【レビュー】確かな剃り心地。プレミアムなボディが美しいシェイバー「Panasonic ラムダッシュ ES-LV9A」

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

一年ほど前にラムダッシュのシェイバーを購入して愛用していたのですが、まさかの旅行先で紛失してしまったので、せっかくなので洗浄機がついたハイエンドモデル「Panasonic ラムダッシュ ES-LV9A」を購入してみました。

ES-LV9A



すでにラムダッシュのシェイバーの剃り心地の良さはわかっていたので、今回はそのまま標準モデルを購入するか、洗浄機がついたモデルを購入するか、ハイエンドモデルを購入するか、かなり悩みました。



標準モデルの前期種のレビューはこちらです。

実はシェイバー自体の性能は3モデルほとんど違いはなく、髭を剃るという機能に関してはまったく差がありません。
標準モデルである「ES-LV9A」に洗浄機がついた「ES-LV7A」ではシェイバー本体のディスプレイがなぜか5段階充電表示から3段階充電表示になっていまして、ハイエンドモデルの「ES-LV9A」では、メタルボディが採用されてマルチ機能表示・10段階充電表示が採用されているという違いだけです。

つまり剃り心地の差はないので、洗浄機がついているモデル「ES-LV7A」を購入するのが、ベストな選択だとは思います。
しかし今回はAmazonでセールをしていて「ES-LV9A」「ES-LV7A」の価格差が7,000円だったのと、ギフトカードももっていたので、せっかくなのでハイエンドモデルである「ES-LV9A」を購入しました。

ということでレビューしていきたいと思います。

パッケージ


ES-LV9A_1

男性用製品という感じのパッケージですよね。
Panasonicはその辺もかなりこだわっている気がします。
ドライヤーとかですとかなり女性向きのデザインが使われていますし。

ES-LV9A_2

内容はこちらです。

・シェイバー本体
・洗浄機
・ACケーブル
・ポーチ
・専用洗浄剤1個
・オイル
・掃除用ブラシ
・取扱説明書


かなり盛りだくさんとなっています。

デザイン


ES-LV9A_3

確かにメタルボディということでかっこいいです。
シェイバーなんてあまり人に見せる機会なんてないですが、自己満足というか所有欲は満たされます。
数枚写真を見ていただければわかると思いますが、見る角度によってゴールドからシルバーへとなめらかな階調がかっこいいです。

ES-LV9A_4

前期種と比べて肌への摩擦を約2/3に低減ということですが、この金色の金属棒がたしかになめらかさを倍増させている気がします。

ES-LV9A_5

ボタン周りもハイエンドモデルだとやっぱりかっこいいですね。
プラスチック製のやすっぽさがないです。
また金属ボディのほうが清潔感もある気がしますね。

ES-LV9A_6

裏は洗浄機と接続したときのコネクタが露出しています。
これは握っている時はまったく気になりません。

ES-LV9A_10

「3Dアクティブサスペンション」という上下の動きも加わりましたので、より肌への密着度がアップしました。

ES-LV9A_9

握った感じもとってもいいです。
髭剃る時間なんてほんの数分ですが、使い心地がいいというのは快適ですよね。
気分もよくなります。

ES-LV9A_13

洗浄機です。
縦画像で恐縮ですが、思ったより大きくはないです。
洗面台に置けますね。

ES-LV9A_12

シェイバー本体とドッキングするとこのようになります。

使い心地


ラムダッシュの使い心地は前期種のレビューを見てもらえれば言わずもがななのですが、より良くなった点などを中心に説明したいと思います。

メタルボディということで重厚感のバランスが非常によく、腕が疲れにくいと思います。
重さはプラスチックボディより20gほど重いのですが、それを感じさせない快適感があります。
メタルボディが手のひらに吸い付く感じもいいですね。

やはり洗浄機モデルを購入して正解でした。後ほど洗浄機については詳しく述べますが、いつもの定位置が決まるのも整理整頓に役立ちますし、充電ケーブルに接続するわずらわしさがなくなりました。

剃り心地


5枚刃

ラムダッシュは深ぞりしても肌に優しいのが特徴です。
クイックスリット刃くせヒゲリフト刃フィニッシュ刃の3種5枚の外刃を搭載した独自の5枚刃システムがやはり素晴らしい。

クイックスリット刃・くせヒゲリフト刃・フィニッシュ刃の3種5枚の外刃を搭載した独自の5枚刃システム

カミソリを使っていた時は5枚刃とはいえ剃り残しがあったのですが、このように数種類の刃を組み合わせることで、一度でしっかり剃ってくれるのが助かります。
内刃が肌に触れないように守る60μmの厚刃ヒゲの根元にもぐりこみ深くとらえる41μmの薄刃で構成されているので、肌に優しくしっかり剃ってくれます。
世界最速毎分約14,000ストロークの振動がより、肌に優しくヒゲはしっかり剃れますね。

また先ほども書きましたが、2本の金属棒である「スムースローラー」が肌への摩擦を減らして、肌にやさしくスムーズな剃り心地を実現しています。
これは本当に実感できるレベルでスムーズさを感じます。

ヒゲの濃いところはパワーアップし、薄いところではパワーダウンするヒゲセンサーもかなりよく機能していると感じます。
確かに頬などは優しく剃れている気がします。

前期種の1/3の肌への負担ということで、かなり押し当てて剃ってもまったくカミソリ負けしません。
前期種ではシェイビーングクリームを使って剃ることもあったのですが、「ES-LV9A」ではそのまま剃っています。
しかしフェイスオイルをつけて剃っているのかと錯覚するほどのなめらかさを実感します。

洗浄機はとっても便利!


洗浄機

次に買い換えるときは絶対必要と思っていたのが、洗浄機です。
なかなか今まではシェイバーを洗浄するのが億劫で、嫌な臭いが発生することもあったのですが、これからは安心です。
セットしてボタンを押すだけでいいんですからね。

洗浄機という名前ですが、実は多機能です。
1台で4役という機能性があります。

洗浄機

洗浄除菌乾燥充電と4つの役目をはたしてくれます。

充電と洗浄がワンセットになっているのは本当に助かります。
意識せず清潔な状態でいつでも使えますからね。剃り心地も新品の時の状態が持続します。
音は若干、洗浄の段階でしますが、一人暮らしでしたら出かける前にセットすればいいですし、洗面所に置いておけば家族も気にならないレベルです。

ES-LV9A_14

洗浄機はこのように洗浄機の下の部分を取り外して、水と洗浄液をセットします。

ES-LV9A_15

洗浄液は1袋で1ヶ月もちます。



Amazonで6個入りで1,490円ということで、1ヶ月あたり248円です。
1日で考えると8円。これを高いと捉えるか、安いと捉えるかは人それぞれですが、いちいち洗浄しないで済む手間を考えれば私は安いと思います。

ちなみに洗浄液はレモンの香りがついていまして、剃る時にほのかに香ります。

バッテリー


バッテリーは前期種と同じスペックですね。
フル充電で1日1回約3分間の使用、約14日間使用可能です。

感覚的にはもう少し使えます。
ただ洗浄機にセットするだけで毎日充電されますし、10段階のメモリもシェイバーで表示されますので、バッテリー切れの心配はないですね。

まとめ


無くしたから買い換えるという消極的買い替えでしたが、これは普通に買い替えても満足できる進化がありましたね。
剃り心地がかなり良くなったのもありますし、洗浄機モデルを買って正解です。

毎日清潔な状態のシェイバーを使えるのは、肌にも心にもいいですよね。
ラムダッシュを使って、髭を剃って清々しい気持ちで外出したいと思います。
今度は無くさないように宿泊用にハードケースを購入しようと思います。

レビューではメタルボディを紹介しましたが、コストパフォーマンス的にはプラスチックボディの洗浄機モデルである「ES-LV7A」がオススメです。




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

*