【レビュー】原音再生!優秀なDAC+ヘッドフォンアンプ、「FOSTEX HP-A8」

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

先日「AKG Q701」をレビューしましたが、同時期に購入した「FOSTEX HP-A8」をレビューしていきます。

hp_a8_main



こちらも購入してから数年が経ちましたが非常に満足している製品です。
たしか当時新しい複合機DACアンプやTEACの製品が出て、どれを購入しようか悩んだ末にこちらの機種を購入した覚えがあります。

当時はこの値段に清水の舞台から飛び降りるような気持ちで購入した気がします。
いまは随分お安くなっていますね。

デザイン



31WuZq7bwML

オーディオ機器という感じで気に入ってます。
写真で見ると大きく感じますが、思ったよりコンパクトです。
置き場所に特段困ることもないと思います。

HP-A8_01

フロントサイドの光沢のある質感も気に入ってます。
液晶の表示も目新しさはないのですが、必要な情報だけしか表示しない潔さがいいですよね。
意外とオーディオ製品の液晶はごちゃごちゃして見にくいものも多いなかこのシンプルな表示はわかりやすいと思います。

HP-A8_02

バックサイドに接続端子がたくさんあるのですが、SDカードポートがフロントサイドにあったほうがいいと思います。
SDカードで音楽を聴かなくても、たまにある本体のアップデートに使うので後ろに差し込むのが多少めんどくさいです。

音質


はじめてDAC+ヘッドフォンアンプを購入しましたが、かなり満足しています。
基本的に「Q701」と接続していますが、やはり据え置き機器はパワーがあっていいですね。
オープンエアのヘッドホンを使いますと、2chですが、マルチチャンネルのような錯覚を覚えます。





モニター系の音が好みなので、とても満足しています。解像度がとてもいいです。
どの音域も澄み渡って音を届けてくれます。
澄み渡るような音色というのでしょうか。

タイトルに「原音再生」とつけましたが、なにをもって「原音再生」というのかは難しいですが、HP-A8の音はそれに非常に近いところにあると感じます。

ピアノ音源に強いと思いました。
冷たい音色のピアノがしっかりと再現されています。
決して乾いた音ではなくある程度湿度の伴うツヤのある音になります。
ピアノだけでなく、ボーカルも美しく再生できますね。

ひんやりとしたコンサートホールで音楽を聴いているような空間再現力があると感じます。

デジタル入力は、USB High Speedが16 / 24 / 32bit、44.1kHz / 48kHz / 88.2kHz / 96kHz / 176.4kHz / 192kHzに対応し、44.1K系、48K系の独立した2つの高精度TCXOクロック(24.576MHz、22.5792MHz) によるアシンクロナス・モード(非同期モード)が採用されていますので、どんな音源でも安心です。

本体内部でx2、x4と整数倍のアップサンプリングもできます。
これは音質がよくなるというより好みの問題だと思います。私はx2を選択して使うことが多いです。
プラシーボ効果も手伝い音の厚みが増します。

他にも設定としては、プリエコーをなくす「MINIMUM DELAY」をオンにしていますが、これをオンにしますと、出音の前のノイズが軽減します。
「MASK SEL」は内蔵の「TCXO」にすると、PC側ではなくHP-A8側の水晶発振器で動作を合わせるので歪みや乱れが軽減できまる。
この二つはオンにしたほうがいいと思います。

プレイヤーは「Audirvana Plus」を使っていますがこれもオススメできます。



PCとつなぐケーブルは特にオーディオ用を使用していませんが、電源はしっかりとしたものを使ったほうが音がよくなりそうですね。

操作性


以前は電源をきるとUSBモードに最初から設定しなければいけないのが面倒でしたが、アップデートして改善されました。

ボリュームのつまみの感触もよく、音量調整もしやすいです。

また私は、PCからしか入力していませんが、切り替えもしやすいですね。

機能性


DAC+ヘッドフォンアンプという複合機なのでこれ一台でPCオーディオが構成できる優れものです。
今のところ出力はヘッドフォンにしか使っていませんが、スピーカーにももちろん出力できます。

他のレビューなんかを読んでみますと、こちらの製品はDAC部が非常に優秀らしく、ヘッドフォンアンプを違う製品にするのもおもしろそうですね。

先ほども書きました、x2、x4の整数倍のアップサンプリングも非常にいい機能だと思います。
音楽を聴く楽しみが広がります。

ちなみに数年間使ってて、いきなり電源が切れたり、不具合が現れたこともなく、安心感もあります。

総評


「HP-A8」のあとに新しい機器がたくさん出ましたが、6万円ほどでかえる複合機としては最高ではないでしょうか。
「HP-A8」は「Q701」とともに新しい製品が出ても、買い換える必要がなく、数年間使用してきている愛機です。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

*