【レビュー】Apple Watchをオシャレに充電しよう!純正品っぽい雰囲気のシリコン製スタンド「elago W2 Stand」

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

1ヶ月ほど前に「Apple Watch」を買って、すっかり毎日お世話になってます。
すごく便利ですね。スケジュールやヘルスケアの管理が特にやりやすくなって、今じゃ手放せない存在となってしまいました。

そんなわけで毎晩充電しているのですが、本体に付属されている充電ケーブルだと「Apple Watch」が平置きになってしまうんですよね。
テーブルにそのまま置いておくと傷がついてしまうのではないかと、ついつい気になってしまう日々。
そこで、付属の充電ケーブルをはめ込むことで充電スタンドとして使用できる「elago W2 Stand」を購入してみました。

elago-w2-stand



スタンドに装着したままもっとも操作しやすい角度を人間工学に基づき、74°に設計しているそうで、たしかに「Apple Watch」を置きやすく、そして画面が見やすい角度にセットできます。
なにより、オシャレです。変にロゴがないのも、いいですね。

それではレビューをしていきます。

パッケージ


Apple-Watch-stand_1

まずはパッケージです。

正面に商品名と商品の写真が大きく載っています。
右上には「elago」の文字。
「elago」はApple製品のアクセサリーを中心に製造・販売しているメーカーで、シンプルスタイリッシュなデザインが特徴ですね。

Apple-Watch-stand_2

箱の側面は横から見た商品の写真のデザインです。
外から見るだけでどんなデザインの商品なのかわかるようになっています。

早速開けてみましょう。

Apple-Watch-stand_3

内容物は本体のみというシンプルさ。
充電ケーブルのセッティングも簡単にできそうです。

デザイン


Apple-Watch-stand_4

箱から中身を取り出してみました。
さっそくデザインを見ていきましょう。

シンプルで洗練されたデザインですね。
カラーリングはブラックです。
カラーラインナップは他には、ジーンインディゴホワイトダークグレーレッドがありますので、「Apple Watch」のカラーに合わせて選択できます。

素材はシリコンなので、「Apple Watch」を傷つけません。
変にロゴも目立たず、「W2 Stand」と刻印されているだけです。

スポーツバンドともデザイン馴染みますね。

そしてかなり小さいです。女性の手のひらにすっぽり収まるサイズです。
これならどこでも置けるし、持ち運びにも便利です。

Apple-Watch-stand_5

ひっくり返すと、充電ケーブルを通せるように大きな空洞になっています。
そこの部分には、充電ケーブルをはめる凹みもあるので、ケーブルが抜けてしまうこともありません。

Apple Watchを実際に充電してみました


Apple-Watch-stand_10

セッティングをして、「Apple Watch」を充電してみましょう!

「Apple Watch」の充電ケーブルです。
これを、スタンドにはめていきます。

Apple-Watch-stand_8

まずはスタンドの真ん中の丸い穴に、充電ケーブルのUSB端子部分を上から通します。

Apple-Watch-stand_9

そのままケーブルを引っ張ります。

Apple-Watch-stand_10

最後に穴の部分に、充電ケーブルの丸い部分をはめ込みます。

Apple-Watch-stand_11

スタンドを立たせて、セッティングは完了です。
ものすごく簡単です!ものの1分でできてしまいました。

この白い部分に「Apple Watch」を横にして乗せるだけで充電ができるようになります。

Apple-Watch-stand_12

実際に「Apple Watch」を乗せてみました。

こちらは私が普段から使用している38mmモデル。
大きさがちょうどいいですね。スタンドの色をブラックにしたので、「Apple Watch」とも統一感があります。
これなら「Apple Watch」が傷ついたり、バンドが汚れたりすることがなさそうです。

「Apple Watch」には「ナイトスタンドモード」という機能があり、「Apple Watch」を横にすると、日付と時間が現れるようになっています。
「elago W2 Stand」はその機能が活かせていいデザインですね!

たしかに人間工学に基づいた74°という角度が、上からでも横からでも見ても「Apple Watch」が見やすくセットされています。

Apple-Watch-stand_14

横から見るとこんな感じです。
「Apple Watch」を置く窪みの角度がちょうどよく、バンドが床につかないようになっています。

Apple-Watch-stand_13

42mmモデルの「Apple Watch」も乗せてみました。
多少スタンドからはみ出ますが、しっかり窪みに乗っかっているので落ちることはなさそうです。

「elgo W2 Stand」には38mmモデルのほうが収まりはいいですね。

まとめ


コンパクトでシンプルなデザインの「elgo W2 Stand」
おまけにセッティングもとっても簡単。

「Apple Watch」「ナイトスタンドモード」にして充電ができます。
またオシャレでシンプルなデザインは、「Apple Watch」をインテリアの一つとして置時計としても活用できるのでオススメです。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

*