【レビュー】雨の日のランニングでも使える!IPX4の防水Bluetoothイヤホン「Anker Soundbuds Sport」

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

先日Twitterを眺めていたところ、Ankerの公式アカウントがBluetoothの防水イヤホン「Anker Soundbuds Sport」を新発売するとツイートしていたのを見かけ、タイムセールで1,999円と値段もお手頃だったため買ってみちゃいました。

Anker Soundbuds Sport



黒・青・緑の3色があり、どれにしようか悩んでいるうちに黒が売り切れてしまったので、目立ちやすそうな緑を急いでポチりました。
僕の持っているAKGのヘッドフォンQ701のケーブルも黄緑でなんとなくいい感じです。
一番最後まで残っていた色なので実は人気が無いのかもしれませんが笑

パッケージ


Anker Soundbuds Sport

けっこう小さい箱です。100mm x 15mm x 20mm といった感じですね。

Anker Soundbuds Sport

内容物は以下になります。

・マイクロUSBケーブル
・イヤーフック(S,Lサイズ)
・イヤーチップ(S,Lサイズ)
・ケース


イヤーチップ、イヤーフックのMサイズははじめからイヤホンに装着してあります。
ケーブルについているAnkerロゴの入ったマジックテープが意外と便利でありがたいです。

Anker Soundbuds Sport

ケースは口がマグネットになっていて小さいながらもしっかり閉じられます。
イヤホンの背面にもマグネットが入っていてコンパクトにまとめることができます。

Anker Soundbuds Sport

右耳に電源ボタン、左耳に音量ボタンが付いています。

使ってみた


iPhoneに接続してみました。

接続方法


Bluetooth

接続方法は接続したい機器の90cm以内で、音量ボタンの上下をしばらく押しているとイヤホンのランプが点滅するので、接続したい機器でBluetoothデバイスの検索をすればつなげます。
ペアリングが完了した際にはピッと音が鳴ります。

操作方法


電源ボタンと音量ボタンの操作で曲送りや停止、Siriの起動などができます。
説明書にも書いてあるのですが、何カ国語にも対応していて少々読みづらいのでまとめておきます。

電源ボタン1回 → 曲の再生・停止 通話開始・終了
電源ボタン2回 → 曲送り
電源ボタン長押し1秒 → 着信を拒否
電源ボタン長押し2秒 → Siriなどの音声認識ソフトの起動
電源ボタン長押し3秒 → 電源オン・オフ
音量ボタン → 音量の調節  上下を長押しでペアリングの再設定


一度ペアリングを済ませておけば次回からは、イヤホンの電源を入れただけでつながります。

Bluetooth-残量

さらに、iPhoneに接続しているときはステータスバーにイヤホンの電池の残量が表示されるので便利です。

防水性


IPX4なので完全防水ではありません。したがって水没したら故障する可能性があるので、風呂に沈めたりプールでの使用はできません。激しい防滴程度ですね。
シャワーの水程度なら問題ありませんので入浴時の利用ならできます。
実際試してみたところ、まったく支障なく使えました。長風呂が捗りますね・・・



動画を見る限りでも、これに耐えられるなら、シャワーを浴びるくらいならなんでもなさそうですね。

音質


音質についてですが、ミドルの音域がよく聴こえる感じですね。低音が強いとか高音がよく聴こえるとかは特に無いです。かといって悪いわけではなくそこその値段のイヤホンくらいの音質はあります。

しかし個人的には2,000円のBluetoothイヤホンでこのクオリティなら大満足ですね。
却ってこのくらいのほうが聴き疲れすることなく軽く流せる感じになるのではないでしょうか。ましてランニングや入浴中に聴くことを想定するなら圧倒的高音質は必要ないでしょう。

Bluetoothイヤホンを買うのは初めてだったので、音質にはまったく期待していなかったのですが、予想よりはずっと良かったですね。

バッテリー


まさかの8時間連続再生が可能です・・・!とはいえ過信は禁物なので2日に1回くらいは充電していますが。
通常のBluetoothイヤホンの1.5倍程度の再生時間のようですね。

その他


初めてBluetoothイヤホンを使っていますが、なんといっても軽くてコードが煩わしくないということに感動しました。本体の重さは14gだそうで、聴いていて負担がほとんど無いです。最初はイヤーピースがちょっと自分に合わないかなと思いましたが、だんだん慣れてきました。

最大20m離れたところでも利用できると書いてありますが、これはおそらく障害物などを排除した環境での数値だと思うので、接続機器は基本的には持って移動しないとノイズが出てしまいます。
家でためしにはなれてみたとき、壁一枚はさんで5mも離れるとノイズが入ってしまいました。そんな使い方をする人はあまりいないとは思いますが(笑)

あとは、なんといってもAnkerの製品なので、18ヶ月の保障期間がついているのが安心感がありますね。いちどUSBポートが充電できなくなったときも、丁寧に対応してくれたので僕はけっこう信頼しています。

まとめ


ランニングの習慣がないのでまだスポーティな使い方はしていませんが、コードを短く留めるパーツもイヤーピースの袋に入っていたので、首の後ろで短く留めれば走っていてコードが気になるということもないと思います。お風呂ではもちろん問題なく使えましたしね。ただ、上にも書いた通りIPX4は完全防水では無いので水没にだけは注意してください。

初めて買ったBluetoothイヤホンとしてはとてもいい買い物ができたと思います。
惜しむらくはその人気で、現在は入荷未定となってしまっているところでしょうか・・・

ワイヤレスいいですね。
昔から家で使っているharman/kardonのクラゲスピーカーの新しいバージョンがワイヤレスで出てるので、そのうちそれがほしいなあと今は思っています。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

*