【レビュー】コンパクトなIPX5規格対応の防水Bluetoothスピーカー「Inateck BTSP-20」

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

Inateck MercuryBox」のレビューをしたところ、Inateckさんにサンプルの提供とキャンペーンのお知らせをうけたのでレビューとともに告知させていただきます。
「Inateck MercuryBox」は小ぶりとはいっても、重厚感があって、気軽な感じはありませんでしたが、今回提供してもらった「Inateck BTSP-20」はデザインや工夫がかなり普段から使うのにはいいと思いますので詳しくレビューしていきたいと思います。

71KRXuGQ70L._SL1300_



パッケージ


DSC08116

小ぶりのパッケージです。
音符などがあしらわれていてチャーミングですね。

DSC08118

内容物はこちらです。

・本体
・USB 充電ポート ケーブル
・3.5mm オーディオ ケーブル
・取扱説明書
・吸着カップ


吸着カップはなんで入っているのか不思議でしたが後ほど解説します。

デザイン


DSC08119

それではデザインをみていきましょう。
片手で掴める大きさです。
気軽に持ち運びできますね。

「Inateck MercuryBox」は重さもありましたが、すごく軽いです。

DSC08121

スピーカー面です。
黒いデザインがかっこいいですね。
価格以上の高級感があると思います。

DSC08123

底の部分にオーディオインと充電端子があるのですが、このカバーがしっかりしていて防水性が高いと感じました。
安心感があります。







マサキ



安心してください、防水ですよ。





DSC08124

パッキングを開くと端子が出てきます。
Bluetooth接続ではなくジャックで接続することもできます。

DSC08126

操作はこちらの面を使います。
「Inateck MercuryBox」と同じ構成ですが、光ったりはしません。

使ってみた


それではさっそくiPhoneと接続して再生してみましょう。

接続方法


接続方法は簡単です。スピーカーの電源ボタンをおして、Bluetoothの検索をするだけです。
ペアリングするときはスピーカー面に配置されたLEDが赤と青の交互に点滅します。
この製品はコスト的にランプはなしだと思っていましたので脱帽です。

ハンズフリーもできますし、十分なクオリティです。

防水性


実際にお風呂と水場で使ってみましたが問題ないです。

注意してほしいのは防水とはいえ水に沈めてもOKというわけではないという点です。
IPX5はBluetoothスピーカーとしてはトップクラスの防水性能ですが、「あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない(防噴流形)」というものなので、水場で使っても大丈夫というくらいにとらえることをオススメします。

湯船に落としてしまうとアウトですのでご注意ください。

DSC08128

このストラップが便利で、お風呂の中やアウトドアでしたら枝にひっかけたりできます。

DSC08134

先ほどの吸盤はスピーカーの裏面につけることで壁にくっつけることができます。
お風呂の壁や机にくっつけることができました。
お風呂に置く場所がないという人でも壁にくっつけることはできますよね。

音質


音質に関しては、この値段以上だと感じました。
「Inateck MercuryBox」の価格の半分くらいなのでかなりクオリティが下がると思っていましたがそんなことなかったです。
コストパフォーマンスという意味では「Inateck BTSP-20」が勝るかもしれません。
とくに低音がよく出るので、お風呂の中では響いて気持ちいいです。

バッテリー


最大6時間連続再生できます。
USBケーブルを通して、2時間で充電できますので使用でわずらわしさを感じることはないと思います。
お風呂に6時間以上入りませんもんね。

まとめ


今回サンプルとして「Inateck BTSP-20」をいただきましたが、とっても気に入りました。
小ぶりで多少乱暴に扱ってもいいような気がするので「Inateck MercuryBox」より活躍しています。
じっくり音楽を聴きたい人は「Inateck MercuryBox」がオススメです。

「Inateck」は価格以上の製品をリリースしていると思います。







マサキ



コストパフォーマンス抜群です!





「Inateck BTSP-20」は12/10現在セール中で35%オフとなっていますのでよかったら試してみてください。
年末いっぱい「Inateck」の他の製品もセールをしていますのでチェックしてみてください。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

*