【まとめ】BUMP OF CHICKEN、テーマ別オススメ11曲まとめ

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

2015年はMステ、紅白歌合戦、ROCK IN JAPAN FESTIVALやCOUNTDOWN JAPANに出演し、2016年2月にはアルバム「Butterflies」リリース、「結成20周年記念Special Live「20」、「STADIUM TOUR 2016 “BFLY”が決まったりと最近活発なBUMP OF CHICKENですが曲数多すぎてどこから手をつけていいのか分からない・・・という方も多いのではないかと思います。

そこで、昔の曲を中心にテーマ別に曲をまとめてみました!独断と偏見で!

BUMP OF CHICKEN

冬の名曲


クリスマスソングじゃない冬の名曲もたくさんあります。

スノースマイル〜ringing version〜


冬の代表曲スノースマイル〜ringing version〜。
こちらはスノースマイルにベルのサウンドを重ね、より一層雪の煌めき感が増したトラックになっています。

「冬が寒くって 本当に良かった
君の冷えた左手を
僕の右ポケットに お招きする為の
この上ない程の 理由になるから」


若いカップルの男の人目線のささやかな幸せが唄われています。



Merry Christmas


バンプ初のクリスマスソング。でもキラキラしすぎてない。
1人で過ごす寂しさと慰めにかたどられた曲。
聖夜にかける願いが素敵です。

「今夜こそ優しくなれないかな
すべてを受け止めて笑えないかな」


その気持ちが優しさの始まりだよなぁなんて思ってみたり。



おもち


隠しトラックです。

「「食べな!」
ごまで和えた餅
すごくやわらかいよ」


お正月にピッタリですね。



鬱になりたい、どん底に浸りたいときの曲


とはいえ、最後には立ち上がるそんな曲。

ギルド


言わずと知れた名曲。社会人になるとまた仕事面でも恋愛面でも心に刺さる。
刺さって膿がでてかさぶたになるような効能があります。







可南子



「なんだかんだ言ってお前が選んだ道だろう?」と言いながらも
「それでいいよ。少しずつがんばりな」って言ってくれる気がします。





「美しくなんかなくて
優しくもできなくて
それでも呼吸が続くことは許されるだろうか」


太陽


選ぶという事はそれ以外を捨て去るということ。
知らないことは傷つかないという事。
孤独をとつとつと語る曲。太陽なんてタイトルに期待して聞くと闇に突き落とされます。
太陽の照らされなかった影にスポットをあてたんだろうなあと思います。

「不愉快も不自由もない
その逆も初めからない」


「ギルド」と共に、「ユグドラシル」からの選曲です。



今が大切だと思える曲


大人になるのって、淋しさを抱えていくって事なのかな。

supernova


生きている刹那さと生きてく覚悟に満ちた曲。
邦楽がすばらしいと初めて思えた曲でもあります。
日常が失われて初めて気づくものとは

「誰の存在だって世界ではとるに足らないけど
誰かの世界はそれがあってつくられる」




ガラスのブルース


ボーカルの藤原基夫が16歳の時初めて日本語で書いた曲。
今もライブでは必ず歌われるバンプの始まりの曲。
人生を無駄遣いしないで。

「あぁ、僕の前に暗闇が立ち込めても
あぁ僕はいつも精一杯唄を歌う」




fire sign


ちょっと落ち込んで、でも落ち込んでる理由がわからない時に聞いてほしい曲です。
まわりのため、人のためを思って生きていると苦しくなる時があるよね。
自分の心にたまには耳を傾けてね

「旅立つ人よ
その行く先を
照らす明かりは
君の中に」




これぞロック、生きる勇気が湧いてくる曲


下ばっかりは向いていられないの。

ダイヤモンド


バンプのメジャーデビュー曲。
みんなガリガリで荒野で演奏する姿が印象的なPV。
(この次のシングルが天体観測です)

血とか汗とか足跡とかがぎっしり詰まった人間臭い曲。
それらの結晶がダイヤモンドってことだよね。何より固く、輝く。

「何回転んだっていいさ
何回迷ったっていいさ
大事なモンはいくつもないさ」




sailing day


昔の映画「ONE PIECE」の主題歌だった曲。
若い駆け出しのルフィたちの衝動と情熱に呼応する疾走感ある曲。
運動会の朝に聞くとよさそうな気がします。

「そうだよ
まだ僕は僕の魂を持ってる
たった1秒生きるために
いつだって命がけ
当たり前だ」




Hello,world!


最新シングル。
アニメ血界戦線のOP曲。
出だしが珍しくイントロなしの曲。
現代を生きる私たちの歪みを認めながら、進むしかない、
でも倒れそうな気持に自我をもたらすような曲。

「さあ目を開けて
君は強い人
その目が見たから
すべては生まれた」




まとめ


まとめは以上ですがいかがでしたか??
他にも沢山の良曲があります。

正直ジャンルやテーマでまとめるには難しい曲がほとんどです。
聴く人の手に委ねられている曲が多いのがBUMP OF CHICKENらしさ、と思います。

アルバム「Butterflies」楽しみです。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

*