【旅行】世界屈指のパウダースノーを楽しもう!試される大地・北海道旅行 in 2017 〜ニセコ編〜

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

昨年に引き続き、シーズン納めはやっぱりニセコに行ってきました!
今回は、4泊5日間ということでたっぷり、スキー場を堪能してきました。

風が強くて、なかなか「ニセコユナイテッド」を行き来することが難しかったのですが、4つのスキーエリアはどれも個性があって楽しめました。
4日間スキー・スノーボードをするということも今まで経験してなかったので、これもまた楽しかったですね。やっぱり最初の頃は雪に慣れるのに時間がかかるので、後半にいくにつれて動きもよくなりますからね。
でも体力的な限界も近付きそうだったので、3〜4日間がちょうどいいんじゃないでしょうか。スキー・スノーボードは。でも帰りがけに、なんだか物足りないっていう気持ちにもなっちゃいました(笑)

初日の札幌では、海鮮丼と「円山動物園」を楽しみました。



ニセコユナイテッドとは


trailmap

四つのスキー・スノーボードエリアが一つに集まったのが「ニセコユナイテッド」
1つ1つのエリアとコースは広大で、ユーラシア大陸からの季節風によってもたらされる雪雲はパウダースノーが特徴です。

1日目は「ニセコHANAZONOリゾートエリア」「ニセコグラン・ヒラフエリア」を滑走。
2日目は「ニセコビレッジエリア」と、「ニセコアンヌプリエリア」を滑走。
3日目は「ニセコビレッジエリア」「ニセコHANAZONOリゾートエリア」「ニセコグラン・ヒラフエリア」を滑走。
4日目日は「ニセコHANAZONOリゾートエリア」「ニセコグラン・ヒラフエリア」を楽しみました!

ニセコ山という1つの山の半分の斜面のすべてがスキー場という広くて、雪質も最高なスキー場です。
ずっと憧れの場所でして、去年はじめていって、期待以上に楽しめたので、今年も行って参りました。

基本的にマイナス10度前後なので、とっても寒いですが、しっかり防寒してスキー・スノーボードを楽しみましょう!
毎日雪が降るので、パウダースノーがずっと楽しめます。ただ、今回の行程のように風が強くなってしまうと、全山を行き来するのが難しいので、注意が必要ですね。
それでも、「ニセコグラン・ヒラフエリア」に宿泊すれば、「ニセコアンヌプリエリア」以外はなんとか行き来することができます。

私のお気に入りは、横に広く、林の中を滑走できる、「ニセコアンヌプリエリア」なので、風が吹いてしまうとアウトなんですけどね。
今年は1日しか楽しめませんでした。なので、風がない日は「ニセコアンヌプリエリア」にとりあえずいって楽しむのが賢いかもしれません。



ニセコグラン・ヒラフエリア


hokkaido-niseko-2017_30

ここは「ニセコユナイテッド」の中心エリアです。
施設も最新式が多いです。「ニセコHANAZONOリゾートエリア」の方がもっとリニューアルしてたかな?

ここは宿泊していたエリアということもあって、主にナイターで楽しみました。
ナイターなのに、全長1,719mある、「エース第2クワッドセンターフォー(4人乗り)」で、早く駆け抜ければ6分ほど、ゆっくり楽しめば20分ほど滑走できます。
ナイターなのに、林の中も滑走できて、スリル満点です。



【レビュー】これぞ正統進化!電子式ブレ補正機能に防水機能がついた「GoPro HERO5 Black」
【レビュー】驚くほど滑らかなビデオが撮影できる!GoPro純正品のスタビライザー「Karma Grip」

こちらは「GoPro HERO5 Black」で撮影した滑走動画です!
こうやって滑走している様子を動画で残せるのはいいですね。
スタビライザーである「Karma Grip」を使ったので滑らかです。

後述しますが、宿泊エリアもたくさんの飲食店、ショップが充実していて宿泊するにもオススメですよ。
昨年からもかなり進化していました。

ニセコビレッジエリア


hokkaido-niseko-2017_38

このエリアは初・中・上級向きの正統派ゲレンデという感じでしょうか。
なんとなくストイックなゲレンデです。上級コースが一本あり、平行して中級コース、それぞれを経由するように初級コースが蛇行しています。
しっかり自分の滑りを確認するのにオススメなエリアです。

こちらのエリアは「ニセコグラン・ヒラフエリア」の上の方から200m歩きます。風が強くてもいけます。



【レビュー】GoPro純正バックパックはアウトドアに最適だった!どんなアクティビティにもばっちり!「GoPro Seeker」

この動画では、「Karma Grip」をGoPro公式バックパックである「Seeker」に接続して撮影しています。両手が空くので、柔軟に滑走できました。
「Seeker」はペッドボトルや一眼レフも持ち運べるので、滑走をはじめとするアクティビティにぴったりのバックパックだと思います。

ニセコアンヌプリエリア


hokkaido-niseko-2017_41

今年は風のせいであんまりいけなくて残念でした。
とにかく横にも縦にも広くて、ゲレンデというより山をそのまま滑っているような感覚になるエリアです。
林の中に入るのもよし、のんびり滑るのもよしの初・中級向きエリアですね。

ニセコHANAZONOリゾートエリア


hokkaido-niseko-2017_70

このエリアはとっても長い!
角度もゆるく初心者にぴったり・・・と昨年まで思っていたのですが、「ストロベリーフィールド」という非圧雪の森林コースが最高でした。
ベルがコースに設置していて、鳴らすのが楽しかったです。非圧雪なので、その日ごとに全然ルートが変わるのも楽しいですよ。



ベルを鳴らしている動画です。なかなかスノーボードだと鳴らすのが難しいみたいですね。
動画の最初の方は、かなり曇っていますが、後半はとっても晴れています。全然コースの感じが違いますよね。
非圧雪ならではです。



今回はこのエリアにはまって、かなり滑っていました。
また下の方に滑っていくと、この動画のようななだらかなコースのサイドがあります。
そしてそのサイドにも森林コースがあって、奥が深いエリアでした。




GoProで撮影した動画などをアップロードしていますので、よかったらチャンネル登録してください。

ニセコグラン・ヒラフエリアのSTAY IN STYLE


昨年に引き続き「ニセコグラン・ヒラフエリア」「ニセコパークホテル」に宿泊しました。
こちらのホテルもちょっとリフォームされていました。さらに泊まり心地が良かったですよ。

予約は昨年に引き続き、「J-TRIP」です。

朝食はバイキング形式で、やはり外国人の方々がたくさん来られるので、和洋折衷のメニューが楽しめます。
そしてどれもおいしいです。

外国人の方々がたくさん来られるというか、むしろ日本人が私たちだけのような気がするほどです。

お風呂は日本百名山のひとつ「羊蹄山」の湧き水を沸かしています。
温泉ではないのですが、天然水のお風呂なので肌触りがいいですよ。

夕食はせっかくのニセコなので、ホテルでもらったガイドを参考に、街へ繰り出してみました。

カブキ1


hokkaido-niseko-2017_28

初日はお好み焼きです。「ニセコパークホテル」から5分くらいにある「カブキ1」
「カブキ2」は鉄板焼き屋さんです。

久しぶりに、セルフで焼くお好み焼きを楽しみました。

福゜福゜亭


hokkaido-niseko-2017_56

昨年に引き続き、やっぱりここは外せません。
とってもおいしいジンギスカンが楽しめるお店です。

「ニセコパークホテル」の受付で予約も受け付けてくれますし、なんと10%引きになるクーポンもくれます。ホテルから1分ほどにあるお店です。

チーズフォンデューレストラン グランパパ


hokkaido-niseko-2017_64

最終日はチーズフォンデュコースを楽しみました。
コース料理になっていまして、スープ、前菜、メイン、チーズフォンデュ、デザートを楽しめます。

hokkaido-niseko-2017_62

落ち着いた雰囲気の中、まったりチーズフォンデュを楽しみます。
「ニセコパークホテル」から徒歩10分ほどですね。
完全予約制なので、事前に電話をしておきましょう。

GREEN FARM CAFE


hokkaido-niseko-2017_88

自家農園直送の食材を使ったメニューのカフェです。
昨年ここのハンバーガーを食べて、ハンバーガーが好きになりました。

コーヒーを飲んで、帰りのバスを待ちます。

札幌ラーメン 雪あかり


hokkaido-niseko-2017_98



新千歳空港までバスで戻ったら、最後にラーメンです。
今回は、王道の札幌ラーメンを楽しみました。

熱々のスープであったまり、帰りの飛行機に乗り込みました。

まとめ


あっという間の5日間でしたね。観光もスキー・スノーボードも楽しめました。
ちょっと風が強かったのが残念でしたが、そのおかげで、新しい滑り方なども模索できました。

昨年と同じ週に行ったのですが、心なしか人が多かったような気がします。
海外でも絶賛されているのは聞いていましたが、さらにブームが来たのでしょうか。
日本人も少し増えていました。

来年も行きたいですね。必ず行きます!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

*