【まとめ】ゆるゆるを楽しもう!まったり読める日常系マンガ8作品

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

2017-03-manga

3月も今日で終わりですね。
今月のマンガまとめは日常マンガまとめです。最近は日常の皮をかぶった鬱アニメとかありますから油断できませんが、今日紹介するものはゆるゆるなので大丈夫です(笑)

日常


日常 (10) (カドカワコミックス・エース)
あらゐ けいいち
KADOKAWA/角川書店 (2015-12-22)
売り上げランキング: 10,312


あらゐけいいちによる時定高校を中心とした個性あふれるキャラクターたちによる日常漫画です。日常とくくっていますがほぼほぼギャグマンガです。
過去にアニメ化もしたので興味がある人はアニメのほうもテンポがよくて面白いのでおすすめです。

10巻で完結しており、つい最近新連載の『CITY』の第1巻が発売されました。
こちらはまだ電子書籍で出てないので未読ですがあらゐけいいちワールドは相変わらず健在ということらしいので楽しみです。

三ツ星カラーズ


三ツ星カラーズ (1) (電撃コミックスNEXT)
カツヲ
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
売り上げランキング: 11,131


上野周辺で繰り広げられる小学生三人組による日常コメディ!
先にいっておきますとよつばととは全然雰囲気違います(笑)

小学生なので、直感的に行動したりして町の人にちょっかいかけたりするのが気に入らない人もいるかもしれませんが僕は結構好きです。絵もカワイイですしね。
今は電子書籍でも立ち読みとかできるのでいい時代になりましたね・・・表紙で興味がわいたら一読してみてください。

駄能力JK成毛川さん




この世界にひっそりといる駄能力所持者の成毛川さんはある能力をもっています。それは陰毛を集めて部屋に散らす「妖怪・ちんげちらし」の能力。
その友達の川島さんは「妖怪・リモコン隠し」、水泳部の雨宮先輩は「妖怪・雨女」、そしてその友達の音無さんは「妖怪・シャンプーしてると背後に気配」などなど一風変わった全く役に立たない能力を持っています。(2巻で初登場した音無さんは気配を消すと認識できなくなるのは駄能力じゃない気もしましたが)

そんな彼女たちの学校生活を描いた作品です。web漫画なのでHPで何話か読めます。ちなみによみかたは「なるもがわさん」です

やわらかスピリッツ『駄能力JK成毛川さん』

働かないふたり




石井家の長男・守と妹・春子のニート2人が中心の日常漫画。web連載でバックナンバーがいっぱいあるのでまずはそちらから読むのがいいかも。
激しく面白いわけではありませんが、毎週なんとなく読んでしまうくらいには安定した漫画です。出てくるキャラクターたちの雰囲気がいい感じですね。

連載当初から読んでいますがもう10巻にもなるんですね、ほぼ毎週欠かさず連載されてるのはすごいなと感心してしまいます。

働かないふたり


エンペラーといっしょ




少年ジャンプ+で連載している、ある日突然冷蔵庫にペンギンが入っていた!エサはなぜか毎日冷蔵庫に補充されるし・・・という漫画。
もう深くは考えないで良い感じに読めます。エンペラー(ペンギンの名前)がだんだん主人公の周りの人に認知されてきてしまって、なんかいろんな人にばれて動物園行きエンドだったらいやだなあとか思ってしまいます(笑)

そんな『エンペラーといっしょ』もweb連載なのでバックナンバーが公式サイトで読めます。
ペンギン好きにおすすめの一冊です。

エンペラーといっしょ

木曜日のフルット




木曜日のフルットは『それでも町は廻っている』の石黒正数先生が毎週木曜発売の週刊少年チャンピオンで連載している漫画です。
ほぼ無職の鯨井先輩とその半ペットのフルットの周りの日常を描いた作品です。起承転結がはっきりしていて毎回ちゃんと落ちがあるところが僕は好きです。
フルットと鯨井先輩はもちろん意思の疎通はできませんがお互いダメ人間/猫なので通じている部分があって同じような生活スタイルになっていて面白いです。

内容は鯨井先輩の人間関係パートとフルットの猫界隈パートでわかれています。
また、内容とは関係なく「この作品はフィクションですが・・・」とお決まりの言葉をうまく言葉遊びした欄外コメントのネタが毎回手が込んでいて毎週すごいなあと感心します(笑)
「それ町」と若干世界観を共有しているような節があるので「それ町」を読んだことがある人にはぜひ読んでほしい作品です。

彼とカレット


彼とカレット。
彼とカレット。
posted with amazlet at 17.03.31
tugeneko
アスキー・メディアワークス
売り上げランキング: 49,177


週アスCOMICというwebサイトで連載されていました。
大学生のイケダくんの家に突如家政婦ロボットのカレットさんが押しかけてきてお互いやりたい放題する漫画です。
webでバックナンバーも全部読めますが、惜しくも連載終了してしまいました。イケダくんの隙あらばセクハラというスタンスとその多彩さが光り毎回楽しく読めました。なのでそういうのが苦手な人はちょっとやめといた方がいいかもしれません・・・

イケダくんのほかにも様々な登場人物がいますがおよそ常識人は登場しないといってもいいです。最初はまともでもだんだんおかしくなっていく・・・
また、カレットさんと同じ家政婦ロボットのコロちゃんの服が毎回違うのも手が凝っていて、元ネタを知っていたりするとニヤリとさせられます。
フルカラーなので単行本はちょっぴり高いですがおススメの一冊です。

ヨコハマ買い出し紀行




名前の通り横浜が舞台の漫画ですが、現在の日本ではなく未来が舞台になっています。
地球上の水位が上昇して陸地は水没し始めており、退廃的な世界観が魅力的な作品です。

内容は、喫茶店を営むアンドロイドの主人公のアルファさんが、店を開けた店主の帰りを待っている間に客と触れ合い緩やかに時が流れていくといった感じです。
昔、中学生くらいの時に読んだことがありましたが当時はその「良さ」があまりわからなかったのですが、何年かして読んでみるとその空気にやられてしまいました。
失われてしまったものに対する気持ちって何と言ったらいいか、懐かしくも悲しい、もどかしい気持ちになっていいですね。
物語は完結していますが、最終巻の後も登場人物たちの営みは続いていくんだなと思えるような良さがあります。

まとめ


出ている関数が少なめのものを選んでみましたがどうでしょうか。
暖かかったり寒かったりと気温の変化が激しいですが、皆さん体調にはしっかり注意してくださいね。
僕は花粉症で手一杯なので風邪がなくてもつらいです(笑)

CITY(1) (モーニング KC)
CITY(1) (モーニング KC)
posted with amazlet at 17.03.28
あらゐ けいいち
講談社 (2017-03-23)
売り上げランキング: 108

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

*