【レビュー】iPhoneとiPadにいれて便利に連携!もっとスマートになれる10個のアプリたち

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

iphone-ipad-app-10

私はApple製品がとても大好きなのですが、その中でも一番必要で、明日からなくなったら非常に困るのはと問われたら、「iPhone」ではなく「iPad」だと答えます。普通、「iPhone」や「Mac」を選ぶと思うのですが、私の生活に最も結びついて便利に感じているのは「iPad」なのです。「Mac」もなくなったら困るんですけどね。

わりと「iPad」の存在価値ってあるの?だったり、作業をするなら「MacBook」でいいじゃんという意見もあるのですが、私はそれらの意見は「iPad」を「iPhone」の延長線上、「iPad」の延長線上に「MacBook」があると思っている方の意見かなと思っています。それも正しい意見ですけどね。

私は「iPad」を最大限に活用する方法は、とにかくビューアーに徹することだと考えています。
基本的に、ゴロゴロしているとき、電車に乗っているとき、ミーティングをしているとき、などに「iPad」は活躍するのですが、ライティングや軽い作業もできるビューアーとして捉えると「iPad」は非常に便利。

「iPad」でなんでもやろうとすると、不便に感じると思いますが、それは当たり前ですよね。適材適所という言葉があります。
「iPad」大好きとして、「iPad」に魅力を発信したいと思ったのですが、まずは「iPad」を持っている方がおそらくもっているだとう「iPhone」と組み合わせて「iPad」を活用してほしいと思いまして、まずは「iPhone」と「iPad」の両方にインストールしておくと、非常になアプリを紹介していきます。

先ほど、「iPad」はビューアーに徹するといいと述べましたが、不思議なことに「iPhone」で入力して「iPad」で閲覧すると便利なアプリと、「iPad」で入力して「iPhone」で便利なアプリがあります。





Evernote





まずは便利なのが、こちらです!
「Evernote」はたくさんのブログやサイトで便利さが紹介されていますが、やっぱり便利です。

iOS、macOSの「メモ」アプリも絶対使うべきいいアプリですが、「Evernote」も使っています。
「メモ」はポストイット感覚で思いつきや、アイディアや買いたいモノや些細なことを書き記す、まさにメモとして使いまして、「Evernote」はノートとして、ライティングだったり、ある程度まとまったアイディアを文章化するのに用いています。

こちらは「iPad」で入力して、「iPhone」で閲覧も便利ですが、逆もまた然りですね。
簡単に内容を確認したいときは、「iPhone」で閲覧、詳細に確認したいとき、編集もしたいときは「iPad」で閲覧します。

最近、無料ユーザーは2デバイスまでしか同期できなくなったので、連携させるデバイスが悩みますが、私は「iPhone」と「iPad」で連携させています。
「Mac」ならブラウザでアクセスできますからね。

Google カレンダー





お次はこちらです。「Google カレンダー」。これがないと生活できないほど依存しています。
私は、完全に予定は「Google カレンダー」でTodoは後述する「Todoist」しか使っていません。紙の手帳は使っていません。

予定やTodoに関してはアナログ手帳は必要ないと思っています。慣れの問題ですね。
しかし、アナログとしての記録、有機的な思考のために、A5の罫線ノートだけは常に持ち歩いてそちらも活用しています。

話が、逸れましたが「Googleカレンダー」。
これの最大のメリットはすべてのデバイスで予定を確認できるところです。これが紙の手帳にはないメリットですよね。
同じ予定を複数化することも簡単ですし、とにかく予定の入力が楽です。

そしてこれが、まさに「iPhone」で入力して「iPad」で閲覧するのにぴったりなケースですよね。
打ち合わせ時や移動中に予定を入力するのは「iPhone」の「Staccal 2」を使い、大きくスケジュールを把握するには「iPad」を使います。
紙の手帳と同じか大きい画面でスケジュールを把握できます。

通知も来ますしね。「Apple Watch」との連携も便利です。



Google フォト





同じくGoogleのサービスである「Google フォト」。これが無料でいいの?と思うほど便利です。
かんたんに言うと、「iPhone」の写真容量の圧迫に悩まされないですみますし、「iPhone」で撮影した写真をシームレスに「iPad」で確認できます。

せっかく撮影した写真は「iPad」でのんびり確認したいですよね。
友人へのアルバムのシェアも便利ですし、本当にオススメです。

iCloudでは容量の制限がありますが、「Google フォト」では無料で無限に容量が使えるのでいいですよね。
システムとしてもiCloudより便利です。



Todoist





先ほどちらっとでた、「Todoist」です。
Todo管理サービスでして、標準アプリである「リマインダー」を含めいろいろ試したところ、一番使い勝手がいいと感じました。有料でしか使えないサービスもあるのですが、基本的に無料で使っても便利です。

例えば標準アプリ「リマインダー」よりいいところは、Todoの中にTodoを入れることができることです。
他にも便利なのがリマインダー通知をいくらでも付け足すことができたり、簡単に「毎月」、「毎日」、「毎週火曜日と土曜日」のように繰り返し設定をできることでしょうか

こちらも「iPhone」で入力して、「iPad」でTodoを把握しています。

Moneytree





お次は資産管理です。銀行口座とクレジットカードを登録するだけで、自動的に資産管理ができる非常に便利な「Moneytree」ですが、現金の入力だけは手動で行わなければいけません。これは「iPhone」で現金を使ったときに入力します。

あとは現金も同期されますので、のんびり「iPad」でグラフをみながら、資産管理しましょう。
ただし「Moneytree」に関しては、あくまでも資産状況の把握をするサービスなので、別途、家計簿アプリやエクセルなどで資産管理をすることをオススメします。

LINE




LINE


LINE





Price: Free+




  • LINE Screenshot
  • LINE Screenshot
  • LINE Screenshot
  • LINE Screenshot
  • LINE Screenshot
  • LINE Screenshot
  • LINE Screenshot
  • LINE Screenshot
  • LINE Screenshot
  • LINE Screenshot
  • LINE Screenshot
  • LINE Screenshot
  • LINE Screenshot
  • LINE Screenshot
  • LINE Screenshot






「LINE」こそ「iPhone」と「iPad」で使うことが便利なアプリです。
なぜなら、「LINE」は「skype」のように複数デバイスでログインができませんが、1アカウントにつき、「iPad」と「PC」の2つには同時ログインできます。

私は家では「iPhone」は放置して、「iPad」しか使わないのですが、iPadでも「LINE」が使えるのは便利ですね。
「LINE」を複数デバイスで使いたいと思っていた方はぜひ「iPad」を使うことをオススメします。



Tweetbot




Tweetbot 4 for Twitter


Tweetbot 4 for Twitter





  • Tweetbot 4 for Twitter Screenshot
  • Tweetbot 4 for Twitter Screenshot
  • Tweetbot 4 for Twitter Screenshot
  • Tweetbot 4 for Twitter Screenshot
  • Tweetbot 4 for Twitter Screenshot
  • Tweetbot 4 for Twitter Screenshot
  • Tweetbot 4 for Twitter Screenshot
  • Tweetbot 4 for Twitter Screenshot
  • Tweetbot 4 for Twitter Screenshot
  • Tweetbot 4 for Twitter Screenshot
  • Tweetbot 4 for Twitter Screenshot
  • Tweetbot 4 for Twitter Screenshot
  • Tweetbot 4 for Twitter Screenshot
  • Tweetbot 4 for Twitter Screenshot
  • Tweetbot 4 for Twitter Screenshot






Twitterのクライアントである「Tweetbot」です。
「Tweetbot」というより「Twitter」も「iPad」で閲覧するのは便利ですよ。

「iPhone」よりもツイート数を把握できますし、やはり大きな画面は正義です。
ビューアーとしては「iPad」は非常に便利です。

外では「iPhone」、家では「iPad」という使い方もいいですね。
しっかりと読み込んだツイートが同期されるので、違和感なくタイムラインを追えます。

Reeder




Reeder 3


Reeder 3





Price: ¥600




  • Reeder 3 Screenshot
  • Reeder 3 Screenshot
  • Reeder 3 Screenshot
  • Reeder 3 Screenshot
  • Reeder 3 Screenshot
  • Reeder 3 Screenshot
  • Reeder 3 Screenshot
  • Reeder 3 Screenshot






最近はRSSを使っている人はあまりいないのでしょうか?

RSSのクライアントです。
私は情報収集はRSSをメインに使っていますが、大量の記事が毎日蓄積されていくので、記事の消化を工夫しないといけません。

移動中に「iPhone」で気になる記事のみチェックをつけて、落ち着いたら「iPad」でしっかり読み込むことをしています。
こうすることで効率的に記事を確認することができます。
またiCloudの「リーディングリスト」や後述する「Pocket」にも連携しますので、情報収集の川上として用いるのに非常に便利です。

Pocket




Pocket


Pocket





  • Pocket Screenshot
  • Pocket Screenshot
  • Pocket Screenshot
  • Pocket Screenshot
  • Pocket Screenshot
  • Pocket Screenshot
  • Pocket Screenshot
  • Pocket Screenshot






あとで読む系サービスです。
私はあとで読む系サービスとしてはiCloudの「リーディングリスト」を使っています。
こちらは「iPhone」、「iPad」、「Mac」のSafariで同期されるので、先ほどの「Reeder」で気になる記事や、ネットサーフィンをして気になったサイトをリーディングリストに登録しています。

あとで「iPad」や「Mac」で消化していくのですが、永久保存をしたいサイトや記事は「Pocket」に登録します。
そうすることで、「リーディングリスト」はどんどん消化していくことに特化「Pocket」では情報を蓄積することに特化して使い分けができるので、情報収集が整理されます。ひとつのサービスやアプリで2つ以上の目的を実行しようとするのは難しいですからね。

Kindle




Kindle


Kindle





Price: Free




  • Kindle Screenshot
  • Kindle Screenshot
  • Kindle Screenshot
  • Kindle Screenshot
  • Kindle Screenshot
  • Kindle Screenshot
  • Kindle Screenshot
  • Kindle Screenshot
  • Kindle Screenshot
  • Kindle Screenshot






こちらは「iPhone」でも「iPad」でもビューアーとしてしか使えないアプリですが、「iPhone」でも「iPad」でも「Kindle Paperwhite」でもしおりが同期されるので、状況によってデバイスを使い分けられるのが便利です。

基本的には論述系の読書は「Kindle Paperwhite」を使いますが、雑誌や写真がある本、マンガなどは「iPad」、満員電車などで軽く時間をつぶしたいときは気軽に「iPhone」で小説を読んでいます。

こんな風に使い分けるのが便利です。なんでも同じデバイスでやろうとしないことも、デバイスと付き合っていくコツでしょうか。




まとめ


「iPad」の魅力を伝えたいと思い、「iPhone」と「iPad」両方にインストールして連携させると便利なアプリを10個紹介しました。

他にもたくさんの便利なアプリがありますので、好評でしたらまた紹介していきたいと思います。

みなさんもオススメの「iPad」アプリがありましたら、ぜひ教えてください!



MPGT2J/A ゴールド iPad Wi-Fi 32GB 2017年春モデル(iOS)
Apple(アップル)
売り上げランキング: 4,781

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

*