【まとめ】背表紙で電子書籍を並べられる「eBookJapan」で読めるオススメのマンガ10作品

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

普段からiPadを持ち歩いているので、最近ではほとんど電子書籍で読書をしています。
電子書籍もどこで買うか決まってないこともあり、いろんなサイトで購入してるためバラバラでどこのアプリで買ったっけ・・・?となることも多々あります(笑)

普段使っている電子書籍ストアは登録した時にポイントをくれたので、惰性で使っているのですが、また新しく、「eBookJapan」というところを使い始めてみました。
というのも品ぞろえが良いし、立ち読みが充実しているのでジャケ買いがしやすいのが個人的には気に入ってます。あとは背表紙が見られるところですね。

というわけで「eBookJapan」についてメリット・デメリットをまとめました。
そのあとは「eBookJapan」で読めるオススメのマンガ10作品をまとめてみました。

eBookJapanのメリット


まとめ買い割引がある


まとめ買いすると20%引きなどのキャンペーンが行われていたりします。ポイントもつくのでさらにお得感がありますね。

買った本の背表紙が本棚に並べられる


ebookjapan

ドラゴンボールのように背表紙がつながっている作品ありますよね。
たまに登録されていないものもありますが、だいたいの作品は背表紙が登録されています。

買った本はブラウザでもダウンロードでも読める


eBookJapanならそのままブラウザで読めるのでダウンロードを待つ必要がないです。
もちろん端末にダウンロードもできます。

新刊が出たとき通知がくる/自動で購入してくれる


月刊誌で連載している漫画や休載が多い漫画などは刊行がどうしても遅くなり買い忘れがちなので、この機能はありがたいと思います。
まだ使ってないですけど、著者ごと、作品ごとで通知を分けられるのも地味にいいですね。

・・・といった感じでなかなか使いやすいのではないでしょうか。まだそんなに本を買っていないので背表紙表示にすると本棚がスカスカでちょっと寂しいですね(笑)
もちろん表紙を並べるタイプの本棚にもできますよ。

eBookJapanのデメリット


表示価格が税抜き表示


表示されている価格に消費税が入っておらず、購入の画面まで進んでようやく計算されるので、税込み表示にするかカゴに入れた時点で計算しておいてほしいなと思いました。

ほかのストアを使っている場合の管理が面倒


電子書籍の販売形式上仕方がないことですが、すでにほかの電子書籍ストアを利用している場合は本の管理が少し面倒です。

eBookJapanで読める電子書籍のまとめ


ebookjapan-manga-10

ダンジョン飯


ダンジョン飯 4巻<ダンジョン /><noscript><img src=
KADOKAWA / エンターブレイン (2017-02-15)
売り上げランキング: 1


あいかわらず発想が天才のそれ
いよいよ因縁のレッドドラゴンとの戦いが始まる!今度は戦っている途中におなかがすかないようにしっかり腹ごしらえをしてからです。
今回の巻は話が話なだけにそれほど魔物料理が出てこなかったですね。
マンガの雰囲気に吞まれて読んでしまうのですが、たまに冷静な「やっぱこいつ頭おかしいわ」みたいなコメントが刺さって絶妙に面白いです。
というか普通にドラゴン4人で狩れるとかライオスたちは強かったんだなと思いました(笑)

僕だけがいない街




僕だけがいない街の最終巻である、9巻は悟が眠っている間の出来事をほかの人の視点から話を追ったもので、本編の補完のようなポジションになります。
本編が悟の視点で進行していたのでこれで完結してすっきりした感じがします。
しかしこの作品はお話のまとまりがすごいので9巻が発売された折にまた最初から読んでしまいました。

最後の愛梨の話が入ってくるとこの先の展開どうなるんだ・・・!と思っちゃいますけどそれは完全に蛇足なのもわかっていて続きを読みたいような読みたくないような気持ちになりました(笑)

彼女はろくろ首




ろくろ首の女の子が主人公の漫画で、妖怪が人間に馴染んで生活しているちょっと不思議な世界です。
以前から結構好きだったのですが、4巻で終わってしまいました。

4巻に入ってから運動会の話が始まったのですが、そこでちょっと失速しちゃったかなというか終わりにする方向へまとめるための話だったのかな?最後はあれ~?と思いましたがもうちょっと長く読んでいたい作品でした。
ラブコメにするのか、女の子同士でわいわいなのか、どっちかに絞ったらよかったんでしょうかね、難しいですね。

宇宙兄弟


宇宙兄弟(30) (モーニング KC)
小山 宙哉
講談社 (2017-01-23)
売り上げランキング: 98


『宇宙兄弟』はほんと毎回いい話で、近年の必読マンガに入ります・・・アニメも良かったし。
漫画ですけど出てくる登場人物みんないい人ばっかりで、登場したばかりのころは嫌な感じのキャラクターでもどういう考えをもって生きている人なのか、という掘り下げがされるのでほんとに優しい世界で読んでいて癒されます。
ムッタとヒビトは別々の組織に所属していますがこの先二人で月に行くことはできるのか、この先の話も楽しみです。

とんがり帽子のアトリエ




まず絵がうますぎる・・・し、この階段梯子を下りる漫画的表現、ミニチュアの模型の壁を取ったような構図がすごいいいですね。

物語は魔法があり、魔法使いがいる世界で、魔法使い以外の人はその便利な力を享受するだけで使うことはできない・・・と思われていたが、ある時魔法のかけ方を目にし、使い方を知ってしまい危険な力を使ってしまう。巻き込まれてしまった母親を助けるために魔法を学んでいくというようなストーリーです。

いくつになっても魔法の話はワクワクしますね、映画の『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』も面白かったですし西洋ファンタジーでは魔法は欠かせませんね。
去年は好きな漫画が次々連載終了していったので、続きが気になる漫画が発売されてうれしいです。

それでも町は廻っている


それでも町は廻っている 16巻 (ヤングキングコミックス)
石黒 正数
少年画報社 (2017-02-14)
売り上げランキング: 29

それでも町は廻っている 公式ガイドブック廻覧板 (ヤングキングコミックス)
石黒 正数
少年画報社 (2017-02-14)
売り上げランキング: 26


10年以上も連載していたんですよね。そっちにもビックリです。
最新刊も話の展開はこれまでと大きく違わず、ちょっとの推理とちょっとのホラーと日常回が上手く合わさっていて良かったです。
また、最新刊の16巻と同時に『廻覧板』というファンブックのようなものも出ていて、それには各話のネタばらしや解説、時系列などが載っているのでファンにはぜひ手に入れたい一冊になっています。
まだ電子書籍化されていないので、こちらは本屋さんへ走りましょう。

蟲師 外譚集


蟲師 外譚集 (アフタヌーンKC)
芦奈野 ひとし 今井 哲也 熊倉 隆敏 豊田 徹也 吉田 基已
講談社 (2015-04-23)
売り上げランキング: 24,664


『蟲師』はこの世にあふれている普通の人には見えない蟲という不思議な生物を研究し、蟲の影響を受けている人の問題を解決していく人たちの話です。
時代はまだ人が村レベルの生活をしていて、ほとんどの人は着物を着ていて、機械というものは大凡なく、蟲が起こす不思議な現象とうまく付き合って生活しているというような感じです。

その独特の世界観が本当に好きなのでぜひ読んでみてほしいです。
外譚集はその世界観を引き継いで著者の漆原先生以外が描いた作品集です。

盆の国


盆の国 (トーチコミックス)
リイド社 (2016-07-11)
売り上げランキング: 3,961


お盆になると、亡くなった人たちが帰ってくるのが見えるという少女の夏の物語。
今年のお盆はなかなか終わらず延々と同じ日を繰り返してしまうが、みんなが毎日同じ行動をするわけではないという一種のパラレルワールドに時間をまたいで行っている感じですね。

本屋で新刊を見て歩いていて表紙で読んでみたいと思ったのですが、この漫画を読めみたいなランキングで1位の作品だそうです。
個人的にそういうランキングはあまり好きじゃないし参考にもしないんですが、内容はとっても良かったです。
夏が題材の物語はどこかノスタルジックな気持ちになりますね・・・

ハイスコアガール


ハイスコアガール(7) (ビッグガンガンコミックススーパー)
押切 蓮介
スクウェア・エニックス (2017-01-25)
売り上げランキング: 368


一時期の著作権問題を乗り越えて続きが読めていることをうれしく思いますね。
僕は最初に買ってもらった(という意識がないほど最初から家にあった)ハードがセガサターンだったのでようやく時代が追い付いてきたなといった感じです(笑)
とはいえコンボのコの字もわからないような子供でしたので、投げとパンチキックの組み合わせでうまいことアーケードモードをクリアといった感じでしたが・・・
今でもたまに格ゲーをやったりしますが、格ゲーみたいに自分のスキルを磨いていくゲームは自分が成長していくのがわかるのがいいですね。

うちのゲームの話はともかく、ハイスコアガールではこの先3人がどんな関係になっていくのか、続きが気になりますね。

メイドインアビス


メイドインアビス 5 (バンブーコミックス)
つくしあきひと
竹書房 (2016-12-26)
売り上げランキング: 2,741


地上に空いた大穴、アビスを探検していく漫画、『メイドインアビス』
そのかわいらしいキャラデザからは予想できないレベルのハードなストーリーで多少の覚悟が必要です(笑)

最新刊ではあ~この子も仲間になるのかな~とか軽く思っていたのに幻想が打ち砕かれてしまいましたね・・・
来期にアニメ化するということもあり、さらに勢いがついていくと思います。
期待しているだけに全然絵が動かないなんて言うアニメにならないといいなあと心配と期待をしています。

まとめ


電子書籍も、どこで買ってもおなじ拡張子のファイルがダウンロードできて好きなアプリケーションで読むことができる…というような時代になればいいんですけど、どこの会社もお客さんを囲い込もうとするのでまとまりがないんですよね。

さらに自分も電子化が早かったり安かったりするところで買って余計に収集つかなくなっちゃうんですよね。まあそんなにあちこちで買っている人のほうが少ないとは思いますが(笑)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

*