【レビュー】ヘッドフォンをスマートに収納するハンガー「オーディオテクニカ AT-HPH300」

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

久しぶりにオーディオテクニカの製品を購入しました。
なかなか置き場所にこまるヘッドフォンをかけるハンガーです。
その名もヘッドフォンハンガー!そのままです。

img_3789



あったら便利だけど、なくてもいいからなかなか購入しないものってありますよね。
このヘッドフォンハンガーもその類でして、前々から欲しかったのですが、なくてもそこまで困らないということで数年間、思い出しては買わずを繰り返していました。

ヘッドフォン自体は机の上に転がしておけばいいのですが、不意に落としたり、棚の上に乗せたりすると、耳当てに埃がくっついちゃうんですよね。
それをどうにかしようと思って、今回いつも置く場所があればそういうこともなくなるだとうと考えポチりました。
悩むほど高いものでもないですしね。

パッケージ


DSC07239

わかりやすいパッケージです。
安いラインのガジェット系の製品ってこういうパッケージが多いですよね。

デザイン


DSC07242

これだけ出されてもわかりにくいと思いますが、シンプルなパーツ構成。
安いので品質もそこそこだと思っていましたが、思ったより高級感があります。
見えるところには気を使っているデザインです。

使用方法


DSC07262

挟める幅を、パーツを外すことで調整できます。
三段階に調整できるので、ほとんどの棚や机につけられると思います。

買ったままですと、棚につけられなかったので、一度外しました。
ひねると簡単に外れます。

DSC07245

実際に棚につけてみました。

DSC07250

いいですね。
実際にヘッドフォンをかけるところは合皮で覆われているので、ヘッドフォンを傷つけることなく収納できます。
棚を挟むパーツはそれぞれ上下傷をつけないようにやわらかいシートが貼ってあるので安心ですね。

DSC07252

たぶん使うことはないと思いますが、ヘッドフォンをかけていないときは反対側に回すこともできます。

IMG_1343

実際にヘッドフォンをかけてみました。
生活感のある写真で恐縮ですが、邪魔にならない場所にヘッドフォンが収納できて満足です。
先ほどは本棚にかけた写真をつかっていましたが、この記事を書いてから机につけたほうが収まりがいいので移動しました。

まとめ


よく高級なヘッドフォンハンガーは、置き場所の確保に結局スペースが必要ですが、「オーディオテクニカ AT-HPH300」なら、デッドスペースを利用してヘッドフォンを収納することができます。
お値段もかなり安くコストパフォーマンスに優れていると思います。
なにより、ヘッドフォンを落としたり、汚したりするリスクから解放されて助かります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

*