【レビュー】Apple純正ケースと遜色ない機能、デザインのiPad Air 2用ケース「inateck TP1002」

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

iPhoneやiPadなどのApple製品はケースに入れないことを前提としてジョブズがデザインしたと言われていますね。
実際に僕もiPad Air2はケースに入れて使うことはしてきませんでした。
しかし以前画面保護シートのときにも述べたように結構床に落としてしまったりして、ガラスフィルムにヒビが入ったり、逆にフローリングが凹んだりといろんなところに被害が及んでしまうんですよね。
もう一年以上使っているiPad、もっと大事に使っていきたいなとおもい、今更ながらカバーを購入しました。

inateckのiPad Air 2用レザーケース「TP1002」です。

Inateck iPad Air 2



パッケージ


Inateck iPad Air 2

包装は極めてシンプルで、ジップがついたビニールのみです。

デザイン


Inateck iPad Air 2

PUレザーの質感が良いですね。カバーにはマグネットが付いているので開くだけでロックが解除できます。
カバーを閉じた時のズレもほとんどないので、カバンの中で勝手に開くということもなさそうです。

サイズは24.3 x 17.4cmで、対応機種はiPad Air 2に対応しています。

ブラック以外の他のカラーはブルー、グリーン、ブラウン、バラ色があります。
バラ色ってネーミングが不思議ですね。

バラ色



ちなみにこんな色。

Evernote Camera Roll 20160319 144958

裏面の厚みは2、3ミリ程度でしょうか。
若干電源ボタンが押しにくくなりますが、カバーを閉じれば画面は消えるのでスクリーンショットを撮るときくらいしか気になるときはないと思います。

ライトオフ

カバーを閉じると自動で画面が消えるのは便利です。
純正カバーもそういう機能がありますが、このお値段で実現はいいですね。

カバーを折りたたんでムービー鑑賞も


Evernote Camera Roll 20160319 145358

カバーを折りたたんで自立させられます。なかなかの角度ですね。
あまりこういう風に立てて使いはしないかもしれません。映画などを見たりするのにはちょうどいいかもしれませんね。

逆にタイピングする時は逆に立てるといいかもしれません。

ケースをつけるメリット


・iPad本体を傷から守れる。画面、背面どちらも守れるので傷が気になる方にオススメ。
・ロックをかけていなければカバーの開閉ですぐ使えるので便利。


ケースをつけるデメリット


・軽さが売りのiPad Air 2がケースをつけることによって重くなってしまいます。
・ロックをかけている場合はカバーをめくる→パスコードをいれるor TouchIDを使うという二重のステップが必要となる。
・物によってはLightningケーブルがカバーのサイズと合わず、使えなくなることも。純正品は普通に使えます。


まとめ


久々にiPadケースを使ってみましたが、やはり蓋を閉めるだけで画面が落とせるのは良いですね。
Apple純正の風呂蓋カバーは買ったことがないので比較できないのが残念ですが、こちらの製品も同じくらいのクオリティなのではないでしょうか。

1,500円とiPad用品としては割と安価なため、手も届きやすいのが良いですね。
レザータイプもいいですが、後からフェルトタイプも見つけてしまい、こっちも悪くないなと思いました。
こちらはポケットなどもついているようなのでケーブル類も入れられて便利そうです。

ケースを新調するとそろそろこのヒビの入ったガラスフィルムも交換しなければいけない気になってきます…
フィルムも厚みだーとかラウンドエッジ加工(フィルムの縁のアールの滑らかさ)とかで、製品の仕上がりにばらつきがあるみたいなのでいつも迷っちゃうんですよね。
とりあえずAmazonのレビューを見て、ウィンドウショッピング気分を味わいつつ探そうかなと考えています。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

*