【音楽】サザン桑田のイチオシ!パンチ効いてる女性シンガーバンド「GLIM SPANKY」

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

私は声が太い女性シンガーが好きです。でも日本にはあんまりいませんよね。
いるのかもしれないけれど、見つけるのがか細い声のアイドルにかき消されて難しい・・・







可南子



あ〜〜〜パンチ効いてるバンドはいないのかねぇ。バーレスクのクリスティーナ・アギレラばりのは日本にはいないのかーーー





と思ってたらいました!「GLIM SPANKY」

GLIM SPANKY

見つけた経緯


サザンオールスターズの桑田圭祐さんがJFNラジオでやっている毎年恒例邦楽ベストテンの記事をだらだら読んでいると、きゃりーぱみゅぱみゅ・嵐・佐野元春などの有名人にまぎれた「GLIM SPANKY」を発見。

見慣れない名前だけど「一体なんだこれは!名曲であります!日本の明るい未来を奏でる、松尾レミちゃん!」と大絶賛されてる。
堂々の第2位だし。気になる~と思って聞いて見たのが「褒めろよ」

曲効いてぶっ飛びました。
ハスキーで太い声、最高っす。
中島みゆきを髣髴とさせるシンガー。







可南子



ふん、褒めてほしいキラキラ女子の曲だろう。





とか思ってたら、「馬鹿は褒めておだてて自分の駒にしてやろう。有頂天になってそのうち消えるから。」なんてことを謳っていてビックリ。

GLIM SPANKYの簡単な紹介


2015のカウントダウンジャパンに出演。閃光ライオットもファイナルグループまで残った実力派。映画リアル鬼ごっこのイメージソング「リアル鬼ごっこ」も手がけました。

Vo. 松尾レミ
1991年生まれ。
圧倒的存在感を放つ歌声。「日芸だったんだ納得」と思わせるセンスも併せ持つ。パーマロング。鼻が高いお姉さん。

Gt.亀本寛貴さん。
1990年生まれ。
ほっそいのに生命力あふれるギターサウンド。とにかく細い。こちらの方もパーマ。ふわふわヘア。

紹介はこんなところにして、もうとにかく聴いてください。
きっときれを聴けば「GLIM SPANKY」にハマるオススメ曲を紹介します!

GLIM SPANKYのオススメの曲


誰もが知ってる曲をカバーしてるので、「初見の曲きいてもわからん」という人は、これを聞いてください。

ジャニス・ジョプリン「MOVE OVER」
水原希子ちゃんが出てたSUZUKI「ワゴンRスティングレー」のCM曲。
耳にした人も多いのでは?
言われるまで日本人が歌っているなんて思いもしませんでした。

MOVE OVER




こちらはデジタルコンテンツのみ。
ジャニス・ジョプリン「MOVE OVER」
水原希子ちゃんが出てたSUZUKI「ワゴンRスティングレー」のCM曲。
you say that it's over baby で始まるだれもが耳にしたことがある曲です。
日本人が歌っているとは思わなかったし、女性が歌っているかも怪しいと思いました。



焦燥




ボーカル松尾レミさんが17歳の時に「将来は美大に行って音楽をやる」と宣言したら嘲笑され、「夢を持つのは間違ってない」という思いで書き上げた曲です。
アルバム「SUNRISE JOURNEY」に収録されています。

松尾レミさんのしっとりした声から始まり、ギタードラムが加わり疾走感あふれる「これだけギターかき鳴らして謳えたら気持ちいいだろうな」と思えるサウンドです。







可南子



日々大人になりたくないと思いつつも大人になってしまうことを知りながら過ごしていた高校時代を思い出しました。大人に抑圧された世界に生きている人に聞いてほしいなと思いました。





褒めろよ




こちらもアルバム「SUNRISE JOURNEY」に収録されています。
テレビ東京深夜ドラマ『太鼓持ちの達人~正しい××のほめ方~』主題歌でした。
が鳴るように歌うのが特徴の1曲。

歌詞も今まで見たことがない感じ。しいて言うならTHE MIRRAZが歌っていても違和感ない感じです。
冒頭でも書いたのでこの曲についてはこれくらいで。

まとめ


力強く、ロックとブルースを歌い上げるかなり素敵な二人。
作り上げるサウンドだけでなく、言葉の選び方が秀逸です。

聞き手に依存した会話で日々を過ごす人が多い中で、言葉の意味を捕えて「伝えよう」という意思があるから、響く歌詞になっているんだろうなと思います。本当を伝えることに伴う切なさのようなものが織り込まれてるから、他とは違う厚みが出るんだろうなあ。

なんだろうね、胸の内で燻ってる何かに真顔でマッチ一本放り投げて山火事引き起こす、そんな2人組です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

*