【レビュー】セラミックの絶妙な光沢が美しい・・・セルラー通信機能が追加しスペックアップした「Apple Watch Edition Series 3」

この記事を読むのに必要な時間は約 17 分です。

2017年09月22日は、「iPhone 8/8 Plus」「Apple Watch」「Apple TV」をはじめとしたニューApple製品の発売日ですね。
私は「iPhone X」を購入するので、ひとまず「iPhone」はスルーで、「Apple Watch」と「Apple TV」を購入しました。

製品としての期待度は個人的に悲願の4K対応をした「Apple TV」ですが、まずは「Apple Watch」のレビューからしていきます。
1年前に「Apple Watch Edition Series 2」を購入してほぼ、毎日付けてきましたが、スマートウォッチ大正解です。

これは何度も言っていますが、「Apple Watch」は必ず必要なものではないのですが、もう生活の一部にある、「iPhone」をはじめとした、Apple製品ライフをプラスアルファしてくれる存在です。
最近とくに便利に感じているのは、「MacBook」の自動ログインですね。「Apple Watch」を着用している場合はスリープ解除の際のパスワード入力の手間がありません。
また、よく使うのが、「Apple Watch」による「iPhoneを探す」機能。「あれ?iPhoneどこいったけ?」という際に使えば、すぐに「iPhone」の居場所がわかります。安心。

単純にスマートウォッチとしてよくできているので、その辺りの詳細はまとめ記事をご覧ください。
友人にもガンガン「Apple Watch」を進めています(笑)

で、今回新しく、スペックアップし、大きな変化としてはセルラー通信機能の追加・・・ただ「Apple Watch」を単体で使うことはランニング時くらいしかないわけですし、その際に電話とかはしないし・・・ということで「Apple Watch Edition Series 2」を使っている身としいては、あまり魅力的な要素はなかった「Apple Watch Edition Series 3」ですが、半分お布施みたいなテンションで購入したので、レビューしていきましょう。

結論、初代「Apple Watch」ユーザーの買い替えには「Apple Watch Series 3」はオススメです。「Apple Watch Series 2」からの買い替えは必要ないかもしれませんね。

apple-watch-edition-series-3

やっぱりエルメスモデルもいいなぁと思っていたのですが・・・ステンレスボディよりやっぱりセラミックボディのほうが美しいと感じましたので、「Apple Watch Edition Series 3」を購入。
手が大きいので、42mmケースです。今回はEditionモデルはカラーは2色。
グレイセラミックケースホワイトセラミックケースがありましたが、グレイセラミックケースにしました。

ホワイトのほうが好みなのですが、デジタルクラウンが今回セルラーモデルではレッドになったこともあって、紅白カラーはちょっとと思って、グレイを購入しました。
今考えるとホワイトでもよかったかな。どっちもカッコいいです。

パッケージ


apple-watch-edition-series-3_1

恒例の開封の儀より・・・

Editionモデルは箱もプレミアムですよね。
付属品も通常モデルとは少し違っています。とは言っても大きな違いは磁気充電ドックがついてくる程度ですが・・・

apple-watch-edition-series-3_2

「Apple Watch Edition Series 2」では白い「Apple Watch」の刻印だけでしたが、今回は「Apple Watch Series 3」と印字されていますね。

apple-watch-edition-series-3_3

正面には「Apple Watch Edition Series 3」のロゴがあります。
立方体のケースといい、高級時計の雰囲気があります。

apple-watch-edition-series-3_4

ぺりぺりとビニールを剥がして開封です。

apple-watch-edition-series-3_5

こちらのプラスチックケースに「Apple Watch Edition Series 3」が鎮座しております。

apple-watch-edition-series-3_6

美しいですね。
グレイというより、ブラウンな感じもあります。
詳しいデザインはのちほど。

apple-watch-edition-series-2_6

その他付属品です。

・Apple Watch Edition ホワイトセラミックケース
・スポーツバンド(M/Lサイズの長さに調節可能)
・1m磁気充電ケーブル
・5W USB電源アダプタ
・Lightning - USBケーブルと磁気充電ドック
・取扱説明書


Editionモデルのうれしいところが磁気充電ドックが最初から付いているところですね。
「Apple Watch」の収まりが純正だけあっていい感じです。
これ自体1万円近い価格ですので、はじめから付いているのはラッキーです。

デザイン


apple-watch-edition-series-3_7

「Apple Watch Edition Series 3」です。
セラミックはこの滑らかな光沢が美しいです。艶やか。

グレイとはいっても、かなりブラウンよりな印象がありませんか?

この画像は実際の色味にかなり近づけています。

apple-watch-edition-series-3

高強度ジルコニア粉末を酸化アルミニウムと混ぜ合わせ、豊かなホワイトの色合いを出しているそうです。
一つひとつのケースを圧縮成形して、焼結し、ダイヤモンドスラリーを使って研磨しています。

「Apple Watch Edition Series 2」が出た時は、セラミック?・・・と思いましたが、最近では「Essential Phone」で使われたりと、なかなかガジェットとの親和性が高いですね。ステンレススチールと比べて4倍以上の硬度を持っています。

実際に「Apple Watch Edition Series 2」を1年間使いましたが、一切の傷がつきませんでした。これってすごいことだと思います。

apple-watch-edition-series-3_8

裏側ですね。
スマートウォッチなのに、しっかりと裏ブタもこだわっているのが素晴らしい。
各種センサーが搭載されています。

「Apple Watch Edition Series 3」より搭載されたセルラー機能として「LTE」の刻印もありますね。

apple-watch-edition-series-3_9

バンドは「グレイ/ブラックスポーツバンド」です。
2色が使われています。これは正直1色でよかったのかなと・・・

apple-watch-edition-series-3_10

ほとんど1色なので、2色感はありませんけどね。
バンドの留め具もセラミックですよ。

apple-watch-edition-series-3_12

着用してみました。
いままではホワイトでしたので、こう引き締まった印象になりますね。グレイは。
ビジネス用でしたらホワイトよりグレイかもしれません。

また、ホワイトのときはディスプレイとケースが同系色ではないので、画面オフのときに浮いてしまう印象がありましたが、グレイならケースとディスプレイの親和性が高いですね。これ重要です。

apple-watch-edition-series-3_13

スポーツバンドは見た目以上に着け心地がいいんですよ。
夏場も汗で蒸れないです。

そして気がつきましたが、1年間「Apple Watch Edition Series 2」使って、少しバンド自体が伸びたのかなと・・・同じ止め穴で止めたのですが、なんとなくキツイような感じ。さすがにバンドは劣化していくのかもしれませんね。

apple-watch-edition-series-3_11

時期充電ドックに置くとこんな感じですね。
家に着いたらここに置きましょう。不意の落下や充電忘れを防げます。

apple-watch-edition-series-3_18

「Apple Watch Edition Series 2」と「Apple Watch Edition Series 3」の比較です。サイズをはじめとした見た目の変化はありません。

apple-watch-edition-series-3_19

・・・と思ってましたらデジタルクラウンの頭の部分の大きさが違いますね(笑)
LTE通信用に「Apple Watch Edition Series 3」では大きくなっているのかもしれません。

「Apple Watch」は基本的には初代より完成されたデザインなのかもしれませんね。たしかに大きさもこれ以上小さくならなくていいかと思いますし。

スペック


ここをタップして表示Close
Apple Watch Edition Series 3Apple Watch Edition Series 2
ディスプレイサイズ272 x 340ピクセル(38mm)
312 x 390ピクセル(42mm)
272 x 340ピクセル(38mm)
312 x 390ピクセル(42mm)
ディスプレイ第2世代の感圧タッチ対応OLED Retinaディスプレイ第2世代の感圧タッチ対応OLED Retinaディスプレイ
保護ガラスサファイアクリスタルサファイアクリスタル
CPUS3チップデュアルコアS2チップデュアルコア
ワイヤレスチップW2チップW1チップ
ストレージ容量16GB8GB
GPSGPS、GLONASS/QZSSGPS、GLONASS/QZSS
ワイヤレス通信LTE/UMTS
Wi-Fi(802.11b/g/n 2.4GHz)
Wi-Fi(802.11b/g/n 2.4GHz)
BluetoothBluetooth 4.2Bluetooth 4.0
センサー気圧高度計
心拍センサー
加速度センサー
ジャイロスコープ
環境光センサー
気圧高度計
心拍センサー
加速度センサー
ジャイロスコープ
環境光センサー
耐水性能50メートルの耐水性能50メートルの耐水性能
Siri話せるSiri文字でのSiri
バッテリー最大18時間最大18時間




「Apple Watch Edition Series 2」と「Apple Watch Edition Series 3」のスペック比較です。

大きく変わったのはやはり、セルラー通信機能の追加ですね。
また、CPUやワイヤレスチップも進化しています。実際に操作してみるとわかりますが、「Apple Watch Edition Series 3」はサクサクですね。

Siriもしゃべるようになりました。

セルラー通信


「Apple Watch Series 3」より追加されました。
「iPhone」と同じ電話番号を共通で使用できます。電話もできるというわけですね。

ただ、あまり価値は感じないかもしれません・・・
もともと私はランニング時やちょっとしたコンビニに出かける時くらいしか「Apple Watch」着用のみで出かけませんでしたので。

しかし備えあれば憂いなしです。

内臓GPS


セルラー通信機能よりむしろ、こちらですね。
やはりアクティビティのお供に最適な「Apple Watch」はランニングなどのログを取るのに最適です。あとで走ったコースを眺めるのも楽しいですよ。

個人的にはGPSログ自体が取れるようになったらうれしいのですが、バッテリーも消費してしまいますしね。

耐水性能


50メートルまでの耐水性能です。
腕時計で50メートルというとあまり無茶はできない耐水性能ではなりますが、プールに行って泳ぐ程度なら全然大丈夫ですね。

よく「Apple Watch」を着用して泳ぎに行きますが、ばっちり機能します。
スピーカーで中に入った水を音の振動を使って排出する機能があるのですが、その機能がなかなかおもしろいです。
ブーッと音が鳴って、スピーカーから水滴が溢れてきました。

FeliCa搭載


ぶっちゃけこのためだけに「Apple Watch」を着用していると言っても過言ではないかもしれません。
「iPhone」すら出さずに「Apple Watch」で改札を通ることができます。

ランニングに「Apple Watch」だけを持って行ってコンビニや自動販売機で水分補給なんてこともできますよね。

ただ、「iPhone」と「Apple Watch」では同じSuicaを使えない仕様なので、そこがネックですよね。簡単に切り替えることはできるんですけどね。

「Apple Pay」にオススメのカードも紹介しております。




バッテリー


バッテリーは前モデルと変わらず最大18時間です。
これはもう十分かなと思います。1年間バッテリー切れは経験しませんでした。
旅行先に充電器は必須ですけどね。

セットアップ


apple-watch-edition-series-3

簡単にセットアップの説明をしていきます。
まずは「iPhone」側で「Watch」アプリを起動します。
ペアリング開始です。私は追加でのペアリングですので、こんな画面からスタートでした。

apple-watch-edition-series-3_14

この画面を「iPhone」のカメラでかざすだけで同期が始まるのすごいです。
カッコいいしワクワクしますね。

apple-watch-edition-series-3_15

同期中もかっこいいデザインが表示されますよー!

apple-watch-edition-series-3

モバイル通信設定も簡単でした。
私はdocomoユーザーですが、とくに煩わしい手続きなく設定完了。
180日間は無料ですので、まずはお試しに利用してみましょう。

apple-watch-edition-series-3

あとは「Apple Pay」の設定などもありつつ、待っていれば同期完了です。
2台以上の「Apple Watch」を付け替えるのも自動的に切替してくれるんですね。

使い心地


apple-watch-edition-series-3_17

1年間使ってきたので、はじめて「Apple Watch」と触れた時のような戸惑いもなく、さくさく設定して生活に溶け込んでくれました。
この文字盤が一番気に入っています。

またスペックアップしたのがかなり良くて、「Apple Watch Edition Series 2」以上に動作がサクサクになりました。「Apple Watch Edition Series 2」のときに少し動作が重いなぁ・・・と思っていたことも「Apple Watch Edition Series 3」ではなさそうですね。

ほんの数mmレベルですが、手首を傾けた時の文字盤の表示速度も改善している気がします。

apple-watch-edition-series-3

セルラー通信も試してみました。通信速度はまったく問題ないですね。十分です。
しかしセルラー通信機能ですが、今の所はメリットを感じていないですね。

もともと「Apple Watch」だけで出かけるというシチュエーションが少なかったので・・・でもあるにこしたことはありません。

apple-watch-edition-series-3_20

磁気充電ドックに充電したときのナイトスタンドモードです。
この状態でもアラームなどはしっかり鳴ります。

「Apple Watch」という製品が生活の中でどう活用できるか、便利さはこちらのまとめ記事を読んでいただけるとイメージが湧きやすいかと思います。




まとめ


「iPhone」のように順当な進化を重ねている、「Apple Watch」ですが、どんどん「iPhone」が進化していた時代を思い出しますね。ワクワクする製品のひとつです、「Apple Watch」は。
セルラー通信機能も追加され、スペックアップしているので、初代「Apple Watch」ユーザーの買い替えには「Apple Watch Series 3」はオススメです。「Apple Watch Series 2」からの買い替えは必要ないかもしれませんね。

1年前の記事では、「Apple Watch」はデジタルガジェットなので、腕時計のように一生モノとして使うのは難しいです・・・毎年15万円近くかけるのはどうかな・・・とか書いていたのですが、結局買ってしまいましたね(笑)

デジタルガジェットとして割り切るのであれば、これも同じことを言うのですが、機能はすべてのモデルで同じなので、安さ優先ならアルミニウムケースのスポーツバンドがオススメです。コストパフォーマンス優先ならステンレススチールケースかなと思います。

Apple Watch 磁気充電ドック [MLDW2AM/A]
Apple
売り上げランキング: 775,920

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By たけし

    はじめまして!!
    今回初めてapple watchを購入して、apple watch Edition にしたんですけど!!
    カバーや保護フィルムは、つけてますか?

    • By マサキ

      コメントありがとうございます!

      カバーや保護フィルムはつけておりません。
      セラミックとサファイアクリスタルは堅牢なので傷の心配も少ないと思います。

      もともと腕時計にカバーや保護フィルムはしませんしね。
      傷も楽しんでみるのもいいかもしれませんよ。

*