【レビュー】すべてが美しい・・・フルスクリーン、デザイン、iPhoneを再定義した「iPhone X」

この記事を読むのに必要な時間は約 23 分です。

ついに、iPhoneの10周年モデルである、「iPhone X」が2017年11月03日に発売されました。

私は今回、アップルオンラインストアでSIMフリーを16時02分に予約できたので、格安SIMで運用するわけもなく、ドコモSIMで「iPhone X」を運用するという少しもったいない方法で、購入することにしました。

ドコモオンラインショップはさっぱり繋がらなかったですしね・・・毎年恒例です。

やはり予約待機をして、購入するのであれば、アップルオンラインストアが一番ですね。

iphone-x

購入したのは、「iPhone X 256GB スペースグレイ」です。

iPhone 7」からの機種変更です。

さて、購入した「iPhone X」ですが、とにかく5.8インチの「Super Retina HDディスプレイ」、つまりフルスクリーンのOLED(有機EL)が美しい・・・もう液晶ではなくなったんですね。
1,000,000:1コントラスト比というだけあります。はじめて「Retinaディスプレイ」を体感したときに、紙と変わらない・・・と感じましたが、今回はまさに紙、印刷物の発色を感じることができました。

上側のノッチなどがあるので、使い勝手はどうなのというフルスクリーンですが、個人的には「iPhone X」ではゲームをしたり、動画を観ることもないので、特に気にはなりませんね。

「Face ID」もいろいろレビューでは、「Touch ID」より使い勝手が悪いだとか、認証が遅いだとかありますが、個人的には便利だなと思っています。認証スピードは及第点でしょうか。

カメラも進化しましたね。広角レンズではF1.8、望遠レンズはF2.4の開口となかなかのスペックのデュアルレンズで、いままでPlusシリーズでしか使えなかった、ポートレートモードが使えるようになりました。インカメラでも使えますね。

「iPhone 8」より少し大きいサイズで、Plusシリーズと同じポートレートモードが使えるデュアルカメラを搭載したのは、かなりナイスなポイントです。
私は、一眼レフで撮影するので、スマートフォンではほとんど撮影しないので、「iPhone X」のカメラにグッときたわけではありませんが、スマートフォンで撮影する多くのユーザーには非常に魅力的なスペックです。

他にもスペックアップがあったりするのですが、やっぱりデザインがいいですね。
フレームはステンレススチールになったのがやはり美しいです。「Apple Watch」のようなデザインが堪りません。ステンレススチールケースのブラックの「Apple Watch」と統一感があるので、揃えて使いたいですね。

いろいろと、興奮してつらつらと書き連ねましたが、詳しくレビューしていきましょう。




パッケージ


iphone-x_1

ついに、到着しました。発表されてから1ヶ月以上待ちましたからね。

「iPhone X」のパッケージです。
ホームボタンがないフルスクリーンが印刷されていますね。

iphone-x_4

今回は必要もないのに、256GBモデルを購入しました。
プレミアム感があるモデルなので、せっかくなら最大容量。コストパフォーマンス度外視ですね。

iphone-x_5

フィルムを剥がして開封の儀です。

iphone-x_6

おなじみの「Designed by Apple in California」です。

iphone-x_7

おぉ・・・!!
美しい・・・ホームボタンがないのが、新鮮ですね。

iphone-x_8

内容物はこちらです。
今までと変化はないですね。

・iPhone X
・EarPods with Lightning Connector
・Lightning - 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ
・Lightning - USBケーブル
・USB電源アダプタ
・マニュアル


「iPhone X」は高速充電に対応していますが、USB-Cケーブルが必要です。
幸いにも、「MacBook Pro」シリーズでテザリング用に購入していたので、試してみたいと思います。

本命は、「AirPower」ですね。
これで、「iPhone X」、「Apple Watch」、「AirPods」を並べて充電してみたいです。

私は、自宅では「iPad Pro」しかほとんど触らないので、「iPhone X」は机の上に放置しているので、「AirPower」は非常に魅力的です。

デザイン


iphone-x_9

さっそく「iPhone X」のデザインをチェックしていきましょう。
「iPhone X」はディスプレイ側もバックパネル側もガラス製となりました。

これまでスマートフォンに採用されたものの中で最も耐久性のあるガラスで構成されているそうです。
フレームは、医療に使われているものと同じグレードのステンレススチール製です。

バックパネルは、鏡のような感じですね。
耐久性はあるのでしょうが、アルミニウムよりは割れやすくなるとは思いますので扱いには注意が必要ですね。
心配な方はカバーをつけることをオススメします。

デュアルカメラがいいアクセントになっていますね。

iphone-x_17

デュアルカメラです。
Plusシリーズとは異なり、上下に並んでいます。
上下に並ぶことによって、デザイン的にスッキリしますね。

ちなみに、デュアルカメラはデュアル光学式手ぶれ補正が搭載されています。

iphone-x_10

メインのディスプレイ側です。
美しいですね・・・

「Super Retina HDディスプレイ」です。

継ぎ目のないデザインで、かなり明るく撮影したので、ディスプレイとフレームの差がわかりますが、通常使っている分には非点灯時にノッチの継ぎ目がまったくわかりません。

ホームボタンがなくなってこちらもすっきりとしたデザイン。
使ってみるとわかりますが、「Face ID」があるなら、ホームボタンはまったくいりませんね。
これは早く「iPad Pro」にも搭載されて欲しい。

これだけ物理ボタンをなくして行く流れなら次は音量ボタンでしょうか。
個人的には無くていいかなと思いますが、いかがでしょう。

iphone-x_16

「TrueDepthカメラ」です。
ポートレートモードが使えるインカメラや、「Face ID」用のセンサーが多数埋め込まれいます。

ノッチは私のスマートフォンの使い方では気になりませんね。

iphone-x_24

「Super Retina HDディスプレイ」は、本当に美しいです。
やはりコントラストに違いがはっきりと出ますね。黒がキレイです。

ディスプレイの大きさは「iPhone 8」の4.7インチディスプレイと比べてさして使い勝手における差はありませんね。
フルスクリーンディスプレイになったので、指の移動が大変になるかなと思ったのですが、そんなこともなかったです。
手により馴染みやすいデザインになったかと思います。

iphone-x_12

サウンドスイッチ、音量スイッチ側です。
アルミニウムでなく、ステンレススチールは高級感がありますね。

スペースグレイの仕上げには、ステンレススチール製フレームの色とガラスの色が正確にマッチするように、物理蒸着と呼ばれる処理が施されているのですが、これがまた非常に美しい。

指紋は目立ちますが、さっと拭けばすぐに取れますし、これはぜひカバーを着けずに使って欲しいところ。

iphone-x_13

ちょっと指紋が目立ちますが、SIMトレイとサイドボタン側です。
サイドボタンは、ホームボタンがなくなった分、大きくなりました。押し心地もいいですね。

Siri起動にも用いるので、今まで以上に押す機会は多いかと。

iphone-x_14

上側はとくになにもなし。
すっきりしています。

iphone-x_15

下側は、Lightningコネクタと内蔵ステレオスピーカーです。
こうしてみると、「iPhone 8」までの厚みと比べて、太くなっていることがよくわかりますが、このくらいの厚みのほうが手にはフィットするかと思います。

iphone-x_20

「iPhone 7」との比較です。一回り大きくなっていますね。
でも思ったよりサイズアップは気になりませんでした。それよりも先ほど書いている手へのフィット感が素晴らしい。

それでいて、Plusシリーズのディスプレイより数%サイズが小さいだけですので、Plusシリーズからの機種変更でも違和感はないかと思います。

スペック


ここをタップして表示Close
iPhone XiPhone 7
ディスプレイSuper Retina HDディスプレイ
5.8インチ(対角)オールスクリーンOLED Multi-Touchディスプレイ
HDRディスプレイ
2,436 x 1,125ピクセル解像度、458ppi
1,000,000:1コントラスト比(標準)
True Toneディスプレイ
広色域ディスプレイ(P3)
3D Touch
最大輝度625cd/m2(標準)
耐指紋性撥油コーティング
Retina HDディスプレイ
1,334 x 750ピクセル解像度、326ppi
1,400:1コントラスト比(標準)
広色域ディスプレイ(P3)
3D Touch
最大輝度625cd/m2(標準)
耐指紋性撥油コーティング
プロセッサApple A11 BionicApple A10 Fusion
コプロセッサM11M10
メモリ3GB2GB
寸法143.6 mm x 70.9 mm x 7.7 mm138.3 mm x 67.1 mm x 7.1 mm
重量174 g143 g
背面カメラ1200万画素 4Kビデオ撮影
広角:f/1.8の開口部
望遠:f/2.4の開口部
光学式手ぶれ補正
ポートレートモード
1200万画素 4Kビデオ撮影
f/1.8の開口部
光学式手ぶれ補正
前面カメラ700万画素 1080p HDビデオ撮影
ポートレートモード
700万画素 1080p HDビデオ撮影
Face ID搭載非搭載
Touch ID非搭載第2世代
ネットワーク下り最大 800Mbps(LTE)
IEEE802.11a/b/g/n/ac(Wi-Fi)
下り最大 450Mbps(LTE)
IEEE802.11a/b/g/n/ac(Wi-Fi)
Bluetooth5.04.2
Apple Pay(NFC)FeliCa搭載FeliCa搭載
防沫性能と耐水性能対応対応
バッテリー2,716 mAh
iPhone 7より最大2時間長いバッテリー駆動時間
最大連続通話時間 21時間(ワイヤレス)
最大連続通信時間 12時間(ワイヤレス)
1,715 mAh
最大連続通話時間 14時間(3G)
最大連続通信時間 10時間(3G) 10時間(LTE)11時間(Wi-Fi)
高速充電30分で最大50%充電非対応
ワイヤレス充電Qi充電器に対応非対応
ストレージ64GB / 256GB32GB / 128GB / 256GB
カラースペースグレイ / シルバージェットブラック / ブラック / ゴールド / シルバー / ローズゴールド


「iPhone 7」との比較スペックです。
比較対象としては少し違う気がしますが、目安です。

さすがに「iPhone X」は2018年に発売されるという案もあったほど、進化していますね。
最近のAppleの進化でしたら、「iPhone 7」から2年後といっても差し支えないレベルです。

優っている点は赤字にしました。

こうして比較してみても、ディスプレイ以外にもかなり細かいところで進化しつつ、新しい機能が加わっていますね。
ディスプレイもただOLEDにするのではなく、「True Toneディスプレイ」に対応されていたりと、「iPad Pro」の良かった点も加わっています。

とくにバッテリー周りでしょうか。容量とQi充電器への対応、高速充電などかゆいところに手が届きます。

「Face ID」も便利なのですが、できればディスプレイに「Touch ID」は搭載して欲しかったというのは本音ですね。
これは来年でしょうか・・・それとも「Face ID」でいくのかな。真っ正面に顔を持っていかないで認証されるようになれば便利なのですが。



ディスプレイ


iphone-x_26

やはりディスプレイの進化が最大の特徴ではないでしょうか。
「Super Retina HDディスプレイ」素晴らしいです。正直、実物を見ていただくのが一番なのですが、発色が本当に美しいです。
印刷物と同じような、くっきりとしたコントラストの良さがいいですね。とくに写真がより鮮明になります。これは本当に「iPad Pro」でも搭載して欲しいですね。

解像度も「iPhone 8」の326ppiから458ppiへとスペックアップしています。
Retinaディスプレイの時点で人間の認識能力を超越したかと思っていましたが、まだまだでした。技術の進化と人間の感覚の鋭さってすごい・・・

あとはやはり、「True Toneディスプレイ」ですね。
たくさん解像度のいいスマートフォンはありますが、「iPad Pro」もそうなのですが、「iPhone X」も発色が自然なんです。
6チャンネルの環境光センサーを使い、周囲の光が持つ色温度に合うように画面上のホワイトバランスを微調整します。

これはびっくりしますよ。

フルスクリーンディスプレイというサイズ感は、いまのところ違和感なしです。
「iPhone 7」、「iPhone 8」と操作性はほとんど変わらないのではないでしょうか。
あまりホームボタンがなくなって、フルスクリーンディスプレイになったからといって、指の届く範囲によるストレスは感じませんでした。思ったよりジェスチャーの判定も広いのかと。

Face ID


iphone-x_23

「TrueDepthカメラ」によって機能する「Touch ID」に変わって搭載された「Face ID」です。
セキュリティが向上したり、いろいろメリットがあるのですが、登録は簡単だったのに驚きました。

「Touch ID」はセットアップ時に私は4本指を登録していたので、バックアップから復元時に面倒だったりすのですが、煩わしさがありませんでした。

認証の楽さは顔認証なのですが利便性はまだ「Touch ID」だなというのはファーストインプレッションです。
顔認証されても、結局上にスワイプしないとロック解除されないので、ホームボタンを押せばロック解除されていた、「Touch ID」よりもワンステップ多いのがちょっとよくないかなと。

認証自体はスピーディですし、もう少し工夫があるといいかな。

あとは、シチュエーションにより問題で、普通に使う分には、「iPhone X」を顔の正面にもってくるので、顔認証が問題ないのですが、机の上で作業しているときに、ちらっと「iPhone X」を使いたい時に、今までは指を持っていけば良かっただけなのが、顔を「iPhone X」の正面にもっていかなければならなくなったのが少し面倒。

ただ、「iMac」、「MacBook Pro」で作業していてるので、とくに「iPhone X」を開いてうんぬんというシチュエーションを減らしていけばいいのかなと考えています。アクセスできる情報はiCloudで同期されていますしね。

この辺りは慣れなのかなと。
Xの第2世代で「Touch ID」復活・・・ないかなぁ。

「iPad Pro」こそ「Face ID」は搭載して欲しいですね。

カメラ


もうカメラの出っ張りがなくなるのは諦めました(笑)
それこそ慣れましたね。

さて、デュアルカメラも素晴らしいですね。
私は一眼レフを持ち歩いているので、ほとんど「iPhone」にはカメラ機能をもとめないのでカメラの進化はわりとどうでもいいのですが、それでもサクッと撮影することもあるので、チェックしてみるともはや、コンパクトデジタルカメラはいらない存在になったと改めて認識しました。

「iPhone X」となんらかの望遠側が使えるカメラを持ち歩くのは攻守共に最強かな。

デュアルカメラはおもしろい仕組みですよね。
広角カメラと望遠カメラは光学ズームに対応していますし、写真なら最大10倍、ビデオなら最大6倍のデジタルズームも使えます。

広角レンズではF1.8、望遠レンズはF2.4の開口となかなかの明るさですし、光学手ぶれ補正もあるので、暗所でもしっかりと撮影できます。

もはやスマートフォンカメラもデジタルでごまかすのではなく、アナログ、ハードな部分でしっかりと設計、アプローチしているので、立派なもんです。

そして、デジタル部分では、ポートレートモードが素晴らしいですね。
いわゆるボケを生かした撮影ができます。これは簡単にプロっぽい写真が撮れますよ。

いろいろ試してみるとやはり、デジタルで処理された背景ボケなので、若干境目が乱れることもありますが、シチュエーション次第ではかなりいい写真が撮れるのではないでしょうか。

また、インカメラでもポートレートモードが使えますので、セルフィをよくする方々には待ってましたという感じでしょうか。

iphone-x-camera_6

実際に撮影した写真をみてみましょう。
こちらが「iPhone 7」で撮影した写真です。

これでも十分な画質かと思います。

iphone-x-camera_1

こちらは「iPhone X」です。
より質感に明瞭感が出ました。

机やお米の描写が上がりましたね。

iphone-x-camera_2

さらにポートレートモード。
いわゆる一眼レフっぽい撮影ができます。

これでフォトジェニックなモノやバショの写真を撮ってしまいましょう!

レスポンス


これもびっくりでした。「iPhone 6」あたりから、スマートフォンゲームをしない私はレスポンスに関してはまったく不満はなかったのですが、今回のA11 Bionicは素晴らしい処理能力

A11 Bionicには「合計6個」のCPUが搭載されていて、その内容は「高性能プロセッサのMonsoonが2個」と「省電力性に優れたMistralが4個」の合計6個で構成されています。

動作周波数は最大2.40GHzです。

メモリは「iPhone 8」と共通の3GBです。
つまり、処理能力的にはディスプレイスペック分、「iPhone 8」のほうがいいのでは(笑)
ここは4GB積んで欲しかったかな。でもスマートフォンのレスポンスはスペックじゃないですからね。

通信速度


実は通信スペックもアップしていますよ。
新たに3.5GHz帯(バンド42)をサポートしていているので、例えばドコモなら最大通信速度(最大800Mbps)に近い、下り最大788Mbpsの高速通信を実現できる可能性があります。

これもスペック値ではあるので、実際はそんなことはないのですが、期待大ですね。
個人的にはスピードよりも安定性をキャリアには向上して欲しいかなと思います。

バッテリー


容量は2,716 mAhで、「iPhone 7」より最大2時間長いバッテリー駆動時間と、かなりのスペックアップ。
その分、重量も増えているのですが・・・

しかし容量は正義です。
「ポケモンGO」などバッテリーを消耗するアプリをするには、バッテリーは良ければ良いほどいいですからね。

しかも、高速充電に対応しているのもありがたいです。
USB-Cケーブルで29W以上のACアダプタと接続することで、30分で最大50%充電することができます。

Qi充電器にも対応していますし、いろいろ充電方法の幅が広がったのはうれしいことですね。



まとめ


レビューのまとめです。

わるいところ


「Touch ID」はできることなら、ディスプレイに搭載して欲しかったです。
これはしょうがないことと割り切っていますし、「Face ID」もほとんど便利ですので、そのうち「Touch ID」なんてのもあっな・・・というふうになることを期待しています。

しかしながら、「Face ID」も認証範囲が狭すぎることは問題かと。
せめて机での作業中に横目で認証してくれるような範囲だとうれしいです。

いいところ


「Super Retina HDディスプレイ」は素晴らしいですね。
やはりフルスクリーンのOLEDは美しいです。目が覚めるようなコントラストと、目に優しい「True Toneディスプレイ」とまさに自然な発色。

大きく触れることはありませんでしたが、「Apple Pay」や「防沫性能と耐水性能」も「iPhone 7」に引き続き便利ですし、「iPhone X」も大きく真価した「iPhone」とは言え、便利なところはそのまま引き継ぎ、正統派な進化をしているのではないでしょうか。

iOS11と「iPhone X」の組み合わせはなかなかいいかと。
操作性もかなりいいと思いますよ。

今回はファーストインプレッションということで、スペックを中心としたレビューをしました。
まだ、「Super Retina HDディスプレイ」や「Face ID」の真価も計りかねていますし、改めてレビューを投稿したいと思います。

Apple Lightning USB-Cケーブル 1m/MK0X2AM/A
アップル (2016-03-23)
売り上げランキング: 2,577

Apple 29W USB-C 電源アダプタ MJ262J/A
アップル (2015-04-11)
売り上げランキング: 7,956

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

*