAYAに入れてもらうのを待っているんですが、TSUTAYAも全然入荷しないまま数か月経ってしまったのでこれは買うしかねえな・・・と思っているのがtacicaの『HEAD ROOMS』というアルバムなんですよね。公式HPで視聴もできるので絶対買って損はないと分かっているんですけどね。この機に買っちゃおうかな。タワレコにまだ初回限定版あるし!
好きなバンドが静かに停滞していくのは寂しいのでアニメのタイアップとかになったりCM起用されたりして爆売れしてほしいですね。

HEAD ROOMS(完全生産限定盤)
tacica
SME (2016-04-06)
売り上げランキング: 13,263

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

*