【まとめ】現代人なら入会必須!?究極のコストパフォーマンス!Amazonプライム会員の特典・メリットを徹底解説!

この記事を読むのに必要な時間は約 16 分です。

amazon-prime

ポチる・・・なんて言葉も出てきたりと通販サイトなしには生きていけなくなってしまった私たち。
通販サイトのキングはやはり、Amazonですよね。

学生のころ、「じゃあAmazonで買っておくね。」と言ったら、同級生に「アマゾン川・・・?」みたいな反応されたこともありましたが、今では、Amazonを使ったことがない人はいないと思えるほど、私たち消費者に便利な通販ライフを与えてくれる、Amazon。

私もとってもお世話になっております。
Amazonで使った金額を算出できるブックマークレットを使うとゾクッとするほど買い物をしています。

そんなAmazonには年間3,900円を支払うだけで、通販をさらに便利に、そしてそれ以上の特典がついてくる、「Amazonプライム」というサービスがあります。
送料無料や、お急ぎ便のために、3,900円は高いと思って入会してない方はたくさんいると思いますが、実はかなりお得なサービスで、Amazonで購入をする方は絶対入会したほうがいいのは言うまでもないのですが、購入をしない方でも、映画好き、音楽好き、小説好きなら入るべきサービスなんです。

他にも便利なサービスがたくさんありますので、これから紹介していきます!

3,900円の年会費




まずは気になるお値段からですが、冒頭でもありますように、年会費3,900円です。
また、月会費400円のプランもあります。絶対お得なのは、年会費プランですね。

また30日間は無料でお試しできるので、気に入った場合にのみ入ればいいですね。
私も最初はお急ぎ便なんて、もう1日待てばいいだけだし、30日間で「プライム・ビデオ」視聴しまくって退会しようと思って入会したのですが、まずお急ぎ便が異常に便利ですし、「プライム・ビデオ」はずっと継続してもいいと思えるほどいいサービスでしたので、そのまま入会し続けています。

私はほとんどの日常品をAmazonで購入しているので、お急ぎ便にメリットを感じますし、映画好きということもあって、「プライム・ビデオ」のために入会していますね。他にもいろいろメリットを感じている点はありますので、後ほど書いていきます。

このように、自分がいいと思える特典・メリットを年会費3,900円、つまり1日ほぼ10円ちょっとで受けられると考えると安いのではないでしょうか。

Amazonプライム会員登録・無料体験で使える、お急ぎ便、Prime nowの詳細はこちら

会員区分


Amazonプライム会員には、種類がありまして、基本のプラン、学生会員である「Amazon student」、小さなお子様をもつパパ・ママをサポートする「Amazonファミリー」があります。



通常の「Amazonプライム会員」は年会費3,900円が基本なのですが、学生ならなんと年会費1,900円で、プライム会員になることができます。
こちらまず無料体験期間が6ヶ月と太っ腹・・・会員登録で1,000ポイントゲットなど・・・
また書籍をたくさん購入する学生向けなので、なんと書籍購入で10%ポイント還元。絶対書籍はAmazonで購入がお得ですね。他にも様々なメリットがあります。



「Amazonファミリー」は妊娠中のお母様、または小さいお子様をお持ちの方が対象で、定期おトク便で、ベビー用のおむつとおしりふきを15%割引で購入することができます。

さてそれでは、特典・メリットについて説明していきましょう!

Amaozonの送料のほとんどが無料に!


amazon-prime

まずは、やはりこれですよね。通販サイトとしてのメリット。
プライム会員なら、プライム対象商品を購入する際に以下のようなメリットが受けられます。

・当日お急ぎ便(当日に商品が届く)が何度でも無料
・お急ぎ便(最短翌日に商品が届く)が何度でも無料
・日時指定便(指定した日時に商品が届く)が何度でも無料


配達サービスが何度でも無料で使えるわけですね。プライム対象商品とは価格表示の横に「prime」という表示がある商品です。Amazonが直接発送する商品のことです。プライム対象でない場合は送料がかかることがありますので、ご注意ください。注文確認画面で送料を再度確認しましょう。

まで当日お急ぎ便が使えるのかは商品によって違いますが、だいたい当日の朝までに注文すれば、当日の夜には届く印象があります。後述しますが、1時間以内に商品が到着する「Amazon Prime Now」がすごいです。

2016年4月までは、プライム会員でなくても基本的に送料は無料でしたが、今は注文合計額が2,000円未満の購入の場合には350円の送料がかかります。

また上に書いた配達サービスですが、プライム会員以外でももちろん使えるのですが、お金がかかります。

・当日お急ぎ便:514円
・お急ぎ便:360円
・日時指定便:360円〜


単純にAmazonでよく購入する方は、入会するだけでお得ですね。
また、2010年前後まで、Amazonの配達は遅延がよくあったり、発売日に届かないことが多かったのですが、最近はそんなこともありませんね。ガジェットやゲームソフトも発売日に届きますし、CDやDVD、Blu-rayなどはいわゆるフラゲができます。

ちなみにこの配達サービス無料は、同居している家族2人までなら登録することで、いっしょに無料になりますよ。

Amazon Prime Now


prime-now

これは異常なサービスですよ・・・都内をはじめとするエリアで、展開されている配達サービスなのですが、なんとポチってから1時間以内に届くんです。

・1時間配送:890円
・2時間便:無料


1時間配送の場合は890円の配送料がかかるのですが、2時間便は無料で利用することができます。ぶっちゃけ1時間以内にどうしても必要!なんてことはなかなかないのですが、数時間以内にこれが使いたい!というシチュエーションは多いと思いますので、2時間便を使って無料で「Amazon Prime Now」を使いましょう。

これは本当に便利です。
指定時間は朝8時から深夜0時までで2時間区切りです。深夜0時って本当にすごい。
お風呂に入って、もう家から出たくないけど、アレがほしいと思ってポチれば、必要なものが家に届くだなんて恐ろしい時代になりました。

ちなみに合計金額2,500円以上から注文可能なのでそこは注意が必要ですね。
たしかに急に必要なものって日用品や食料が多いので、2,500円以上にするために、余計なものを注文してしまうことはありますね(笑)

Amazon Prime Now(プライム ナウ) - 好きな時間が選べる。1時間で届く
Prime Nowの初回注文で使える2,000円クーポン

Amazonパントリー




まだまだ配達サービス系が続きますよ!

これ微妙に知名度や利用度が少ない気がしますが、私はよく利用します。
とあるシチュエーションでよく使うのでそれも説明しますね。

「Amazonパントリー」は、食品・日用品などこまごました商品をパントリーBoxの容量までまとめて購入できるサービスです。ひとつひとつ購入すると送料がそれぞれにかかってしまう商品をまとめて購入することで送料を節約できます。

送料はパントリーBox、1箱につき290円です。よく「対象商品から5点以上買うと、手数料分290円OFF」みたいなキャンペーンをしているので、実質手数料は無料みたいなところはあります。

だいたい感覚的に平均で合計3,000円くらいまでつめられますね。
ペッドボトルやお酒を購入するとすぐに埋まってしまいますので注意してくださいね。

「Amazonパントリー」が便利なのは、家に届けるといより、旅行先ですね。
複数名で旅行に出かける際に、お酒やおつまみをまとめて届けると、わざわざ持っていく手間がなくなって非常に楽です。

アウトドア系の旅行でよく使いますね。
しっかり旅行先に許可をとってから利用してくださいね。

Amazon Dash Button


Amazon-Dash-Button

「Amazon Dash Button」とはボタンを押すだけで商品を注文できるボタンなのですが、本体はAmazonプライム会員しか購入することができません。

本体は500円なのですが、初回購入時に500円ディスカウントクーポンがもらえますので、実質無料で「Amazon Dash Button」はゲットできます。

飲料水や日用品などは、なくなってきたらボタンを押すだけで注文できるので便利ですよ。

Amazonプライム・ビデオ




真打ち登場です。

「Amazonプライム・ビデオ」とは、「プライム会員限定作品」とカテゴリーされた動画を全て無料で視聴することができちゃうお得なサービスです。
それも誰もが知っている名作から、近年に公開されたばかりの最新作まで勢ぞろいしているので、映画好きにはたまりませんね。

dTV、Hulu、Netflix、U-NEXT・・・などなど、定額ビデオ配信サービスはたくさんありますが、一番価格が安いのは「Amazonプライム・ビデオ」なんです。

・dTV:月額540円
・Hulu:月額933円
・Netflix:月額650円〜
・U-Next:月額1990円
・Amazonプライム・ビデオ:月額325円


そもそもメインの配達サービス無料のおまけと考えるとタダみたいなもんですね。
配達サービスを使わない方でも映画好きなら入って損はないです。

映画によっては、有料なものもありますが、価格も100円〜ですのでそのまま購入して視聴するのもアリですね。

iPhoneをはじめとするスマートフォンやiPadをはじめとするタブレットにもアプリがありますので、気軽に映画が楽しめます。ダウンロードすることもできるので、WiFi環境でダウンロードしてしまえば、通信料もかからないですね。




Fire TV Stickで大画面で映画を楽しもう!


Fire TV Stick (New モデル)
Fire TV Stick (New モデル)
posted with amazlet at 17.07.08
Amazon (2017-04-06)
売り上げランキング: 1


「Amazon プライム・ビデオ」を楽しむなら「Fire TV Stick」というのが本当に便利です。

「Fire TV Stick」はAmazonが発売しているデバイスです。
こちらもプライム会員限定でセールをやっているときがあるので要チェックですね。

TVに繋いでWi-Fiを設定するだけで簡単にプライム・ビデオをTVで視聴することができます。
また「Amazon プライム・ビデオ」以外にもHuluやdTVのアプリにも対応しているので、「Amazon プライム・ビデオ」を観なくてもオススメです。

さらに対応していない定額動画配信サービスもミラーリングをすればPCやスマートフォンの画面をTVで写すことができるので、楽しみ方は無限大ですね。

PCやスマートフォンでも映画は楽しめますが、やっぱり映画はTV画面で観たいという方には「Fire TV Stick」どうでしょうか。
Amazonプライム・ビデオ以外にもアプリやストリーミングを使うことで様々な定額ビデオサービスやゲームなどが利用できます。




Kindleオーナー ライブラリー




ビデオの次は読書です。これはプライム会員に加えて、Kindle端末またはFireタブレットを持っていないとサービスを受けられないのですが、読書家の方、読書をこれからたくさんしたい方にはオススメです。

なんと2万冊以上のラインナップの中から好きな本を毎月1冊無料で読めます! 

ラインナップも充実していますね。
専門書はほとんどありませんが、ビジネス書をはじめとする書籍はたくさんありますし、マンガもたくさんありますよ。

あくまでもレンタルサービスなので、1ヶ月に1冊だけレンタルできるというサービスなのですが、便利です。気に入った本は購入すればいいですしね。

ちなみにKindle端末からKindleストアにアクセスし、Kindle端末経由で購入する必要があるので注意が必要です。

Kindle端末・fireタブレット割引


Kindle Paperwhite Wi-Fi  + 3G、ホワイト
Amazon (2016-04-26)
売り上げランキング: 14,048

Fire 7 タブレット (Newモデル)  8GB、ブラック
Amazon (2017-06-06)
売り上げランキング: 41


【プライム会員限定】 「Kindle」「Kindle Paperwhite」 4,000円OFF
Fire 7とFire HD 8が、プライム会員ならクーポンコードで4,000円OFF!

なんとプライム会員に入会することで、Kindle端末やfireタブレットが4,000円ディスカウントされます。
プライム会員が年会費3,900円なので、これだけで元が取れちゃいますね。

マンガの電子書籍は「iPad」で閲覧しているのですが、さすがに文章となると、ずっと液晶を見続けると目が痛くなります。

そこで、電子ペーパーのKindle端末を購入しましたが、これが正解。電子ペーパーなので長時間読んでいても目が疲れませんし、軽いので移動中に気軽に片手で書籍を読むことができます。紙の本より軽いですしね。

たしかに紙の本のいいところもありますが、正直慣れです。電子書籍だと頭に入ってこないという方も慣れてしまえば、そんなこともなくなると思います。

オススメは「Kindle Paperwhite Wi-Fi + 3G」です。
月額980円になりますが、「Kindle Unlimited」というAmazonの電子書籍の一部が定額で読み放題なるサービスもあります。




Audible


Audible

読書系ですと、書籍を朗読で聴くことができる「Audible」というサービスもあります。
Amazonは本当になんでもやってますね。「Audible」はAmazonの関連会社です。
月額1500円なのですが、プライム会員は3カ月無料体験ができます。

朗読を聴くというのは、小説ですと新しい発見があって楽しいなと感じました。
なんだかんだで集中していないと聴き流してしまうので、音楽のようにながら聴きは難しいかもしれません。ラジオ番組をよく聴いている人にはオススメかもしれません。

ちなみに時間があるなら普通に読書したほうが時間はかかりません。
新しい娯楽として楽しむならアリですね。

Audible (オーディブル) 会員登録 - Amazonプライム会員限定 無料体験期間3カ月

Prime Music




100万曲以上が聴き放題です。
洋楽多めですね。邦楽は最近増えてきました。

私は、音質にこだわって音楽を聴くことが好きなので、定額音楽配信サービスはわざわざ契約しませんが、プライム会員ならおまけでついてくるので、のんびりブログを執筆する時や料理中に洋楽をたれ流しています。わりと日本で使われているCMソングなんかも多くて楽しいですよ。

プレイリスト共有機能もあって、それこそCMソング集なんかを流すと知っているけどちゃんと聴いたことがない曲が流れてきて新しい音楽に触れることができます。

iPhoneをはじめとするスマートフォンにもアプリがあります。
ストリーミングだけでなく、ダウンロードすることができるので、通信料を気にしないで済むのもうれしい。

プライムラジオ




「プライムラジオ」は、「Prime Music」対象の楽曲をジャンル別に、24時間いつでも、途切れることなく流し続けてくれるサービスです。

プレイリストと違って、完全ランダム再生なので、新しい音楽の発見には最適ですね。
プレイリストに飽きたら是非使って見てください。
ちなみにラジオとは言っても、CMやMCなどなく、本当に曲が流れ続けます。またスキップも出来ますので、本当にシャッフル再生というイメージです。

プライム・フォト


ビデオ・書籍・ミュージックときて最後はフォトです。
私は「Googleフォト」をメインで使用していますが、「プライム・フォト」も便利です。

なんといっても驚きなのが、画像ファイルなら容量無制限・無圧縮で保存できるとうことです。無限に保存できるんです、

「Googleフォト」は枚数は無限ですが、圧縮されてしまいます。
「プライム・フォト」は RAWファイルも無限に保存できるので、一眼レフユーザーに本当にオススメです。正直これのためにプライム会員になる価値があります。

ひとつ不満があるとするならば、画像ファイルのみで、動画ファイルなどは5GBまでしか保存できない点ですね。これが動画ファイルも無限になると、「GoPro」で撮影した動画ファイルを保存できるのでさらに便利なんですけどね。

プライム会員向けの無制限のフォトストレージ

Amazon MasterCard





Amaoznで使うとお得なクレジットカードである、「Amazon MasterCard」もプライム会員ならさらにお得に使えます。

「Amazon MasterCard クラシック」ならAmazonのショッピングで、1.5%還元なのですが、Amazonプライム有料会員・無料体験中の場合2%還元です。
プライムデーのお買い物は3%ポイント還元です!

「Amazon MasterCardゴールド」は年会費が10,800円なのですが、入会時に9,000ポイント還元されるのと、Amazonのショッピングで、2.5%還元されます!プライムデーのお買い物は4%還元です!
「Amazon MasterCardゴールド」は入会することで、自動的にプライム会員が無料でついてきます。ご利用状況により年会費最大6,480円割引されたりもするので、Amazonでよく買い物をする方にはゴールドがオススメです。私もゴールドを使用しています。

タイムセール




これも特典のひとつですね。
Amazonは頻繁にタイムセールをするのですが、プライム会員なら、先行でセールに参加できます。

数量限定系も非会員よりはアドバンテージがあるので、気になる商品をゲットしちゃいましょう!

またプライム会員限定セールも定期的にやっていますよ。
これがまたすごい割引率で掘り出し物があるので、チェック必須ですね!

Amazonプライム無料体験に申し込む




1. Amazonプライム無料体験のページにアクセスします。
2. 30日間の無料体験に申し込むボタンをクリックします。
3. 画面の指示に沿って、登録を進めます。


無料体験中であっても、お急ぎ便やお届け日時指定便が追加料金なしで無制限に使えるほか、「プライム・ビデオ」、「Prime Music」および「Kindleオーナーライブラリー」が利用できますので、気軽に無料体験してみてください。

まとめ


このブログでも「プライム・ビデオ」やKindleの便利さを伝えてきましたが、改めてAmazonプライム会員の特典やメリットについてまとめてみると、そのコストパフォーマンスの高さに驚きますね。

これだけネット通販やスマートフォンが普及した世の中では、プライム会員への入会は必須といってもいいかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

*