【漫画】料理をしながらダンジョン攻略「ダンジョン飯」2巻発売!!

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

本日はダンジョン飯の第2巻発売日です!

Evernote Camera Roll 20150811 235412

ダンジョン飯 2巻 (ビームコミックス)
九井 諒子
KADOKAWA/エンターブレイン (2015-08-12)
売り上げランキング: 3


1巻の紹介時に大まかなあらすじは書きましたので割愛・・・



今回の巻の話は、入り口よりやや進んだ地点です。
ダンジョンに生きるセンシの暮らしや、冒険者から略奪して生活するオーク族、そして様々なモンスターたちが活躍します。
オークといえば元ネタのトールキンの小説ではエルフもオークも同じ種族だったっていう設定だったものが、今ではこんなにも扱いに差があるのだから面白いですよね。
この「ダンジョン飯」でも、オークは容赦なく冒険者の溜まり場に侵攻し、あっという間に制圧してしまいます。しかしダンジョン飯におけるオークは結構知的であり、センシと普段から物々交換をしていたり、集落の中で課金を飼育したりしているので、ただの豚の化け物じゃない知性を感じさせます。それでも料理においてはセンシがパンの酵母を作ったりと率先して行いましたが笑

また、宝虫の話では甘く煮たりして調理していたので、イナゴの佃煮などと完全に同じ感覚だろうなと思いました。
しかし、食感が羽根が付いているものはカサっとしていたり、ネックレス上のムカデはトロッとしていたりとかなり気持ち悪そうで、虫は抵抗あるなと再認識させられました。
群馬ではイナゴや蜂の子以外にも、川に生息するザザムシというトビケラの幼虫なんかを食べたりすることがあるそうですが、昆虫の形をしていない分ダンジョンのモンスターの方がまだ食べやすいかもしれませんね・・・

2巻に出るモンスターは何かに擬態しているものが多いです。
絵画のモンスターとか獲物を取り込んだ後どういう形で吸収するんだ・・・?とか何でゴーストは冷えてるんだとか微妙に気になる点もあって、話が進んでいくうちに解明されるといいなと思います。
自分は漫画のキャラクターのパーソナリティーが掘り下げられる話が結構好きなのでこれからもっとマルシルとかライオスの昔話などが見られると嬉しいですね。

ローグライクゲームなんかでは空腹度などが設定されており、モンスターからドロップした「まもののにく」と言ったものや、持っていた果物なんか食べてますが、それもリアルに考えると調理しようがモンスターをたべるという嫌悪感ってあるよなあと納得してしまいます。まして人型や虫型のモンスターなんて・・・冒険者になれる素質はそういうところにも関係ありそうですね。ライオスのようにどんなモンスターでも楽しんで食べらるパーティなら深層まで効率よく進めそうですね。

そういえばテイルズシリーズでは街で食材を買って調理するというシステムがある割と数少ないゲームではないでしょうか。
今度出るFF15でもPVでバーベキューなんてやってましたね。
魔法の使える世界では燃料はともかく、火を起こすのが簡単そうでキャンプはしやすそうですね。

ダンジョン飯 1巻 (ビームコミックス)
九井 諒子
KADOKAWA/エンターブレイン
売り上げランキング: 172


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

*