【レビュー】MacBookにUSBを接続しよう!アルミニウムボディがApple製品にマッチする「Inateck USB3.0 4ポートハブ Type-C」

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

先月に「MacBook」を購入しましたが、やっぱりたまにUSBを接続したい時があるんですよね。
そこで、Type-Cに接続できるInatechのUSB3.0 4ポートハブを試してみました。

Inateck USB3.0 4ポートハブ ユニボディハブ Type-C機器対応



パッケージ


Inateck USB3.0 4ポートハブ ユニボディハブ Type-C機器対応_6

パッケージはシンプルなポール紙製です。
Inatechはケーブルやハブなどはこのように安価を実現するためにパッケージのコストを削減してそうですね。

Inateck USB3.0 4ポートハブ ユニボディハブ Type-C機器対応_5

中身も本体がひとつ入っているというシンプルさ。
潔いです。ハブに使い方もなにもありませんしね。

スペック


転送速度:理論値最高5Gbps
重量:59g
寸法:96 x 30 x 21mm
ケーブルの長さ:30cm


過電圧/過電流/漏れおよび短絡保護装置もあるそうです。
これは安心です。

デザイン


Inateck USB3.0 4ポートハブ ユニボディハブ Type-C機器対応_4

シンプルながらも流石のクオリティです。
Apple製品にマッチするアルミボディが美しいです。

Inateck USB3.0 高速ハブ 7ポート」も愛用していますが、Macと使ってて違和感がないんですよね。

Inateck USB3.0 4ポートハブ ユニボディハブ Type-C機器対応_3

USB Type-Cです。
可も不可もなく、接続も問題ないです。

ケーブルは30cmなので、ちょうどMacBookのサイドに収まります。
これ以上長いと邪魔ですしちょうどいい長さだと思います。

Inateck USB3.0 4ポートハブ ユニボディハブ Type-C機器対応_2

USBポートはサイドに3つと先っちょに1つあります。
先っちょについているポートはiPhoneと接続するなど、接続しながら使うデバイスと接続するのがオススメです。
ケーブルの流れが自然になります。

Inateck USB3.0 4ポートハブ ユニボディハブ Type-C機器対応_1

MacBookと接続しました。
MacBookはローズゴールドなのですが、なかなか合いますね。
シルバーのほうがもちろんマッチしますが、デザイン自体がApple製品と統一感があるので、色の違いがそこまで気になることはないと思います。

まとめ


MacBookのUSBType-Cだけを搭載した潔さには美意識を感じますが、やはりUSBを接続したい時がありますよね。
僕はiPhoneもそうですが、とくにカメラを接続したいときが多かったので、「Inateck USB3.0 4ポートハブ Type-C」はかなり便利だと感じました。
出先でブログを書く時に、写真の取り込みができると、MacBookだけで執筆が完結できますので。

強いて言えば、先っちょのUSBポートはType-Cにして、MacBookを充電しながらポートが使えるとよかったです。
しかし、カメラの接続程度の短い時間でしか利用しないので、今の所困ることはありません。
データの取り込みなど短時間での接続をしたい人にはオススメできます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

*