【旅行】姫路の旅 日本庭園「好古園」編

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

こんばんは、シカコです。
お花見シーズンだというのに、ここ数日4月とは思えない寒さ続きで動揺を隠せません。
ですが地域によっては桜と雪という幻想的な風景を拝むことができたと聞き、ちょっぴり羨ましかったり。
さて先日の日記でも姫路城についてお話しましたが、今回も姫路旅行記です!

姫路城を満喫したあとはこちらにも足を!


まずは姫路城のお隣さん、姫路城西御屋敷跡庭園「好古園」について!
発掘調査で確認された西御屋敷跡などを活かして造られた、とても広大な日本庭園です。
姫路城を借景として造られており、城下からの眺めとはまた違った雰囲気でお城を楽しめます。
来園した日は姫路城がグランドオープンした当日3月27日、桜満開まであとすこしの時期でした。

好古園入り口

広い庭園のなかをちょっぴりご紹介


受付をすませたらどどーんっと立派な景観が!…というわけではなく、すこし歩きます。
なが〜く続く白塗りの壁がまるで迷路のよう。

好古園通路

白塗りの壁をたどりながら歩いていると、タイムスリップしたような感覚になります。
突き当たって建物内に入り、渡り廊下にでると…

好古園渡り廊下

流れる川が段々になってる!

好古園渡り廊下2

広い!立派な鯉がたくさん泳いでらっしゃる!
かなしすぎるほど安直な感想、、、とにかくスケールに圧倒されました。
すこし歩いたところでは陽当たりのおかげか、一足早く桜が咲いていた場所もありました!

好古園桜

おわりに


他にもお茶室や竹の庭などがあるのですが、観るのに夢中で写真は撮れず…。
久し振りに自然に囲まれ和やかな気分でお散歩できました。
日本庭園っていいですね、あんなお庭があるお家で暮らしたいなあ(笑)
それこそ一年中楽しめる景観で、パンフレットに載っていた紅葉や雪化粧した庭園が本当に素敵でした!
是非この目で拝みたいものです。

ではでは今日はこの辺りで、失礼いたします。
次回はご当地グルメ編を!……できたらいいなっ(笑)

追記:
本記事の続編となる「姫路のご当地グルメ」についての日記を更新しました!
是非ご覧ください〜!(2015年4月20日更新)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

*