【ライブレポ】amazarashi 秋田ひろむ 弾き語りライブ「理論武装解除」(2017/12/06 舞浜アンフィシアター)

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

amazarashi Live Tour 2017「メッセージボトル」振替公演から、今度はボーカル秋田ひろむさんの弾き語りライブであるamazarashi 秋田ひろむ 弾き語りライブ「理論武装解除」に行ってきました!

amazarashi-rironbusokaizyo

場所は舞浜アンフィシアターです。
はじめての会場ですが、建物もオシャレですし、舞台を中心に円形に座席が設置してあり、ライブ会場というよりは本当に舞台会場ですね。

しっとりと、理論武装解除した弾き語りライブを楽しむのにぴったりですね。
全体を通して、今回もばっちりと聴きたい曲ばかりで、楽しいひと時でした。



01. 夏を待っていました


一緒に行った友人と聴きたいけど、夏じゃないしね・・・なんて思ってたら初っ端にやってくれました!

力強いストロークと力強い歌声がかっこいい。
シンプルな構成となっていましたね。まさに理論武装解除。

02. ジュブナイル


最近ハマっていた曲なので、うれしいですね。
サビのミドルボイスからファルセットに変わるところが好きです。

歌詞も青臭くていいですよね。ジュブナイル

秋田「ありがとうございます。」
秋田「すごくキレイなハコですね。」
秋田「こういう会場でみなさんとの出会いも一期一会で、そういう関係がわいら達にはいいのかなと思いながら作った曲です。」


03. ナモナキヒト


『メッセージボトル』の真ん中らへんからの選曲が多いですね。
この曲は弾き語りで映えますね。

今回のライブでは映像とかも無しと思っていたら、ラストサビでは名前がたくさんスクリーンに表示されていました。

04. ラブソング


amazarashiにハマったきっかけとなる1曲がライブでしかも、弾き語りで聴けるなんて!

最初のAメロはブリッジミュートでカッコよかったです。

しかも、舞台にリアルな炎が出ててすごかったです。
びっくりしました。

秋田「こうやって一人でやってるとデビュー前を思い出して、路上でやっていたころを思い出しますが、そういった時に作った曲です。」

05. 隅田川


「隅田川」いいですね。
弾き語り映えする名曲ですね。素晴らしい。

amazarashiはやはりフォークの流れもあると思いますので、こういう曲調も得意ですよね。

スクリーンの後ろ側に花火の映像が流れていました。

06. ヒーロー


打って変わって、「ヒーロー」
激しいロックナンバーになりました。

この曲も弾き語りでも、しっかりと疾走感と激しさが表現されていました。
シンプルな「ヒーロー」もかっこいいですね。

秋田「もう12月で、年末なのですが、今年もいろんなことがあって、メッセージボトルのツアーとかタイアップとか、いいことも、嫌なこともというか大変なこともたくさんありました。でもそういうネガティブな出会いも、新しい歌詞が生まれるきっかけになります。そういう意味でよかったなと思っています。」
秋田「次の曲もそういう曲です。」


07. 命にふさわしい


堪りませんね。
amazarashi Live Tour 2017「メッセージボトル」振替公演のもともとも公演で、ラストに弾き語った「命にふさわしい」を思い出します。

音源よりも、もっと情念が極まっています。

心さえ
心さえ
心さえ
なかったなら

心さえ
心さえ
心さえ
なかったなら

光と陰
光と陰
光と陰
光と陰

光と陰
光と陰
光と陰
光と陰


やっぱりここがカッコいい!!

08. 空洞空洞


新曲ですね。サビで「空洞空洞」と繰り返すのが印象的でしたね。

秋田「昔東京でやっていたことは、知っている人は多いと思うのですが、ダサいバンドだったのですが、それでも人生かけてて、その時のメンバーがサポートメンバーをやってくれてたりもするのですが、もう疎遠になってしまった人もいて・・・」
秋田「そういうことを思い出しながら作った曲です。」


09. ライフイズビューティフル


この曲も弾き語りでやるとは思いませんでした。
ちょっと弾き語りだと違和感がありましたが、サビがとっても良かったですね。

アルペジオのアレンジでも聴いてみたいなぁ・・・と。

10. フィロソフィー


随分次の曲に時間がかかると思っていたら、なんと豊川真奈美さんがキーボードとして舞台に。いいですね。

そしてはじまった、理論武装解除された、「フィロソフィー」
やっぱりキーボードがいると、曲に厚みが増しますね。

ハーモニーも堪りません。
混声のハーモニーっていいですよね。

力強い秋田さんのボーカルに無機質な豊川さんのコーラスがマッチします。

秋田「次の曲は2、3年前に作ったのですが、アルバムに収録されるわけはないのですが、2人でやるにはいいと思ってやりたいと思います。」
秋田「ふるさとから旅立つ歌です。」


11. 夕立旅立ち


音源化されてない曲でしたが、とってもいい曲。
先ほど、ハーモニーのことを書きましたが、こちらもシンプルなサビで、ハーモニーがキレイでした。

12. 空に歌えば


バックの映像が空になって、「空に歌えば」
こちらも弾き語りでのアレンジかっこいいですね。

amazarashiの2人による演奏なので、もともとの作曲方法がギターとキーボードという構成なのでしょうか、違和感がありませんね。

秋田「せっかく、きてくれたんで、ちょっと懐かしい曲をやりたいと思います。」
秋田「amazarashiのはじまりの曲だと思います。」


13. 光、再考


ずっとライブで聴きたかった1曲。
生で聴けてうれしかったです。

音源よりかなりアップテンポで、あまざらし名義のアレンジに近かったですね。

ラストのアコースティックギターのストロークがカッコ良すぎました。

ここで豊川さんは帰っていきました。

秋田「ありがとうございます。豊川抜きでまた、あと2曲だけ歌わせてください。」
秋田「作った時は、そうでもない、そうでもないというか、いい曲だと思ってたのですが、まあまあだなと思っていて、周りの人に聴かせたら、みんなすごくいいって言ってくれて、みんなが名曲にしてくれた曲です。」


14. 僕が死のうと思ったのは


この曲、本当に名曲ですね。素晴らしかったです。一緒にいった友人もとっても感動したそうです。
少しずつ盛り上がっていく感じがカッコよかったですね。

僕が死のうと思ったのは まだあなたに出会ってなかったから
あなたのような人が生まれた 世界を少し好きになったよ

あなたのような人が生きてる 世界に少し期待するよ


この歌詞素敵ですよね。

秋田「ありがとうございます。最後の曲です。」

15. 悲しみ一つも残さないで


こちらもニューアルバム『地方都市のメメント・モリ』から。
この曲はフォークっぽくてライブ終わりにぴったりだと思いました。

会場の音響もよかったのでしっかり歌詞も聞き取れました。
新しいアルバムが楽しみですね。

秋田「ありがとうございました。」
秋田「また会いましょう。」


まとめ


amazarashiは弾き語りもよく音源や映像で出してくれるので、こういったライブをしてくれるのはうれしいですね。
どの曲も本当に聴けてよかったです。自分でも弾き語りしたくなりました。

ニューアルバム『地方都市のメメント・モリ』も非常に楽しみですね。来年のライブにも行ってみたいです。

いいライブでしたね。今年ラストのライブでした。
いい締めになりましたね。今年もたくさんライブに行けました。

セットリスト


amazarashi 秋田ひろむ 弾き語りライブ「理論武装解除」(2017/12/06 舞浜アンフィシアター)
01. 夏を待っていました
02. ジュブナイル
03. ナモナキヒト
04. ラブソング
05. 隅田川
06. ヒーロー
07. 命にふさわしい
08. 空洞空洞
09. ライフイズビューティフル
10. フィロソフィー
11. 夕立旅立ち
12. 空に歌えば
13. 光、再考
14. 僕が死のうと思ったのは
15. 悲しみ一つも残さないで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

*