【レビュー】日本の職人による最高級の革製品コードバンの財布「GANZO」

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

新生活がはじまった4月は新しいアイテムを買うにはいい季節ですよね。皆さんはなにか買いましたでしょうか?

僕は革製品が好きでして、iPhoneをいれるケースや一眼レフのストラップやちょっとした鞄には好んで革製品を使っています。
ヌメ革などの革本来の色をいかした革を少しずつエイジングしていって飴色にするのが好きです。
たまにお手入れするのに磨くのもなにか癒される?心地よいものがあります。

そんなこんなで新学期がはじまって、そろそろメインの長財布も4年ほど使っていますのでここらで新調しますか!ということで購入しました。

cordovan



「GANZO Cordovan 束入れ」です。

以前ツイッターのフォロワーさんに教えて貰った日本製の革製品のブランドである「GANZO」なのですが、ブランド知名度としては海外ブランドに劣りますが、1917年創業の「AJIOKA」が、2001年から展開し始めた日本のブランドです。

ブランドとしては新しいが、革で長年商売してきたこともあり、老舗ならではの高度な職人技が光ります。
以前はダンヒルの長財布を使っていましたが、もう少し値段をしめる製品の質の比率が高い製品が今度は欲しいなと思っていたところ良さそうな気がして購入をしました。

DSC05490

化粧箱です。

DSC05491

保証書と布ケース。

DSC05492

色はブラックにしました。ちょっとネイビーっぽい色ですね。

ちなみにこのコードバンというのは革の種類なのですが、牛革ではなく馬の革です。
さらにお尻のところを使っていまして、一頭からわずか1割ほどしか採取されない貴重な部分となっています。
実は皮革の中で最も丈夫な素材とされるコードバン。
筋肉繊維が非常に細かいのが特徴で、独特の光沢がまたいいです。

DSC05495

内側はヌメ革です。こちらは牛の革です。

DSC05493

少しずつ飴色にしていきたいと思います。

DSC05496

革製品はしっかりお手入れをしてあげると何年でも使えますので丁寧に使っていきたいと思います。
ちなみにこの財布には小銭をいれるファスナーはないのですが、コインケースは「土屋鞄」のLファスナーを使っています。
こちらの製品もこれに小銭、お札、カードをいれて気軽に使うにはとっても向いています。





この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

No commented yet.

  1. 【レビュー】日本の職人による最高級の革製品コードバンの財布「GANZO」 | SPOT NOTE BLOG - メンズ財布関連ニュース

    […] た4月は新しいアイテムを買うにはいい季節ですよね。皆さんはなにか買いましたでしょうか? 僕は革製品が好きでして、iPhoneをいれるケースや一眼レフのストラップや…[続きを読む] […]

*