【音楽】25周年開幕!Mr.Children、2年2ヶ月ぶりのNew Single『ヒカリノアトリエ』全曲レビュー!

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

祝25周年!・・・ということで、Mr.Childrenの25周年目はニューシングル『ヒカリノアトリエ』で開幕しました。

2016年は、「Mr.Children Hall Tour 2016 虹」を基本に、複数のフェスやイベントで活躍したMr.Childrenですが、リリースという形では曲を発表しませんでした。
ここにきて、シングル発売は、ライブに行けなかったファンの心を溶かしますね。

ヒカリノアトリエ



無事に発売日前日にゲットし、数回繰り返して聴きましたので、ファーストインプレッションということで、全曲レビューしていきたいと思います。

ヒカリノアトリエ


01. ヒカリノアトリエ <NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」主題歌>
02. つよがり (Studio Live)
03. くるみ (Studio Live)
04. CANDY (Studio Live)
05. ランニングハイ (虹 Tour 2016.11.7 FUKUI)
06. PADDLE (虹 Tour 2016.10.14 KUMAMOTO)


新曲として発売されたのは、「ヒカリノアトリエ」のみで、そのほかに収録された曲はファンにはおなじみの曲ですね。

今作に収められる全曲の演奏はミスチルメンバー4人と、SUNNY(Key, Backing Vo)、山本拓夫(Sax)、icchie(Trumpet)、チャラン・ポ・ランタンの小春(Accordion)で結成されたバンド“ヒカリノアトリエ”によるものです。

厚みあるバンドの音が楽しめました。

また、公式としては6曲収録ですが、実際に再生してみると、8トラックあることに気がつきます。7トラック目はブランクトラックですが、8トラック目はシークレットトラックとして同じく「Mr.Children Hall Tour 2016 虹」で語り引きとして演奏された「Over」が収録されていました。これには本当に驚かされましたね。

01. ヒカリノアトリエ


NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」の主題歌である「ヒカリノアトリエ」ですが、数回ほど聴いただけで、ほとんどライブで聴くのがはじめてという曲でした。
主題歌として一番だけを聴いたときは、そこまでいい曲だとは思わなかったのですが、ライブの流れがあって、生演奏があって、そしてフルで聴くととっても感動してしまい、早く音源を聴きたいと思っていました。
こういう曲調の曲は、そう感じるパターンが多いですね。ライブ化けするというか、スルメ曲というのでしょうか。

ヴェールがかかったようなノイズのある状態から開けるようなイントロで始まりますが、これは以前のNHK連続テレビ小説の主題歌だった、ゆずの「雨のち晴レルヤ」と似たような始まり方に感じました。
NHK連続テレビ小説の主題歌はNHK連続テレビ小説の主題歌っぽい曲が採用されるのでしょうか。
マーチング系が多いですし、サビに向かってメロディが開けていくようなイメージがある曲が多い気がします。

「Mr.Children Hall Tour 2016 虹」のMCでも語っていましたが、雨上がりの空にいつも虹が架かるわけではないけど、上を見なければ、もし虹がかかった時にそれを見逃してしまう、ということがテーマですが、このテーマに沿っているために、メッセージ性がとっても強いですよね。

シークレットトラックの「Over」のMCでもありますが、自分も好きなのですが、明るい曲調で物悲しい歌詞っていうのに人は魅力を感じたり、感動しますよね。
「ヒカリノアトリエ」は少しそれとは外れるかもしれませんが、マーチング系の歩きたくなるような、楽しくなるようなメロディに、未来への不安と、あるかもしれないし、ないかもしれない希望を歌っていて、その不安と希望の絶妙なバランスが歌詞から伝わってきます。

2番のサビの部分なんて本当に共感を生みますよね。

過去は消えず
未来は読めず
不安が付きまとう
だけど明日を変えていくんなら今
今だけがここにある


「未来は読めず」という歌詞は本当にすごいと思います。
未来は不確定ということを歌う歌詞はたくさんありますが、それを「未来は読めず」と表現することで、不安だから、未来を予測するけど、やっぱり未来はわからない、だから不安なんだ、ということが伝わってきます。

まだ数回しか聴いていませんが、今のところここにグッときます。

演奏は、やはり分厚く生演奏としての構成が聴いていて気持ちいいですね。
ヒカリノアトリエでツアーをしたからできた曲なんだと実感します。
実際に曲の中で、かなりツアーで行われたセットリストの曲のアレンジなどが活きているのかなと、思えるような要素がたくさんありました。
とくにアレンジでは、ライブ終盤で演奏した「通り雨」の要素がかなり強いかなと感じます。
ライブを周り、様々なリハーサル、本番を行なったからこその曲ですね。

ボーカルに関しては、Aメロのボーカルのオクターブハモがすごくいいです。
メッセージ性の強い曲なのか、音源のボーカルもかなり前にきていますし、桜井さんの歌い方も今まで以上に一音一音にこだわった歌い方をされているような気がしました。

ヒカリノアトリエでスタジオ録音した「ヒカリノアトリエ」ですが、シンプルな4人だけのアレンジや弾き語りバージョンも聴いてみたいと思いました。

02. つよがり (Studio Live)


今回は新曲としてのカップリングはありませんでしたが、リアレンジされた音源、ライブ音源が、言うまでもなくどれも素晴らしいです。
とくにスタジオ録音した3曲は、曲のチョイスがファン泣かせですよね。どれも大好きな曲です。

「つよがり」は、とにかく濃厚に仕上がっています。
シンプルにしても、メロディが映えるこの曲をヒカリノアトリエアレンジで後半は盛り上がりをもたせています。この進行は少し演奏にボーカルが埋没してしまうというか、いい意味でボーカルも楽器のひとつとして構成されているアレンジな気がしました。

03. くるみ (Studio Live)


元気な「くるみ」です。
「くるみ」は「くるみ -for the Film- 幸福な食卓」が好きだった時もありますが、やっぱり原曲アレンジの方好きですので、このアレンジは大好きです。
原曲アレンジのベクトルで進化させた構成が素晴らしいです。
これは小春さんのアコーディオンがまたいいですね。

04. CANDY (Studio Live)


真打登場じゃないでしょうか。
それこそアルバム曲であまりライブで聴ける機会もないこの曲を久々に新しい音源として聴けただけでもうれしいです。

ヒカリノアトリエでアレンジしているので、かなり壮大な構成になると思わせつつ、ミニマムな世界観を表現しています。
それこそお伽話の世界の中のような感覚がありました。
スタジオ録音の3曲の中では一番アレンジが好きでした。

05. ランニングハイ (虹 Tour 2016.11.7 FUKUI)


ここからはライブ音源。
ガラリと雰囲気を変えて、アップテンポな2曲が楽しめます。
まず、「ランニングハイ」。これはそもそももうライブでは聴けないと勝手に思っていましたから、ツアーで演奏を聴いた時は歓喜でしたね。

「Mr.Children HOME TOUR 2007」の若い伸びのあるボーカルではなく、渋く絞り出すような、シャウトに近い歌い方がかっこいいです。
この曲は金管がいなくちゃはじまらないですし、ヒカリノアトリエでの演奏は必然的な流れだったのかもしれません。

06. PADDLE (虹 Tour 2016.10.14 KUMAMOTO)


「PADDLE」もなかなかライブでは演奏しないですし、聴けたことがうれしいです。
で聴いて、やっぱりかっこいいとなりましたが、こうやって音源になっても疾走感があってたまりませんね。
1番はギターボーカル、2番からはハンドボーカルになっているので、歌い方の変化も楽しめます。

07. [Secret Track]


こちらは25秒のブランクトラックです。

08. [Secret Track](Over)


そしてびっくりしたのが、シークレットトラックです。
本当にトークかなにかが入っていると思っていたので、衝撃的でした。
行けただけで幸運だった、ですが、その時の弾き語りコーナーでは聴けなかった、「Over」が収録されているなんて

弾き語りは自分がアコースティックギターが趣味なだけあって大好きですし、Mr.Childrenの中でもかなり上位に好きな、「Over」の弾き語りが音源として聴けるなんてたまりませんね。

それこそ、音源としては、「Mr.Children DOME TOUR 2005 -I LOVE U- FINAL IN TOKYO DOME」ぶりですもんね。ずっと待っていました。
しかも、1番を歌いきったと思ったら、この曲に関する解説がはじまり、そしてまた2番に戻るという構成がまたいいですね。

この解説はここでは詳しく触れませんが、ぜひ聞いてみてください。
先ほどの、「ヒカリノアトリエ」でも触れましたが、明るいメロディに悲しい歌詞の王道パターンについて、桜井さんが触れていて、やっぱり狙っていたのか、しかも23歳でこの曲をつくったのか、やっぱり天才だと感じました。

スタジオ録音音源に、ライブ音源とそれだけでうれしかったのに、さらにこのシークレットトラックは、素晴らしいサプライズでした。

まとめ


25周年の幕開けにふさわしいニューシングル『ヒカリノアトリエ』でした。
いい意味で、シングル曲という感じに、ファン泣かせのカップリングな構成が素晴らしかったです。

次のシングル・アルバムも楽しみです!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 4 )

No commented yet.

  1. […] 【音楽】25周年開幕!Mr.Children、2年2ヶ月ぶりのNew Single『ヒカリノアトリエ』全曲レビュー! | SPOT NOTE BLOG […]

  2. […] 【音楽】25周年開幕!Mr.Children、2年2ヶ月ぶりのNew Single『ヒカリノアトリエ』全曲レビュー! | SPOT NOTE BLOG […]

  3. […] 【音楽】25周年開幕!Mr.Children、2年2ヶ月ぶりのNew Single『ヒカリノアトリエ』全曲レビュー! | SPOT NOTE BLOG […]

  4. […] 【音楽】25周年開幕!Mr.Children、2年2ヶ月ぶりのNew Single『ヒカリノアトリエ』全曲レビュー! | SPOT NOTE BLOG […]

*