【レビュー】iPadはここまで進化した!地球上で最も先進的なディスプレイという謳い文句に偽りなし!「iPad Pro 10.5インチ Wi-Fi+Cellular」

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

本日2017年06月13日は、新しくなった「iPad Pro」の発売日です。
12.9インチはスペックアップし、9.7インチはサイズはほとんど同じ大きさで、10.5インチのディスプレイに進化しました。

私は去年に「iPad Pro 9.7インチ」を購入しましたが、買い換えました。
購入したのは「iPad Pro 10.5インチ Wi-Fi+Cellular」です。

ipad-pro-10-5inch

カラーはスペースグレイです。
最近はローズゴールドにハマっていましたが、飽きてきたことや、ホワイトカラーのセラミックモデルである「Apple Watch Edition Series 2」を購入したこともあって、原点に立ち戻り、Apple製品を再度モノトーンで揃えたいなと考えた故です。

容量は256GB
冷静に考えるとかなり大容量。
私はNASやクラウドに依存しているので、あまり容量はいらないのですが、64GBだと物足りないので、その次の容量である256GBです。
もうラップトップや「MacBook」と容量が変わらないですね。今回から「iPad Pro」は最大容量が512GBです。

以前はスペック的にそろそろ買い換えなければ・・・と思ったら買い換えていたのですが、もう新機種が出るたびに「iPad」は買い換えています。
初代「iPad」からずっと「iPad」を愛用してきたので、「iPad」は毎年買い換えても、おつりがくるほど価値を生み出します。
さらに今回は10.5インチというNEWサイズなので、試してみたくなってしまいますよね。

いろいろ言い訳しましたが、購入したので、しっかりとレビューしていこうと思います。




パッケージ


ipad-pro-10-5inch_4

ダンボールから取り出して、パッケージのかっこよさに惚れ惚れ・・・
今回は画面を大きくしたんだぞ!というAppleの主張がデザインに現れていますね。

ipad-pro-10-5inch_1

シルバーモデルは壁紙が違います。
カラーリングによって、壁紙が違うみたいですね。

ipad-pro-10-5inch_3

開封の儀です。
まず、思ったのが、スペースグレイってかっこいい・・・でした。
白は膨張色なので、ディスプレイが小さく感じるのですが、黒はそういったこともないです。
ディスプレイのベゼルが黒だとデザインも締まります。

ipad-pro-10-5inch_2

内容物はこちら。

・iPad Pro 10.5インチ Wi-Fi+Cellular
・Lightning - USBケーブル
・USB電源アダプタ
・説明書


いつも通りですね。

スペック


買い替え前のモデルである、「iPad Pro 9.7インチ」との比較表です。

ここをタップして表示Close
iPad Pro
10.5インチ
iPad Pro
9.7インチ
価格Wi-Fiモデル
64GB:69,800円
256GB:80,800円
512GB:102,800円
Wi-Fi+Cellularモデル
64GB:84,800円
256GB:95,800円
512GB:117,800円
Wi-Fiモデル
32GB:66,800円
128GB:84,800円
256GB:102,800円
Wi-Fi+Cellularモデル
32GB:82,800円
128GB:100,800円
256GB:118,800円
プロセッサーA10X(64bit)
M10(モーションコプロセッサー)
A9X(64bit)
M9(モーションコプロセッサー)
ディスプレイ10.5インチ(2,224 x 1,668ピクセル、264ppi)
フルラミネーションディスプレイ
反射防止コーティング
広色域ディスプレイ
True Toneディスプレイ
ProMotionテクノロジー
9.7インチ(2,048 x 1,536ピクセル、264ppi)
フルラミネーションディスプレイ
反射防止コーティング
広色域ディスプレイ
True Toneディスプレイ
iSight1,200万画素
f値1.8
Live Photos
True Toneフラッシュ
バーストモード
「Focus Pixels」オートフォーカス
パノラマ(最大63メガピクセル)
1,200万画素
f値2.2
Live Photos
True Toneフラッシュ
バーストモード
「Focus Pixels」オートフォーカス
パノラマ(最大63メガピクセル)
FaceTime700万画素
1080p HDビデオ撮影
バーストモード
<パノラマモード
Retina Flash
500万画素
720p HDビデオ撮影
バーストモード
<パノラマモード
Retina Flash
動画撮影4Kビデオ撮影(3,840 x 2,160、30fps)
1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)
True Toneフラッシュ
1080p(120fps)および720p(240fps)のスローモーションビデオに対応
連続オートフォーカスビデオ
再生ズーム
4Kビデオ撮影(3,840 x 2,160、30fps)
1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)
True Toneフラッシュ
1080p(120fps)および720p(240fps)のスローモーションビデオに対応
連続オートフォーカスビデオ
再生ズーム
BluetoothBluetooth 4.2Bluetooth 4.0
Wi-Fi802.11a/b/g/n/ac802.11a/b/g/n/ac
Touch ID○(第2世代)○(第1世代)
センサーTouch ID
気圧計
3軸ジャイロ
加速度センサー
環境光センサー
Touch ID
気圧計
3軸ジャイロ
加速度センサー
環境光センサー
バッテリーWi-Fi:最大10時間
3G/LTE:最大9時間
Wi-Fi:最大10時間
3G/LTE:最大9時間
容量64GB
256GB
512GB
32GB
128GB
256GB
サイズ250.6 mm × 174.1 mm × 6.1 mm240 mm × 169.5 mm × 6.1 mm
重量469 g(Wi-Fiモデル)
477g(Wi-Fi+Cellularモデル)
43 7g(Wi-Fiモデル)
444 g(Wi-Fi+Cellularモデル)
カラーローズゴールド
ゴールド
スペースグレイ
シルバー
ローズゴールド
ゴールド
スペースグレイ
シルバー


まずは見た目が変わりましたね。
ディスプレイが9.7インチから10.5インチに大きくなっています。
さらに最大で120Hzのリフレッシュレートが得られる、新しいProMotionテクノロジーが採用されています。

120Hzだとかなり滑らかに動画を楽しめますね。またディスプレイのリフレッシュレートはコンテンツの動きに合わせて自動調整されるので、消費電力を抑える工夫がされています。

このおかげで「Apple Pencil」の反応がさらに向上し、レイテンシが業界最高水準の20ミリ秒にまで軽減されています。

この進化はProシリーズとして着実な進化でうれしいですね。

CPUもA10X Fusionチップが採用されているので、9.7インチに採用されていた、A9Xチップと比べ、CPUのパフォーマンスが最大30パーセント、グラフィックスのパフォーマンスが最大40パーセント高速になりました。

スペックアップしたのですが、価格は抑えてきましたね。
これはうれしいです。

全体的にスペックアップしましたが、さらに欲を言えば、大きさと重量は同じに抑えて欲しかったですね。これは次回モデルに期待かな。「iPhone 8」でディスプレイにTouch IDを搭載できれば、「iPad Pro」にも搭載できるので、さらにコンパクトにできるかもしれませんね。

デザイン


ipad-pro-10-5inch_8

まずは裏面からです。
スペースグレイは、ブラックというよりもシルバーに近いですね。
なかなか渋くてかっこいいです。「MacBook Pro」もスペースグレイをポチりました。
新しく発売する「iMac Pro」がスペースグレイだったので、私もProとつくApple製品はスペースグレイで揃えようかな。

ipad-pro-10-5inch_15

アップルマークもいいですね。
所有欲が満たされるデザインです。

ipad-pro-10-5inch_5

表面です。
最大の特徴である10.5インチディスプレイは、もうこれが正解だと思えるほどボディに収まっています。10.5インチディスプレイをみたあとだと、9.7インチが小さい・・・というよりベゼルが野暮ったいと思ってしまいました。

ipad-pro-10-5inch_6

発色もキレイです。
ベゼルが黒ですと、ディスプレイとの親和性が高いですね。

ipad-pro-10-5inch_7

ベゼルの薄さを実感しますね。

ipad-pro-10-5inch_11

セルラーモデルのラインも精度が高いですね。
9.7インチはここの作りが甘かったです。
マイクがデュアルになりましたね。

ipad-pro-10-5inch_9

今回も接続はLightningケーブルです。
これはそろそろType-Cになってほしいです。

こちらも上辺と同じく、スピーカーが設置されています。
上下合わせて4つのスピーカーがついています。

ipad-pro-10-5inch_10

反対側には「Smart Keyboard」と接続するためのポートがあります。
「Smart Keyboard」は購入しませんでした。

ipad-pro-10-5inch_13

こちら側にはSIMトレイがあります。後ほどSIMカードを挿入します。
SIMトレイの位置も9.7インチよりもっと角の方に移動しました。

ipad-pro-10-5inch_12

カメラは相変わらず出っ張っています。
これはAppleの美学的にどうなんでしょうね。

私はそもそもスマートフォンやタブレットで写真を撮らないので、スペックを落としてもいいので、カメラはフラットにしてほしいと思います。

ちなみにちなみに机に置いたときに、カタカタゆれると思ったのですが、9.7インチでも10.5インチでもそういうことはおきませんでした。

携帯性


「iPad Pro 9.7インチ Wi-Fi + Cellular」の444gから「iPad Pro 10.5インチ Wi-Fi + Cellular」では477gに33g、重くなっています。

サイズも240 mm × 169.5 mm × 6.1 mmから250.6 mm × 174.1 mm × 6.1 mmへと単体でもっても一回り大きくなった気がしますね。

比較画像を載せておきます。

ipad-pro-10-5inch_17

並べてみるとけっこう違いますね。
単体だと気にならないのですが。

ipad-pro-10-5inch_17

一回り大きいです。

ipad-pro-10-5inch_18

その分ディスプレイが大きくなりました。

ipad-pro-10-5inch_19

ただ、携帯性ということを考えると、今まで愛用していた「国立商店」のケースに収まりますし、私にとっては問題はありませんね。この先また9.7インチのサイズに戻ってくれるとさらに嬉しいですけどね。

9.7インチと比べて、大きくて重くなってるから、購入を渋るのはナンセンスですね。

ディスプレイ


ipad-pro-10-5inch

何といっても10.5インチの大きさが心地よいです。
私はよく電子書籍を閲覧すので、これ以上大きなディスプレイだと逆に読みにくくなるんじゃないかと危惧していたのですが、全然そんなことなかったです。

例えば、マンガで考えるとB6版のコミックの見開きが12.9インチとだいたい同じサイズですので、むしろ今までが小さかったのかもしれませんね。

True Toneディスプレイは「iPad Pro 9.7インチ Wi-Fi + Cellular」で1年以上使ってきましたが、これが素晴らしい仕事をしてくれます。
言われてみなければ気が付かない程度の色温度を変化させてくれているので、ディスプレイが環境によって浮きにくく、自然な発色になり見やすくなりました。

今回のディスプレイの最大の進化は最大で120Hzのリフレッシュレートが得られる、新しいProMotionテクノロジーが採用されていることですね。
先ほども記述しましたが、120Hzだとかなり滑らかに動画を楽しめます。

とくに私は「GoPro」で撮影した動画を見返すのに「iPad」を使っていたので、もっと滑らかに動画を再生してくれるようになったのがうれしいです。

疾走感のある動画などの臨場感が増しました。

またSafariなどで高速でスクロールするときも文字を追えるようになりましたね。

レスポンス


チップがA9XチップからA10Xチップに向上しています。
9.7インチに採用されていた、A9Xチップと比べ、CPUのパフォーマンスが最大30パーセント、グラフィックスのパフォーマンスが最大40パーセント高速になりました。

「iPad Air2」から「iPad Pro 9.7インチ」へ買い換えをしたときには、そこまで体感的な違いは感じなかったのですが、今回はディスプレイの進化もあるのかもしれませんが、サクサク感、ヌルヌル感がすごいです。

iOS11で、「iPad」はかなりソフトの面でも進化しますので、これは期待できますね。

バッテリー


バッテリーも「iPad Pro 9.7インチ」より変化なしの、Wi-Fiでは最大10時間、3G/LTEでは最大9時間です。
「iPad」に関しては「iPad Air」のからバッテリー切れの心配はなくなりましたね。

朝起きたときにバッテリーがフル充電なら、出先でバッテリーが切れるようなことはありません。

バッテリー容量が大きいので、付属のACアダプターですと充電が遅いので、急速充電器を使うことをオススメします。





セルラーモデルで0 SIMを使おう!


ipad-pro-10-5inch_14

「iPad Pro 9.7インチ」のときよりセルラーモデルを愛用しています。
タブレットでいつも通信するわけではないので、キャリア契約するほどではないけど、たまに使うかなという方に便利なのが、「0 SIM」です。

こちらは毎月500MBまでは、無料で通信できます。
格安どころかか0円で通信できるSIMですので、docomoの純正キャリアよりはスピードが落ちますが、保険として使うのはありだと思います。



Apple Pencilを使おう!


Apple Pencil MK0C2J/A
Apple Pencil MK0C2J/A
posted with amazlet at 17.06.13
Apple Computer
売り上げランキング: 592




「iPad Pro 9.7インチ」より「Apple Pencil」を使用していますが、これが便利。
アナログ的なメモができるので、「iPad」で有機的思考ができるのは助かります。

アイディアを出すために、落書きをよくするので、メモ帳の代わりに「iPad」を使うことで、ゴミも少なくなりました。

まとめ


使ってみてわるいところ、いいところをまとめてみました。

わるいところ


まずはカメラが飛び出ているところですね、こればっかりはどうにかならないのでしょうか。
「iPhone 6」からずっとなので慣れたといえば慣れましたがいつかフラットになってくれることを祈るばかりです。

9.7インチモデルに比べてサイズアップは残念です。
これも仕方ないのかもしれませんね。「iPhone 8」でぜひTouch IDをディスプレイに内蔵して、10.5インチモデルも9.7インチモデルのサイズに戻していってほしいですね。

ただ、比較せず単体で持てば、そこまで大きくなった感覚はないので、気になる程ではないです。

いいところ


ディスプレイの発色がやはりとってもいいです。
それに加えて、最大で120Hzのリフレッシュレートが得られる、新しいProMotionテクノロジーの採用が素晴らしいです。

「iPad Pro 9.7インチ」のレビューでProという名の通り、カメラ関係やイラストを描く人にはいいディスプレイだと思います、と書いていますが、さらに動画を扱う人にとっても素晴らしいディスプレイになりました。

10.5インチディスプレイのサイズ感がとってもナイス!
この大きさに慣れてしまうと9.7インチには戻れませんね。
12.9インチモデルですと、単純に持ち運ぶには向いていないのですが、気軽に持ち運べるボディのサイズで、最大限のサイズのディスプレイが10.5インチなのかなと感じました。

なんといっても今回の「iPad Pro 10.5インチ」はディスプレイの進化が素晴らしいですね。「iPad Pro 9.7インチ」は「iPad Air 2」から買い替えることは必須ではないと書きましたが、「iPad Pro 10.5インチ」は、9.7インチユーザーは買い替えることで満足できます。

「地球上で最も先進的なディスプレイ。」というキャッチフレーズがまさにぴったりな「iPad Pro 10.5インチ」のレビューでした。

Apple Pencil MK0C2J/A
Apple Pencil MK0C2J/A
posted with amazlet at 17.06.13
Apple Computer
売り上げランキング: 592

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

*