【レビュー】防御力は低め・・・でもiPhoneの裸の感覚と変わらず使える安価な「iPhone6s/6用アルミ製バンパー」

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

iPiPhone 6sのバンパーをもう少し軽くて丸みのあるものに変えたいと思い、ノンブランドの「iPhone6s/6用アルミ製バンパー」を試してみましたのでレビューしていきたいと思います。

iPhone6s-bumper9



以前使っていた「GRAVITY SWORDα」とは違って丸みのあるデザインです。



デザイン


色はシルバーで、角が丸みのあるデザインになっています。

iPhone6s-bumper3

内側にはクッションが付いているので、iPhone本体を傷つけることなく着脱することが可能です。

iPhone6s-bumper1

この商品はネジが必要なく、右下のストッパーでいつでも取り外すことができます!
これは楽でいいですね。意外とバンパーの隙間にゴミが溜まって汚れていることが多いので、定期的に外して掃除をする私にとってはとても便利です。

iPhone6s-bumper2

こんな感じでツメを外せば簡単に取れます。

iPhone6s-bumper4

スペック


対応機種:iPhone6/iPhone6s 4.7インチ
セット内容:ケース本体
材質:航空アルミ


航空アルミを利用しているとのことで軽くて頑丈です。
また上にも述べていますが、しっかりiPhoneと触れる部分には緩衝材がついていますので、iPhoneを傷つけません。

装着も今まで使っていた「GRAVITY SWORDα」とは違い、ワンタッチで装着できるのは便利ですね。
ただし、その分強度に不安はあります。

iPhone 6sに装着!


早速iPhone 6sにつけてみましょう!
表面の色が白なので、シルバーによく合っていいですね。
シンプルかつスタイリッシュな見た目になりました。

iPhone6s-bumper10

裏はローズゴールドなのでちょっとバンパーが浮いてしまうかな?
色がシルバーとゴールドの2色展開がなく、なくなくシルバーにしたのですが、ローズゴールドもあったらよかったな〜

iPhone6s-bumper9

近づくと更に色の違いが浮き出ますね。
こうやってよく見るとわかりやすいですが、普段使っているぶんにはそれほど違和感は感じません。
自然光の光の反射などで、本体に馴染んでいます。

iPhone6s-bumper7

下の部分も丸みのあるデザインに。
イヤホンジャックや充電口、スピーカーの部分もあまり隙間がないのでよりiPhone 6sにフィットしています。

iPhone6s-bumper5

音量ボタンの部分は完全に覆われて、ボタンの突出がしっかりしています。
また側面の上部と下部にはキーホルダーをつける部分もあるので、普段キーホルダーをつけて使っている人にも使いやすいデザインになっています。

iPhone6s-bumper8

電源側はこんな感じです。
こちらもボタンは覆われています。

iPhone6s-bumper6

使い心地


iPhone本来のカーブとバンパーのカーブが似ていますので、裸のときと使い心地が変わりません。
ケースの幅もなく厚ぼったくないので、持ちやすいです。

そして持った時にかなり軽いです!
これはいいですね。

また各種ボタンの部分が独立パーツで構成され、しっかり突出したデザインになっているので、非常に押しやすいです。

まとめ


とにかく軽いし、iPhoneに沿ったデザインなのがいいですね!
iPhoneをそのままで使っているようです。

バンパーが欲しいけど、野暮ったいのは嫌!という方にオススメです。
キーホルダーがつけられるのも便利です。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

*