【レビュー】やっぱりコスパ最強!コンパクトながらも4K・HDRに対応したセットトップボックス「Fire TV 4K・HDR」

この記事を読むのに必要な時間は約 15 分です。

Apple TV 4K」より遅れて、発売されました「Fire TV 4K・HDR」。
再生スペックはほぼ同等で、スペック値が低く、その代わりに価格が安価な「Fire TV 4K・HDR」を試してみました。

Fire TV Stick(2017年モデル)」も愛用しているのですが、今回4K・HDR対応というのと、コンパクトなサイズ感に惹かれて購入しました。

fire-tv-4khdr

Fire TV  (New モデル) 4K・HDR 対応、音声認識リモコン付属
Amazon (2017-10-25)
売り上げランキング: 11


実際使用してみると、やはりスペック値が低いので、操作時に若干のひっかりなどがありますが、再生は全く問題なし。
個人的には、処理能力の差もあってか「Apple TV 4K」の描写のほうがキレイだと思いますが、気軽に旅行先や出張先のTVに接続するにはぴったりかなと感じました。

比較記事でも書きましたが、ストリーミング中心に楽しむには「Fire TV 4K・HDR」がオススメですしね。

それでは、詳しくレビューしていきましょう。



パッケージ


fire-tv-4khdr_1

「Fire TV Stick(2017年モデル)」と同じように、パッケージがビニールに入っていました。

fire-tv-4khdr_2

鮮やかなオレンジがいいですね。

fire-tv-4khdr_3

「Fire TV Stick(2017年モデル)」とは若干裏面の説明が違うんですね。
私は、「Fire TV 4K・HDR」も持ち運びに便利だと思うのですが、記載はないですね。

fire-tv-4khdr_4

開封してみましょう。
中身を取り出します。

ぱかっと真ん中で別れるようなパッケージです。

fire-tv-4khdr_30

こちら側には本体が。
あとはAmazonオリジナルの乾電池です。

fire-tv-4khdr_5

片方には周辺機器という感じですね。

fire-tv-4khdr_6

内容物はこちら。

・Fire TV 4K・HDR
・音声認識リモコン
・HDMI延長ケーブル
・USBケーブル
・電源アダプタ
・単4電池2個
・説明書


デザイン


fire-tv-4khdr_7

デザインもみていきましょう。
なかなかのスタイリッシュさですよね。

fire-tv-4khdr_8

HDMIケーブルが一体化しています。
対応ケーブルをわざわざ購入せずともTVに接続できるのは楽チンですね。

fire-tv-4khdr_9

もちろん電源と接続もしなくてはならないのですが、コンパクトに収まっていますね。
電源もUSBケーブルですし、汎用性があります。

fire-tv-4khdr_11

こちらは、音声認識リモコンです。
これは、「Fire TV Stick(2017年モデル)」と同じものですね。

fire-tv-4khdr_10

乾電池式ですが、ぶっちゃけ電池が切れる心配はほとんどないです。
前回のは2年ほどもった気がします。

fire-tv-4khdr_12

手の収まりもいいんですよ。

スペック


ここをタップして表示Close
Fire TV 4K・HDR Apple TV 4K
価格8,980(8GB)21,384(32GB)23,544(64GB)
音声認識◯(Siri)
リモコン◯(温泉認識リモコン)押しボタン式、単4電池式◯(Siri Remote)タッチ式+ボタン式、充電式 (Lightning)
アプリ操作◯(Fire TVリモコンアプリ)◯(Remote)
寸法65 × 65 × 15 mm35 × 98 × 98 mm
重量87.1 g425 g
ビデオ出力2160p2160p
オーディオ出力Dolby AtmosDolby Digital 7.1
インターフェイスHDMI 2.0aHDMI 2.0a
ネットワーク802.11a/b/g/n/ac Wi-FiギガビットEthernet 802.11a/b/g/n/ac Wi-Fi
Bluetooth4.15.0
プロセッサAmlogic Quad-core 1.5GHz | ARM 4xCA5364ビットアーキテクチャ搭載A10X Fusionチップ
メモリ2GB3GB
ストレージ8GB32GB
64GB
アプリアプリストアApp Store





こちらは、「Apple TV 4K」とのスペック比較です。
詳しい比較は記事をご覧ください。

4KとHDR対応でさらに美しく、臨場感あふれる映像を楽しむことができます。
最大60fpsまで対応しているので、滑らかです。かなりわかりやすく滑らかですよ。

Dolby Atmos Audioにも対応しているので、対応した環境があれば、空間的な音響が楽しめますよ。
SONY KJ-55X9350D」という4KTVを使っているのですが、サウンドバーも増設したいです。

「Apple TV 4K」とはビデオを再生するという、そのものはまったく差はありません。
スペック値がやはり「Apple TV 4K」には劣るので、操作のもたつきや、音声認識の差がありますが、特別なこだわりがない方は、「Fire TV 4K・HDR」のほうがオススメかと。

ただし、動作の面も「Fire TV Stick(2017年モデル)」に比べればかなりスムーズではあります。

セットアップ


feature_SimpleSetUp._CB515514718_

それではさっそくセットアップをしていきましょう。

fire-tv-4khdr_13

TVのHDMIポートに接続します。
だらんとたれるのが、ちょっと不安ですが、そこまで重量もないので問題ないですね。

ケーブルの長さもほどよく、壁との間が狭い場合も大丈夫ですね。

fire-tv-4khdr_14

電源ケーブルに接続すれば、勝手にセットアップがはじまります。
音声認識リモコンを片手にセットアップをしていきましょう。

fire-tv-4khdr_15

言語を設定しましょう。

fire-tv-4khdr_16

ネットワークに接続ですね。

fire-tv-4khdr_17

アップロードがはじまりました。
わりと長かったのですが、放置していれば終わります。

fire-tv-4khdr_19

これってすごく便利ですよね。
購入したAmazonのアカウントと勝手に紐づいてくれます。

fire-tv-4khdr_20

セットアップは完了ですね。

・言語選択
・ネットワーク接続
・アカウントログイン


これだけです。

fire-tv-4khdr_21

セットアップ終了後にチュートリアルビデオが流れます。
これも親切設計でいいです。

fire-tv-4khdr_22

4Kへの対応です。

fire-tv-4khdr_23

メニューが表示されましたね。
けっこうサクサクですが、若干もたつく感じもあります。

Amazonビデオの視聴


「Fire TV 4K・HDR」では「Amazonビデオ」の視聴がメインの機能となります。。
感覚的にホーム画面から映画を選ぶこともできますし、音声認識リモコンで音声検索することもできます。

リモコンはキーボードでないのですが、キーボードを使いたい場合はスマートフォンのアプリを使えば解決です。

スクリーンショット 2015-10-28 17.40.32






今回は音声認識リモコンを使用してみましょう。

fire-tv-4khdr_27

「みっしょんいんぽっしぶる」と音声検索ボタンを押しながら、しゃべってみると、さっそく候補が出てきました。英語でも日本語でも結果はいっしょでした。

最新作から順番に・・・というわけでもないのですが、視聴回数順とかでしょうか。

fire-tv-stick-2017_50

次は直接、映画の題名で検索してみましょう。
あまり認識精度というより、音声を認識したあと、文字に変換するアレゴリズムが微妙な気がします。ちゃんとしたものも表示されるなら、間違った検索結果は出す必要ない気がしますよね。

この辺りは、やはり「Apple TV」のほうが優れている点ですね。
「Apple TV」の場合は「トムクルーズの映画をみせて!」といった自然な言葉で検索してくれます。

ただ、しっかり検索結果も表示してくれるし、音声認識自体も問題ないので、すぐに慣れると思います。スマートフォンのアプリを使えば、キーボードも使えますしね。
音声認識リモコンは、慣れるとかなり便利ですよ。

fire-tv-stick-2017_54

有料ビデオもありますが、Amazonアカウントから自動的に支払われるので、視聴も便利ですよ。ただ、どのサービスにも言えますが、有料ビデオは高い気がします。新作でも100円なら気軽にレンタルするんですけどね。もちろん旧作は100円のもあります。



基本的にはAmazonビデオは、プライム会員になってプライム・ビデオを楽しむことをオススメします!




4K・HDRの描写


fire-tv-4khdr_26

せっかく、4K・HDRに対応しているので、対応コンテンツを視聴してみました。

fire-tv-4khdr_25

TVに映し出されたものをカメラで撮影しているので、伝わらないのですが、4K映像は本当に立体感があって美しいです。
4KTVを持っている場合は、セットトップボックスで4Kコンテンツを楽しむことを本当にオススメします。

fire-tv-4khdr_24

立体感と臨場感が素晴らしいです。
3Dより立体感があります。

多彩なアプリケーション


Pack2

先ほど、「Amazonビデオ」の視聴を説明してきましたが、もちろんアプリをインストールすることで、他の定額ビデオ配信サービスも視聴できます。これが「Fire TV Stick」「Fire TV 4K・HDR」がのコストパフォーマンスの高い理由でもありますよね。

この画像にあるだけでも以下の定額ビデオ配信サービスや、無料・有料動画サービスが利用できます。

・Amazonビデオ
・Hulu
・Youtube
・Abema TV
・NETFLIX
・dTV
・Video Market
・DAZN
・ニコニコ動画
・GYAO!
・U-NEXT
・NHK WORLD
・TED
・dアニメストア
・Prime Music


たくさんありますね!

fire-tv-stick-2017

私は定額ビデオ配信サービスは「dTV」に加入しています。
アプリをインストールして、ログインすればかんたんに楽しめちゃいますよ。

また、ビデオサービス以外にもたくさんのアプリがあります。

fire-tv-stick-2017_52

有名な、「VLCプレイヤー」もあります。
ローカルネットワーク内のNASの動画を視聴することもかんたんです。ホームビデオ鑑賞が捗りますね。

AirPlayもできるスグレモノ


fire-tv-stick-2017_43

AirReceiver
AirReceiver
posted with amazlet at 17.04.09
龙方儿 (2017-04-01)
売り上げランキング: 1


アプリの中でも一番オススメなのが、「AirReceiver」です。
なんと、MacやiPhoneをはじめとするApple製品のミラーリング機能である、「AirPlay」が使えるようになります。

fire-tv-stick-2017_44

アプリを起動すれば、「AirPlay」の接続先に表示されますので、選択するだけ。
これもかんたんです。

fire-tv-stick-2017_45

「AirPlay」に対応アプリだと、動画がしっかり全画面に自動で変更されます。
これで、「Apple TV」と機能も遜色ないですね。



まとめ


4K・HDRに対応した、「Fire TV 4K・HDR」のレビューでした。
「Fire TV Stick(2017年モデル)」のメリットにプラスして4K・HDR対応した、セットトップボックスです。

4K・HDR対応と、スペック値がそのまま価格差ですので、所有しているTVが4KTVでしたら、「Fire TV 4K・HDR」がオススメです。
それ以外の方々には「Fire TV Stick(2017年モデル)」がいいですよ。

Fire TV  (New モデル) 4K・HDR 対応、音声認識リモコン付属
Amazon (2017-10-25)
売り上げランキング: 11

Fire TV Stick (New モデル)
Fire TV Stick (New モデル)
posted with amazlet at 17.10.27
Amazon (2017-04-06)
売り上げランキング: 1

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

*