【レビュー】AirからProへ。プロフェッショナルをギュッと凝縮!「iPad Pro 9.7インチ Wi-Fi + Cellular」

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

さて、本日は新型iPad Proの発売です。
そこまで食指を動かさなかった、iPad Proが小さくなって(9.7インチ)再登場です!

正直なところ、スペック的には買い換えるつもりはなかったのですが、昨年末にちょっと話題になった0SIMを使いたかったこともあって、セルラーモデルを購入しました。
色はiPhone 6sとお揃いのローズゴールドです。容量は128GBです。
iPad Air 2でもあと数年は戦えましたので、必要にせまられて購入したわけではないのですが、やっぱり新製品はいいですね。

iPad Pro 9.7インチ ローズゴールド

サイズや重さはiPad Air 2と変化なしですが、見た目ではカメラが出っ張ってしまったものの、スピーカーが4角に設置されました。
中身はすごくアップしていますね、Apple Pencilが使えたり、広色域ディスプレイ・True Toneディスプレイが実現されました。
カメラも趣味ですので、発色のいいiPadで写真をチェックするのにも期待できます。

それではさっそく、「iPad Pro 9.7インチ Wi-Fi + Cellular」をレビューしていきます。
もちろんApple Pencilも購入しましたのでレビューしていきたいと思います。

パッケージ


DSC00778

いつも通り美しいパッケージです。
ここ数年はどのメーカーもパッケージにこだわっていますよね。Appleの影響でしょうか。
型番が刻印された梱包が目的のダンボールのパッケージも好きですけどね。

DSC00780

Apple製品の箱は後ろからカッターで開けるのが好きです。
新機種が出た時に売却することが多いので、こうすることで箱の劣化も防げますからね。

DSC00782

iPhone 6sぶりにApple製品を購入しましたが、シートがなんだからサラサラして不透明の素材に変わっています。

DSC00785

内容物はこちらです。

・9.7インチiPad Pro
・Lightning - USBケーブル
・USB電源アダプタ
・説明書


いつもと同じです。とりあえずiPad本体以外は使わないので箱にしまっておきます。

スペック


買い替え前のモデルである、iPad Air 2との比較表です。

ここをタップして表示Close
iPad Pro
9.7インチ
iPad Air 2
価格Wi-Fiモデル
32GB:66,800円
128GB:84,800円
256GB:102,800円
Wi-Fi+Cellularモデル
32GB:82,800円
128GB:100,800円
256GB:118,800円
Wi-Fiモデル
16GB:44,800円
64GB:55,800円
Wi-Fi+Cellularモデル
16GB:58,800円
64GB:69,800円
プロセッサーA9X(64bit)
M9(モーションコプロセッサー)
A8X(64bit)
M8(モーションコプロセッサー)
ディスプレイ9.7インチ(2,048 x 1,536ピクセル、264ppi)
フルラミネーションディスプレイ
反射防止コーティング
広色域ディスプレイ
True Toneディスプレイ
9.7インチ(2,048 x 1,536ピクセル、264ppi)
フルラミネーションディスプレイ
反射防止コーティング
iSight1,200万画素
f値2.2
Live Photos
True Toneフラッシュ
バーストモード
「Focus Pixels」オートフォーカス
パノラマ(最大63メガピクセル)
800万画素
f値2.4
バーストモード
1080p HDビデオ撮影(30fps)
スローモーション(120fps)
タイムラプスビデオ
FaceTime500万画素
f値2.2
720p HDビデオ撮影
バーストモード
<パノラマモード
Retina Flash
120万画素
f値2.4
バーストモード
720p HDビデオ撮影
動画撮影4Kビデオ撮影(3,840 x 2,160、30fps)
1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)
True Toneフラッシュ
1080p(120fps)および720p(240fps)のスローモーションビデオに対応
連続オートフォーカスビデオ
再生ズーム
1080p HDビデオ撮影(30fps)
スローモーション(120fps)
BluetoothBluetooth 4.0Bluetooth 4.0
ディスプレイ802.11a/b/g/n/ac802.11a/b/g/n/ac
Touch ID
センサーTouch ID
気圧計
3軸ジャイロ
加速度センサー
環境光センサー
Touch ID
気圧計
3軸ジャイロ
加速度センサー
環境光センサー
バッテリーWi-Fi:最大10時間
3G/LTE:最大9時間
Wi-Fi:最大10時間
3G/LTE:最大9時間
容量32GB
128GB
256GB
16GB
64GB
サイズ240mm × 169.5mm × 6.1mm240mm × 169.5mm × 6.1mm
重量437g(Wi-Fiモデル)
444g(Wi-Fi+Cellularモデル)
437g(Wi-Fiモデル)
444g(Wi-Fi+Cellularモデル)
カラーローズゴールド
ゴールド
スペースグレイ
シルバー
ゴールド
スペースグレイ
シルバー

大きな違いはカメラとディスプレイですね。
それ以外は順当なスペックアップです。

iPad ProとiPad Air 2との間がまさにiPad Pro 9.7インチだと思います。

デザイン


DSC00793

まずは裏面です。ローズゴールドです。
ポチったあとに、iPadの大きさでローズゴールドはちょっと派手すぎかなと思ってキャンセルしてシルバーを注文しようかかなり悩んだのですが、届いてみれば大満足です。
上品なピンクってのがいいですね。シャアでいうとシャア専用ザクのサーモンピンクに近いですね。

DSC00799

iPhone 6sと並べてみました。
同じカラーです。色揃えるのなんだかいいですね。

DSC00789

横にしてみました。
こちら側にはSIMトレイがあります。後ほどSIMカードを挿入します。

DSC00805

反対側にはSmart Keyboardと接続するためのポートがあります。
Smart Keyboardは購入しませんでした。

DSC00807

セルラーモデルは今機種より、アンテナ部が線のデザインになりました。
これはデザイン上いい変更だと思います。
スピーカーが上辺の左右に設置されています。

DSC00812

こちらも上辺と同じく、スピーカーが設置されています。
上下合わせて4つのスピーカーがついています。

DSC00808

カメラはiPhone 6sと同じスペックになったのですが、出っ張ってしまいましたね。
個人的にはiPadではいっさい写真を撮らないので、むしろカメラなくていいと思うのですが、観光客でみかける外国人はバシバシiPadで写真撮ってますからね。
iPadのカメラの向上も求められているのでしょうね、次機種では出っ張りが無くなって欲しいです。
ちなみに机に置いたときに、カタカタゆれると思ったのですが、そんなことはなかったのでちょっと安心。

DSC00800

ディスプレイ側はiPad Air 2と変化なしです。今回はローズゴールドを選びましたので、Touch IDセンサーのリングがローズゴールドになっています。

iPad Air 2との比較


DSC00821

iPad Air 2との比較写真です。
サイズは変化なしですね。

DSC00824

厚みも同じです。

DSC00830

カメラ部分です。
やはりこの部分に関してはiPad Air 2のほうが美しいですよね。

DSC00834

こちらはiPhone 4のときからお世話になっています。国立商店のiPad Air用のケースです。
もちろんiPad Pro 9.7インチは対応しています。

DSC00837

横入れのケースとなっています。

iPadは裸で使いたい!でも持ち運ぶときには傷をつけたくないという方には本当にオススメのケースです。
作りもしっかりしていて、長持ちしますよ。iPad Airのときからこのケースは使っています。



携帯性


iPad Air 2とサイズ、重量変更なしですので、普段から持ち歩いていたので、iPad Pro 9.7インチももちろん持ち運びます。
iPad Proはさすがに大きくて、持ち運ぶのは大変そうですよね。

同等のスペックで9.7インチにまとまってくれたのは本当に助かります。

Wi-Fi+Cellularモデルは444gWi-Fiモデルは437gですのでペッドボトル一本以下の重さとなれば、常にカバンにいれておくのも問題ないです。
感覚的にはA4が入るカバンなら違和感なく収納できます。

ディスプレイ


iPad Air 2と比べると個体差もあるとは思いますが、だいぶ尿液晶ですね。
青味の強いディスプレイが好きだったので、少し残念です。

True Toneディスプレイ

しかし、True Toneディスプレイがかなりいい具合に働いてくれています。
言われてみなければ気が付かない程度の色温度を変化させてくれているので、ディスプレイが環境によって浮きにくい、見やすくなりました。

また広色域ディスプレイになりましたので、色の発色はとっても鮮やかに感じますね。
iPad Air 2もまったく問題なしなのですが、それ以上に単にビビットなわけではなく、色調が鮮やかになりました。
色の表現が多彩になったといいましょうか。

レスポンス


チップがA8XチップからA9Xチップに向上しています。
iPad Air 2に内臓されているA8XチップではA7との比較でCPUは1.4倍高速、グラフィックスは2.5倍高速となっています。
iPad Pro 9.7インチのA9XではA7との比較ではCPUは2.4倍高速、グラフィックスは4.3倍高速となっています。

ここまでくると体感的なレスポンスというか、作業感覚は変わりがないのですが、さすがに高負荷をかけた際にもたつかなくはなった気がします。
iPadはSplit Viewを使えるのでそういった意味ではスペックが高いのは保険という意味でもありがたいです。
ほとんどこの機能は使っていませんが。

iPhone 6sと同じチップですので、電源ケーブルにつないでいなくても「Hey Siri」で反応するようになりました。
「Hey Siri」というと、iPhone 6sとiPadが同時反応します(笑)

バッテリー


バッテリーもiPad Air 2より変化なしの、Wi-Fiでは最大10時間3G/LTEでは最大9時間です。
iPadに関してはiPad Airの時からバッテリーの心配はなくなりましたね。

朝バッテリーがマックスなら、出先でバッテリーが切れるようなことはありません。
それだけの持続力のあるバッテリーですので、もちろん容量が多いです。
付属しているアダプターでは充電が遅く、使いながらですと、メモリが増えない始末です。

急速充電器の使用をオススメします。




0SIMを使ってみよう!


DSC00815

今回よりはじめてセルラーモデルを購入しました。
年末に購入した雑誌についていた0SIMが役に立ちます。
こちらは毎月500MBまでは、無料で通信できます。
サブで使うiPadにはちょうどいいですね。

たまにiPadを出先で通信したいときがあるので、わざわざテザリングしないで済むのはありがたいです。

DSC00810

SIMトレイをあけます。

DSC00819

簡単ですね。0SIMはdocomoの通信網を使用しています。

理論値ではWi-Fi+CellularモデルのLTEも、12.9インチと比べ高速化しています。
iPhone 6sと同じく、LTE-Advanced対応で、理論値最高300Mbpsにまで対応
しかし格安というか0円SIMですので、docomoの純正キャリアよりはスピードが落ちると思いますね。
これはいれるSIM次第ですので、iPadとは直接関係はありませんね。

Apple Pencilを使ってみよう!


DSC00865

Apple PencilはせっかくiPad Proを購入したのならと思って一緒に購入しました。
特に絵を描く習慣があるわけがないのですが、いままでのタッチペンとはまったく違った感覚です。
本当に、鉛筆で線を描いているような感覚になりました。





まとめ


使ってみてわるいところを、いいところまとめてみました。

わるいところ


まずはカメラが飛び出ているところですね、こればっかりはどうにかならないのでしょうか。
iPhone 6、6sで慣れたといえば慣れましたがいつか凹んでくれることを祈るばかりです。

iPad Air 2からの買い替えに対しての魅力はない。
これは従来のiPadの使い方をしている人にとって特になにかが変わったとは言えないので、Apple信者やどうしてもApple Pencilが使いたいだとかの理由がない限り買い換える必要はないと思います。

いいところ


ディスプレイの発色がやはりとってもいいです。
Proという名の通り、カメラ関係やイラストを描く人にはいい液晶だと思います。

スピーカーが4つで音がいい!
気軽にスピーカーで動画や音楽を楽しめます。
今までiPadはお世辞にもスピーカーの音がいいとは言えなかったのですが、Proはとっても音に厚みが出ています。
これならBluetoothスピーカーに接続する必要はないかもしれません。

最大容量256GBが増えた!
これは待っていた人多いのではないでしょうか。
私は、iPadはそこまでの容量はいらないので、64GBが理想だったのですが、なくなってしまったために128GBを購入しました。
動画や写真をいれるのに、32GBですと心もとないんですよね。


やはり、iPad Proとしてのスペックアップになんらかの魅力を感じない場合は買い換える必要はないと思います。
しかし、Proとしての必要性があるならば使ってみると非常に満足のいくiPadだと思います。

またセルラーモデルは、0SIMと合わせて使うと本当に便利ですよ。
外では使わないよ・・・という方も0円なので差し込んでおいて必要なときにちょこっと使うだけでもかなり楽になるとおもいます。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

*