【レビュー】気軽に映画や音楽が楽しめる「Fire TV Stick」

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

Apple TVが発売されますが、突如発表されて予約しておいた「Fire TV Stick」が届きましたので、レビューしていきます。
値段も安く、お試し感覚で購入したのですが、かなり快適に映画を楽しめるのでオススメ製品です。

71EReqk1wqL._SL1000_



音声認識モデルもありますが、今回は一番安いモデルを購入しました。

「Apple TV」との比較記事です。



パッケージ


DSC07493

スタイリッシュなパッケージです。

DSC07495

箱を開けるとビビットなオレンジに「Fire TV Stick」が包まれていました。
ワクワクするような配色ですね。

DSC07502

内容物はこちら。

・Fire TV Stick
・リモコン
・HDMI延長ケーブル
・電源ケーブル
・乾電池
・説明書


説明書はシンプルです。
とりあえずTVに繋げばなんとかなるみたいです。

デザイン


DSC07506

Fire TV Stick本体です。うっすらとAmazonのロゴが見えますね。

DSC07510

ChromecastのようにHDMI端子と電源ケーブルをさすところがあるだけのシンプルデザインです。

DSC07511

ここにはHDMIと印刷されています。

DSC07513

リモコンです。
これもまたシンプルなデザインのリモコンですね。

DSC07518

背面です。カバーを外して乾電池をいれます。

DSC07520

乾電池は単4電池です。
充電式だとなお良かったかもしれないです。

セットアップ


それでは早速セットアップをしていきましょう。

スクリーンショット 2015-10-28 17.33.04

説明書を要約するととりあえずTVに繋ぐとのことでしたので、繋ぎましょう。
Fire TV StickをそのままHDMI接続してもいいのですが、延長ケーブルを使うほうがWi-Fiの感度がよくなるので延長ケーブルを使いましょう。

DSC07504

電源ケーブルもしっかり接続して、TVの入力切替でFire TV Stickを接続した入力にします。

DSC07522

リモコンを接続します。

DSC07523

指示にしたがって、リモコンを認識させます。

DSC07526

Wi-Fiの接続とAmazonのアカウントでログインします。

DSC07530

ログインが完了するとお兄さんの説明アニメーションが流れました。

DSC07533

Amazonプライムに入るといろいろビデオが見れますよと宣伝されました。



バッチリ入会しています。

DSC07534

一通り説明が終わると、ホーム画面になりました。
セットアップ完了です。簡単ですね。

Amazonビデオの視聴


Fire TV StickはAmazonビデオの視聴が主な機能です。
感覚的にホーム画面から映画を選ぶこともできますし、リモコンで検索することもできます。

リモコンはキーボードでないので、検索が面倒だったので、音声認識付きリモコンを購入したほうがよかったかなと思いましたが、スマートフォンのアプリを使えば解決です。

スクリーンショット 2015-10-28 17.40.32




実際に視聴してみます。

DSC07537

お、「ミッション:インポッシブル」シリーズがありますね。

DSC07540

リモコンで操作してクリックします。

DSC07542

再生されました。
遅延もなくあっという間に再生です。

映像も綺麗です。
映像は1080pのHD画質、音声はDolby Audioだから、HDMI (7.1chまで)と満足なクオリティですね。

スペック


価格¥4,980
プロセッサデュアルコア
メモリ1GB
ストレージ8GB
音声認識リモコンなし
音声認識リモコンアプリあり
ゲームカジュアルゲーム
Wi-Fiデュアルバンド 802.11A/B/G/N (MIMO)


Fire TV Stickはパワフルなデュアルコアプロセッサと専用のVideoCore4 GPUを搭載しているため、動作はかなりサクサクでした。
ストレージはChromecastの4倍の大容量8GBというのも魅力的ですね。

またASAP機能(Advanced Streaming and Prediction)が過去の視聴履歴に基づいて、事前に再生の準備をしてくれます。

多彩なアプリケーション


ビデオストリーミングサービスはAmazonビデオ以外にもたくさんありますよね。
Fire TV Stickでも他のサービスをアプリをインストールすることで使えます。

DSC07545

DSC07546

・U-Next
・YouTube
・ニコニコ動画
・Hulu
・GYAO!
・Netflix


などなど...
私はdTVに加入しているので、dTVのアプリが追加されるといいなと思いました。

YouTube


DSC07550

YouTubeアプリも快適に再生できました。
さすがにTVの大画面になると画質は落ちますが、離れてみれば十分です。

GYAO!


DSC07552

GYAO!も快適でした。

どのアプリケーションもそうですが、フリーズしたり、読み込みに時間がかかるようなことがないのがうれしいです。
これから多くのアプリケーションが増えることで快適にビデオが楽しめますね。



まとめ


突如現れた、Fire TV Stick
値段も安かったので、期待はしていなかったのですが、TVでいろいろな動画を気軽に楽しめるようになりました。
かなりコストパフォーマンスがいいと思います。

dTVがまだ対応していないのは残念ですが、Chromecastに対応しているdTVならそのうちアプリをリリースしてくれると信じています。
対応していない動画配信サービスはAndroidでしたら、「Miracast」を使うことでミラーリングして再生することもできます。




ちなみに「AirReceiver」を使えば、「AirPlay」先に「Fire TV Stick」を用いることもできます。

Amazonプライム会員ですと視聴できるビデオの幅がぐーんと広がりますので、会員の方にはかなりオススメできる製品だと思います。
音声認識リモコンモデルでなくこちらのモデルでも、スマートフォンを使えば音声認識は使えるので、こちらのモデルを買うのがベストです。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    YouTube閲覧で「さすがにTVの大画面になると画質は落ちますが」と書かれていますが、1080pなど元の動画の画質が良ければそのままの画質で表示されますよ

    • By マサキ

      ご指摘ありがとうございます。
      PCで1080pをみるときより、画面が大きく動画が全体で表示されるので、近くで見ると荒くなるという表現をしたかったのです。

      言葉足らずですみませんでした。

*