【レビュー】低価格ながらも、機能は充実!Wi-Fi対応プリンター「Canon PIXUS MG6730」

この記事を読むのに必要な時間は約 14 分です。

家のプリンターが突然故障してしまったため、数年ぶりに新しいプリンターを購入しました!
「Canon PIXUS MG6730」です。

Canon PIXUS MG6730

Canon プリンター インクジェット 複合機 PIXUS MG6730 BK ブラック
キヤノン (2014-09-04)
売り上げランキング: 675


Amazonで購入したため約50%オフというありがたさ。
おまけにプライム会員なので、注文して翌日には到着しました。

デザイン


早速開封して設置しました!

IMG_1682

以前我が家にあった「Canon PIXUS MP600」は、上部にも給紙セットがあったのでかなり凸凹とした見た目でしたが、「MG6730」は下部にのみ設置されているのでかなりコンパクトなデザインになっています。

IMG_1667

上部はこんな感じ。
このモデルはタッチパネル機能はなく、液晶画面周辺のボタンで操作します。

IMG_1669

液晶の画面自体は小さめですが、中のアイコンや文字は大きめに表示されるので見やすいです。

IMG_1668

スキャンの部分も蓋が薄くて軽いので持ちあげやすいです。
前のやつはかなり分厚くて重たかったので・・・

スペック


ここをタップして表示Close
Canon PIXUS MG6730
発売日2014年9月4日
定価(税別)2万3800円
液晶サイズ3.0型
印刷解像度9600×2400dpi
ノズル合計6656
インクシステム6色独立(染料ブラック、シアン、マゼンダ、イエロー、グレー、顔料ブラック)
インク滴1pl
両面印刷対応
給紙容量(A4用紙)下段最大125枚
最小用紙サイズL判
最大用紙サイズA4
レーベルプリント対応
USB端子1(ダイレクトプリント非対応)
有線LAN非対応
USB端子1(ダイレクトプリント非対応)
無線LANIEEE802.11b/g/n
メモリーカードスロットSD/SDHC/MS Duo/MS PRO Duo
赤外線通信非対応
Wi-Fi Direct非対応
赤外線通信対応
消費電力16W
サイズ466 × 369 × 148 mm
重量8.0 kg
カラーバリエーションブラック・ホワイト
印刷速度(A4フチなし写真カラー印刷)44秒
印刷速度(L判写真印刷)18秒
印刷速度(A4モノクロ文書)15.0ipm(1枚あたり4秒)
印刷コスト(L判カラー)約15.5円(大容量インク)/約20.9円(標準)
印刷コスト(A4カラー文書)約8.6円(大容量インク)/約12円(標準)
スキャナー解像度2400×4800dpi
対応インクBCI-351(染料インク)/BCI-350(顔料インク)・BCI-351XL(染料インク)/BCI-350XL(顔料インク)
インク6色マルチパック定価(税別)6,648円(大容量)/4,458円(標準)


スペックは以上の通りです。詳しく印刷性能についてレビューしていきたいと思います。
定価は23,800円ですが、Amazonなら13,600円(2016年3月12日 現在)とお得ですね。




インクもAmazonですと、消費税分ほどお得になっています。

印刷性能


実際の印刷性能はどうなのか、早速印刷してみましょう。
無線LANを使用してMacで印刷してみました。
Wi-Fi設定は後で詳しく書きますが、かなり便利でした!

7f0fe650c86d4d4d2031343fccb993e1

ブログのトップページを印刷したいと思います。
印刷までの手順は通常のPC操作と同様の手順。

IMG_1675

印刷開始をクリックすると、プリンターが動き出しました!

IMG_1676

受け取り口が自動で出てきます。5秒ほどで紙が出てきました。

IMG_1678

印刷を開始してから16秒ほどA4サイズ1枚の印刷が終わりました。

IMG_1679

IMG_1680

仕上がりはこんな感じ。
色がはっきりしていて鮮やかで、見やすいです。

IMG_1683

PCの画面と比べてみても、遜色ない仕上がりになっています。
これはすごい。先代のプリンターがいかに古いものだったのか気づかされました(笑)

解像度


最高9600dpiで最小1plですが、かなり解像度は良いと思います。
カラー写真も滲みなく印刷してくれます。
実際に印刷した用紙の色も発色が良く、とても鮮やかな色合いでの仕上がりでした。

1plというのは1兆分の1リットルだそうです。想像つかないです。

文字専用の顔料ブラックインクを使っていますので、文字印刷の文字もくっきり鮮明だと思います。
印刷用紙によく文字が映えていると感じました。

印刷速度


公称値ではL版フチなしが約18秒です。
可も不可もなくですが、気持ち速い方だと思います。
文章印刷は約20秒で出来上がるので、かなり速いですね。

静音性


印刷中も比較的静かです。
音は聞こえますが、本体が揺れたり大きな音を上げたりしないのでいつでも気にせず印刷することが可能です。

Wi-Fi対応


以前使っていた「MP600」にはなかったWi-Fi対応プリンターですので、無線LANネットワークに「MG6730」を接続することで、同ネットワーク内のPCやMac、スマートフォンから印刷が簡単にできます。

設定方法


Wi-Fiの設定は簡単にできます。

IMG_1671

まず電源を入れ、液晶画面左下のボタンを押し「無線LAN」を開きます。

IMG_1672

次に「無線LANセットアップ」を選択。
項目の下にある「アクセスポイントモード」を使えば、自宅に無線LANネットワークがなくても、印刷できます。これも便利ですね。

IMG_1674

自動で拾ってくれた自宅のWi-Fiを選択しパスワードを入力。
上のような画面が出たら完了です!

スクリーンショット 2016-03-11 12.44.14

きちんと反映されています。
あとは各PCやスマートフォンで設定すれば、いちいちUSBに接続することなく印刷ができてしまいます。

本体に触れなくても自動で電源ON、プリントまでできる「Wi-Fi & 自動電源ON」という機能もありますので、いちいち電源を起動しにいってから、印刷というプロセスを踏まなくていいのが便利です。
自室から、印刷して、プリンターのある部屋に取りに行くのが楽チンです。




スマートフォンからは「Canon PRINT Inkjet」というアプリが出ていますが、普通に印刷するだけなら、「共有」からプリントを選んで「MG6730」を選択するだけで簡単に印刷できます。
アプリ自体はスキャンなどもできて高機能です。なかなか日本企業のアプリにしては良い作りです。

「Google クラウド プリント」にも対応しているなど、機能的にはしっかり痒いところまで手が届くという感じですね。

印刷コスト


印刷コストをカットできるお得な「大容量インクタンク」対応しています。
また独立インクですので、経済的です(とはいえ今時、独立インクじゃないプリンターなんてあるのかな?)。

L版フチなしのプリントで、「大容量インクタンク」ですと、約15.5円です。
なかなか印刷コストは実感しにくい方ですが、以前使っていたプリンター「MP600」よりは印刷コストが上がっているんですよね。
「MP600」は同じ条件で、約9.1円だそうです。2006年のモデルですので、物価上昇をふまえましてもちょっと「MG6730」は印刷コストは高くなっていますね。
ですが、印刷のクオリティは上がっていますので、そういった意味ではコストパフォーマンスはいいと思います。

まとめ


印刷速度よりも、発色の良さを推したい一台。
家庭で使う分には全く申し分のない性能です。
またWi-Fiが使えるというのが本当に便利で、これからどんどん活用していこうと思います。

普段PC画面を印刷することが多い我が家では、かなり有り難い存在になりそうです。
ホワイトカラーもありますので、設置する場所の雰囲気に合わせられるのもいいですね。

Canon プリンター インクジェット 複合機 PIXUS MG6730 BK ブラック
キヤノン (2014-09-04)
売り上げランキング: 675

Canon プリンター インクジェット 複合機 PIXUS MG6730 WH ホワイト
キヤノン (2014-09-04)
売り上げランキング: 9,229

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

*