【コラム】iPhoneユーザー必見!Apple Payでつかえる最強のクレジットカードはこの2枚だ!

この記事を読むのに必要な時間は約 14 分です。

og

そろそろ「iPhone 7」が発売されてから1年が経とうとしております。
「iPhone 7」で一番嬉しかったのは、何と言っても、「Apple Pay」です。

フューチャーフォン時代からおサイフケータイを愛用していたので、「iPhone」を使い始めても、Androidスマートフォンでおサイフケータイを利用していました。
「Apple Pay」はおサイフケータイにはまだ機能は及びませんが、「モバイルSuica」「iD」が使用できることもあり、「iPhone」のみにスマートフォンをまとめることができました。

いつも使うのは「Apple Watch」の「Apple Pay」なのですが、とっても便利です。
ただ、「モバイルSuica」がわからなかったり、「iD」ってそもそも・・・、クレジットカードは怖い・・・、そもそもどのクレジットカードを登録すればいいの・・・、みたいな方が周りにもたくさんいましたので、とっても便利な「Apple Pay」を広めたいと思いまして、今回は「Apple Pay」にオススメのクレジットカードを2枚紹介したいと思います。

この2枚があれば、「モバイルSuica」と「iD」が使えるようになりますので、「Apple Pay」を最大限活用できるようになります。
「モバイルSuica」と「iD」があれば、首都圏であればほとんどキャッシュレスで過ごすことができますよ。私はもともとクレジットカード大好き人間ですので、ラーメン屋さんくらいでしか現金は使わないかもしれません。
クレジットカードは使いすぎてしまったり、セキュリティ的に不安なイメージを持っている方がいますが、賢く使えばとっても便利です。そのあたりの記事も今度執筆してみましょう。

アフィリエイトとかないのでご安心ください(笑)




ズバリおすすめはこの2枚!


apple-pay-credit-card

「dカード」「ビューカード」です!

はいはい・・・docomoユーザー向けの記事ね・・・と思われた方、まだ帰らないでください(笑)

「iD」の特質上コンビニエンスストアで使うことが多くなると思うのですが、「dカード」はローソンで3%キャッシュバック、さらに2%ポイントがつくという合計5%の還元率です。
ソフトバンクカードやau WALLETなどもお得な還元はありますが、5%還元率というのはありません。請求額からキャッシュバックというのも面倒がないですよね。この辺りはのちほど詳しく書きたいと思います。

「ビューカード」は「モバイルSuica」に登録してオートチャージをするためです。
「モバイルSuica」にオートチャージすると1.5%の還元、さらにSuicaポイントクラブに登録すれば2~2.5%の還元率です。

もちろん、各コンビニ用にクレジットカードを作って使い分けるともっとお得になりますが、利便性との兼ね合いではこの2枚を使うのが最強かと。
私は「iD」が使えるコンビニエンスストアや飲食店ではiDを使用し、それ以外では「モバイルSuica」を使用しています。

還元率を考えると、基本的には「モバイルSuica」を使用し、ローソンやマクドナルドでは「iD」がオススメです。
1,000円以下の買い物では「モバイルSuica」を使って、それ以上は「iD」でもいいかもしれませんね。

それでは詳しくそれぞれのカードを紹介していきましょう。

dカード


dCard

名称dカード
初年度年会費無料
2年目以降年会費1,250円+税(年1回の利用で翌年度無料)
家族カード400円+税
国際ブランドVisa / Master Card
電子マネーiD
Apple PayiDに対応した店舗で利用可能
ポイント還元率1.0%
海外旅行保険なし
国内旅行保険なし

・国際ブランドはVISAとMastercard!
・初年度年会費無料、年1回以上利用で次年度も無料!
・電子マネー「iD」機能を搭載!
・dポイントカード機能を搭載!
・還元率は1%!


「dカード」はdocomoユーザー以外の携帯電話を契約している方でも作れますし、年会費無料で持つこともできます。

docomoユーザーは様々な理由で必ず持つことをオススメします。また月々の携帯電話料金関係の支払いが1万円付近のdocomoユーザーの方は後述する「dカード GOLD」がオススメです。

今回はdocomoユーザーであるか、そうでないかは問わず、なにがお得か説明していきましょう。

ローソンで最大5%還元


pict_kouzasettei_features_02

ローソンで「dカード」を使ってお買い物するとカード請求時に3%キャッシュバックになります。さらにdポイントが1%ポイントつきます。

さらにdカードを提示することで1%ポイントもたまるので合計最大5%もお得になります。
私は「iD」で決済するので、「dカード」は提示をいつも忘れますが、それでも4%の還元率。コンビニエンスストアでここまでの還元率はスゴイです。

ちなみにマクドナルドでも現状2017年12月31日までは、同様の仕組みで5%の還元率です。

dカード特約店ではポイント還元率がアップ


mainvisual

dカード特約店では「dカード」を提示か決済した場合のみ特典を受けられますお店です。

有名な例ですと、高島屋はdポイント加盟店かつdカード特約店でもあるので、dカードで決済すると合計3%のdポイントが貯まります。最近では百貨店も各種ポイントカードと連携していますよね。高島屋で3%のポイント還元は地味にうれしい。

他にも特約店はたくさんありますが、各特約店によって、対象カードやポイント付与の条件などが異なるので注意が必要です。

dカード ポイントUPモールを利用してポイント還元率アップ


dCard

こちらはクレジットカードならおなじみのネットショッピングでのポイント還元率アップサービスですね。

私はこの類のサービスを利用しないのですが、「Apple Store Online」を使う時は経由します。

dポイントの使い道はけっこうある


pict_kouzasettei_features_04

「dカード」でお得にたまった「dポイント」はかなり使い道の選択肢があるのも「dカード」のいいところだと思います。

ローソンやマクドナルドでももちろん使えますし、サンマルクカフェやドトール、スターバックスのカードなど使用できるカフェも充実していますね。

ネットショッピングでも多数利用できるところがあります。
メルカリだったりムビチケでも使用できるのがうれしいです。

docomoユーザーなら月々の支払いに「dポイント」を充当することもできます。

docomoユーザーならdカード GOLDがオススメ


dCard

先ほどちらっと触れましたが、docomoユーザーで月々の携帯電話料金関係の支払いが1万円付近のdocomoユーザーの方は「dカード GOLD」がオススメです。

なんと、毎月の利用料金の10%が還元されます。
年会費が10,800円ですので、月々の支払いが9,000円でしたら、年会費をペイできますし、他にも端末の保証が充実していたりと、docomoヘビーユーザーなら持っていなくてはいけないクレジットカードです。

他社ユーザーでしたら、「dカード」がもちろんオススメです。

ビューカード


view

名称「ビュー・スイカ」カード
初年度年会費税抜477円+税
2年目以降年会費税抜477円+税
家族カード税抜477円+税
国際ブランドVISA / MasterCard / JCB
電子マネーQUICPay
Apple PayQUICPayに対応した店舗で利用可能
ポイント還元率0.5%
海外旅行保険最高500万円
国内旅行保険最高1,000万円

・オートチャージ機能付き!
・ポイントが貯まる!
・定期券機能付き!
・ポイントは「Suica」に交換可能!
・年会費は477円(税抜)
・ボーナスポイントプレゼント!
・紛失補償付き!
・国内・海外旅行傷害保険付き!
・モバイルSuicaの年会費が当面無料!


「ビューカード」は様々なカードがあるのですが、普遍的にオススメできるのは「「ビュー・スイカ」カード」ですね。
Suica、クレジット、定期券がひとつになった便利なカードです。

年会費は477円(税抜)ですが、ご利用代金明細書をWebにすると、年会費分以上600円相当のポイントが獲得できますので、実質年会費は無料みたいなもんですね、

このカードをメインに使う方も多いのではないでしょうか。
定期券やSuicaがクレジットカードに含まれているのですが、今回は「Apple Pay」で利用しますので、この辺りのメリットはないかもしれません。

しかしながら、何と言っても便利なのが、「モバイルSuica」に登録してオートチャージができる点です。「ビューカード」でしかオートチャージは登録することができないので、この1点のみでも「Apple Pay」を活用するための最強のクレジットカードです。

さらに、「Suica」の公式クレジットカードみたいなものなので、「Suica」に関してはお得しかないです。そのあたりも説明していきますね。

Suicaのオートチャージで残額不足を解消


view

もう改札でバタンと止められることがなくなり、気まずい思いをすることがなくなります。そもそもチャージする煩わしさがないです。

Suicaオートチャージサービスとは、「Suica」のチャージ残額がある一定金額を下回ると、改札にタッチして入場する際に自動で事前に設定しておいた金額をチャージしてくれるサービスです。

私は2,000円以下になった場合5,000円チャージしています。1,000円ですと、乗車利用でもたまに改札から出られなくなる場合がありますので、常に2,000円以上にしています。ランチなどの決済時でも、1,000円より多めに入っていれば、安心ですよね。

また、クレジットカードでチャージできるので、現金でチャージするよりポイント分お得ですね。後述しますが、1,000円のチャージで15円相当のポイントが還元されます。

普段通りに使うだけ!Suicaを使うだけでどんどんポイントが貯まる


view

本当に「ビューカード」は勝手にポイントが貯まっていきますね。

クレジットカードの基本的な還元率は0.5%なので、大したことはないのですが、「Suica」関連の利用ではポイントが3倍になりますので、還元率1.5%です。

「ビューカード」による「Suica定期券」の購入やオートチャージの利用は、ポイント3倍となりますので、1,000円の利用で15円相当のポイントが獲得できます。

利用額に応じて、さらなるボーナスポイントもありますが、これは大したことはないので、オマケ程度に・・・

Suicaポイントクラブでさらなるお得


suica-point

「ビューカード」では、クレジットカードのポイントに加えて「Suicaポイント」という別ポイントも貯めることができます。

Suicaポイントクラブに登録した「Suica」を使って、KIOSKやNEWDAYSをはじめとしたJR関連施設やイトーヨーカドー紀伊国屋書店などのSuicaポイント加盟店での利用をすることで、「Suicaポイント」が0.5~1.5%貯まります。

貯まったポイントは「Suica」のチャージにも利用できます。
基本的に「ビューカード」で貯まったポイントは「Suica」にチャージするのがオススメですね。

まとめ


それぞれのクレジットカードのメリットをまとめてみましょう。
あくまでも「Apple Pay」と親和性がいいことが前提の、メリットです。

「dカード」は「iD」、「ビューカード」は「モバイルSuica」として登録します。

dカード


・ローソンで最大5%の還元率!
・dカード特約店ではポイント還元率がアップ!
・dポイントの使い道がたくさんある!


ビューカード


・Suicaのオートチャージで残額不足を解消!
・Suicaを使うだけでどんどんポイントが貯まる!
・Suicaポイントクラブでさらなるお得


まさに、コンビニエンスストアをはじめとした、生活費の少額決済にぴったりな「dカード」と、「Suica」関連ならなんでもござれの「ビューカード」、この2枚は「Apple Pay」で使える最強のクレジットカードではないでしょうか。

この2枚を「iPhone」に追加して、さらに便利な生活を体験しませんか。

ゼロからはじめる Apple Pay/Suica スマートガイド
リンクアップ
技術評論社
売り上げランキング: 512,407

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

*