【レビュー】MacBookに最適!USB Type-Cで充電しながら、USB Type-Aを4つまで接続できる「dodocool USB-Cハブ to USB3.0ポート」

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

MacBook」はミニマムな構成でほとんど他のデバイスと接続しない使い方に満足していますが、ごくたまにUSBを接続したい時が出てきます。
このごくたまにのために、仰々しい接続ハブを持ち歩くのは本末転倒なのですが、dodocoolのなかなかいい「USB-Cハブ to USB3.0ポート」という製品を見つけました。

dodocool-usb-c



こちらの接続ハブは、USB Type-Cで充電しながらも、現在一般的なUSB Type-Aと4つまで接続することができます。
若干チープながらコンパクトで使い勝手がいいです。
それではレビューしていきましょう。

パッケージ


dodocool-usb-c_0

dodocoolのいつものパッケージです。

dodocool-usb-c_1

この箱がなかなか便利で、ケーブルやUSBフラッシュメモリなどの小物入れとして利用しています。

内容物はこちらです。

・USB-Cハブ to USB3.0ポート
・取扱説明書


デザイン


dodocool-usb-c_2

シンプルなデザインです。
若干チープ感もありますね。
ただ使い勝手はいいと思います。

dodocool-usb-c_4

裏面にはラバー製の滑り止めはついていますので、机で滑るようなことはないです。
ただ本体が軽いので、ケーブルの負荷によっては移動してしまいます。

dodocool-usb-c_3

このように充電用にUSB Type-Cを接続して、他の4つのUSB Type-Aではデバイスと接続することができます。

スペック


インターフェース:USB3.1タイプCの入力コネクタ(1個)・USB 3.0タイプAポート(4個)
データ転送速度:5 Gbps(最大)
重量:60グラム


「Power Delivery 2.0」をサポートしていますので、「MacBook」や「Chromebook」は充電することができます。
ただし、USB Type-Aポートは急速充電には対応していないので注意が必要です。
取扱説明書には充電は非対応と書いてありましたが、iPhoneやカメラも充電することができました。

まとめ


「MacBook」を入れるケースに一緒に入れておくとなにかと便利なガジェットですね。
私はあまり「MacBook」になにかを接続するということはないのですが、ごくたまにUSBフラッシュメモリを接続する時があるので、準備しておけば、その時に困らなくなりますね。

価格も安いので、「MacBook」ユーザーにオススメです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

*