【料理】白玉粉初心者がキャラ白玉を作ってみた。

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

ドーモ、シカコです。

突然ですが、今回は白玉を作ってみました。
それもただの白玉じゃあなくて、動物とかキャラクターを模したなんか可愛いやつを。
冬頃に流行した大根おろしで動物をかたどったお鍋みたいな、あんな感じのを作りたいな〜ってね。

ちなみにキャラスイーツの類いを作ったことは一度もありません。
むしろ白玉を作ったことがないし、白玉粉すら触ったことなし。
白玉作り未経験の人間が、応用技であるキャラ白玉を作ろうとするチャレンジ精神(もとい向こう見ず)。
誰にだって初体験はある!そして私の白玉初体験は今!
アザラシとかイルカが可愛いだろうなぁ〜出来上がったら餡蜜に添えて食べよ〜!

キャラ白玉

と、胸を弾ませていましたが、実際めちゃくちゃ難しい。

まず玉すら作れない。白玉なのに玉が作れず、ただの白い塊…。
アザラシどころか肝心の白玉でさえ危うい状況。
私は玉を作ることさえできないというのか……絶望的不器用…。

それでも諦めずに何個か普通の白玉を作ると、丸めるコツを掴めました。
まさか幼稚園児の頃に培った粘土遊びスキルが、時を経て今日役に立つとは。
そして出来上がったアザラシちゃんがこちらです。

白玉アザラシ(仮)

何かが違う気がする。決定的な何かが。
心なしかアザラシ(仮)も悲しい表情を浮かべている気がする、これは…なんだ…?
目とヒゲは溶かしたココアパウダーで描いたのですが、まず元々のフォルムからして違う気がしてならない。
もっとアザラシは、こう…可愛いはずなのに、これには不安感しか湧き出てこない。


きっと三次元的だからイマイチなんだ。
平面的なキャラクターなら、きっとやりやすいはず。
あとココアが悪い。もったりして描きにくい!
おそらくコーヒーだと粒子が小さいからココアより描きやすいはず。
そう改善案を出しながら作ったのが、こちら。

白玉ムーミン

ムーミン・トロール。
ちょっと目元がホラーになってしまった気がするけど、フォルムはまずまず。
むしろかなり良い感じな気がします。というか完璧なのでは?!
目を描くのにも、コーヒーだと滞留しないから描きやすい!

こうしてちまちま白玉を成形して1時間。
沸騰したお湯に白玉を入れて、浮かび上がってから1分ほど待って引き上げ、氷水で冷ましたら完成。
沸き立つお湯のなかを漂う姿は、白玉ムーミン達が具現化したことに狂喜乱舞しているように見えます。

白玉ムーミン茹でる

そして茹で上がった白玉達に蜜豆や餡子、バニラアイスを添えて〜…ジャァア〜ン

キャラ白玉餡蜜

もうこれはどこからどうみても白玉餡蜜。
茹でる前はひび割れていた白玉も、膨張したのかトゥルンとした見た目に。
ココアで目を描いたアザラシ(仮)の顔が儚く消えかかっていて、ちょっとしたホラーです。
コーヒーで描いたムーミンの目もなんか滲んでいる…?まあ多少は仕方ないですね。


アザラシは大失敗でしたが、平面的なデザインなら初心者でもキャラ白玉を作れることが分かりました。
まあムーミンのほうも、某となりのなんとかの森の妖精 小トト○に見え……いや、これはムーミンです。
次に白玉を作る機会があったらアザラシをリベンジしたいと思います。
ではでは今日はこの辺りで、失礼いたします!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

*