【コラム】二日酔いには「カレー」が効く!?カレーに秘められた効能とは?

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

一昨日久々にすっかり飲み潰れてしまった私。(お盆に田舎で潰れてからもう酒は飲み過ぎないと心に誓ったのに・・・!)

翌日は完全に二日酔いで寝こけていたのですが、その翌日になってもなかなか治らない体調…一体どれだけ飲んだのか…それすらも曖昧という悲劇。

そしてふと思ったのですが、どうやら二日酔いになった時、私は必ずあるものが食べたくなるようなのです。

それが、「カレー」です。

IMG_2480

ある程度睡眠をとって、なんとなーく食欲が湧いてくるとふとカレーが食べたくなるのです。
うどんやおかゆではなく、カレー

なぜなのか気になって調べてみたところ、どうやら二日酔いにカレーを食べることは効果的なことがわかりました!

①カレーには「ウコン」がスパイスとして入っているため。




とにかくこれがカレーが二日酔いにいいと言われている一番の理由でしょう。
そういえば飲み過ぎ・二日酔い対策として有名な、「ウコンの力」なんてドリンクもありますよね。
ウコンには「クルクミン」という成分が含まれていて、これがアルコールを分解してくれます。
さらにアセトアルデヒド(二日酔いの原因になる中間代謝物質)を分解する成分も含まれているのだそう。
他にも利尿作用があったり、肝機能を高めてくれる成分がたくさん入っているのだとか。
優秀ですね〜。

②発汗作用があり、汗をかくことによって体内のアルコールが抜けるため。


IMG_0426

アルコールを抜くには汗をかくか排尿するかして体の外に出すのが一番ですが、カレーに含まれる辛味の刺激によって発汗が進み、アルコールが抜けやすくなるのです。

③食欲増進の効果があり、普段の食生活に戻りやすいため。


IMG_0434

やはり健康的な生活にはきちんとした食事は欠かせません。
二日酔いになってしまうとどうしても軽くて消化の良い食事をとったり、あまり食事を取らなくなってしまいがちです。
カレーには「コリアンダー」「ナツメグ」と言ったスパイスも含まれており、これらは食欲の増進を助けてくれる働きを持つのだそうです。
もちろんいきなりカレーとご飯を一皿食べるというのは難しいと思うので、ルーだけでも摂取してみるのも、体調回復のきっかけになるかもしれません。

まとめ


というわけで、調べてみると出てくる出てくるカレーの驚くべき力・・・。
どうやら私は自分でも気がつかないうちに、カレーに含まれる二日酔いを解消してくれるスパイスを求めていたのかもしれません。

また、ウコンは摂取してから24時間は体内に蓄積してくれるそうなので、飲み会の前のランチなどで摂取して予防しておくというのもアリですね。







にも



カレーを発明した人に感謝しながら、今度こそお酒には気をつけようと思った1日でした。





ハインツ ビーフカレー辛口200g×10袋
ハインツ日本 (2014-09-08)
売り上げランキング: 351

ウコンの力ウコンエキスドリンク 100ml×6本
ハウスウェルネスフーズ (2013-10-07)
売り上げランキング: 2,558

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

*