【レビュー】ボーカルのクリアな声を楽しもう!気分に合わせてカスタマイズもできる!「Jayfi X1 ワイヤレス Bluetooth イヤホン」

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

最近ゲームをしながら通話をすることがぐんと増えたので、有線ケーブルのイヤホンではなく自由に動けるBluetoothのイヤホンが欲しいなと思い探していました。
ちょうどJayfiさんより、「Jayfi X1 ワイヤレス Bluetooth イヤホン」をいただきましたので、使ってみた感想などを紹介していきます。

jayfi-x1_23


「Jayfi X1 Bluetooth ワイヤレスイヤホン」は音楽を再生するだけでなく、マイク機能もついており、音楽・通話に適したBluetoothイヤホンです。
通話用のマイク機能がついているタイプのものを探していたので、まさに理想のBluetoothイヤホンに出会えました!

驚くことに、音質も今まで使っていたBluetoothイヤホンよりクリアで、ボーカルの声がとてもよく聞き取りやすかったです。
通話のために使おうかなと思っていましたが、家で音楽を聴く時に使うイヤホンとしても活用したいと思います!

パッケージ


jayfi-x1_1

四角いしっかりとした箱で届きました。
持ってみるとかなり重量を感じます。

表面にはイヤホンの画像が大きくプリントしてあります。

jayfi-x1_2

裏面は規格マークのみとシンプル。

jayfi-x1_3

箱はスライド式になっています。
外箱と内箱がぴったり密着していたので、取り出すのに少し苦労しました(笑)
指をすきまに入れて、下に押しながら引くと取り出せますよ。

ただこれだけしっかり密着しているので、配送時の傷や破損の心配はなさそうです!

jayfi-x1_4

イヤホンは、スポンジに埋め込まれている状態で梱包されていました。
外箱の梱包同様、配送対策はバッチリです!

jayfi-x1_5

スポンジを引き抜くと、イヤホンがお目見え。
耳の部分に不思議なフックがついてますね。

jayfi-x1_6

イヤホンの台紙を持ち上げると、中にはアクセサリー類が入っています。
専用の袋があると、収納や持ち運びに便利ですね。
イヤーピースのカラーバリエーションが豊かです!

jayfi-x1_7

このように、イヤホンとアクセサリー類が二段に重なって梱包されていましたよ。

jayfi-x1_13

内容物はこちらです。

・Jayfi X1 ワイヤレス Bluetooth イヤホン
・イヤーピース(S、M、L Mは本体に装着済み)
・イヤーフック
・USB充電ケーブル
・収納袋
・取扱説明書


スペック


aptX高音質コーデック対応


高音質化するをCSR8645チップを搭載、高い音声品質を維持しています 。迫力のある低域、クリアな中域、耳に刺さる感じられない高域、どのレベルにも対応しています。

材質アルミ合金製ハウジング


軽量で耐久性に優れた航空機用アルミ合金から作られています。シンプルなデザイン、わずか15gの重さで装着感もナイス!

マグネット搭載


イヤホン部分に磁石を内蔵しているため、使用しない時は左右のイヤホン同士を磁力で固定することができます。ケーブルは絡みにくいです。

人間工学に基いたイヤーフック運動でもはずれにくい


耳の上部にフィットする柔らかなフックを装着しており、イヤホンを耳にしっかりと固定できます。運動などでもはずれにくいです。

汗や雨に強い防滴仕様


防滴仕様なので、スポーツ中に汗をかいたり、突然雨が降っても使用できます。

デザイン


jayfi-x1_8

それではデザインを見ていきましょう。
カラーは黒一色とシンプル。

jayfi-x1_9

カナル型イヤホンになっています。
本体についているフックのようなパーツは、イヤホンをつけた時に耳の上部にフィットします。
イヤホンをしっかり固定することができるので、運動をしている時でも外れにくくなりますよ。

jayfi-x1_10

本体のヘッド部分です。
シルバーで縁取られた丸型のシンプルなデザイン。

jayfi-x1_22

このヘッド部分は、マグネットになっているのが大きな特徴です。
両方のヘッド同士をくっつけると、このようにぴったりくっついてくれます。
外した時に落とす心配がなくなるので、これはいい機能ですね!

重量も15gと軽いので、首にかけていても負担に感じません。

jayfi-x1_11

ファンクション・ボタンです。
ここで音楽の再生・音量調節・Bluetoothの接続をおこないます。

jayfi-x1_12

裏側はマイクの集音部分となっています。

jayfi-x1_14

充電コードは専用のものがついています。

jayfi-x1_15

ファンクション・ボタンの側面に接続コネクタがあり、カバーを外してコードを挿入し、充電します。

コネクタ部分に関してですが、カバーがあるのでホコリよけにはいいですね。
ただ、本体とくっついている部分は細く、強度がないので、使っているうちにカバーが切れてしまいそうで少し心配です。

jayfi-x1_16

「Jayfi X1 ワイヤレス Bluetooth イヤホン」には、他のBluetoothイヤホンとは違うポイントがあります。
イヤーピースとイヤーフックに、別のカラーのスペアがついているんです!
カラーはグリーンとクリア。
もちろんスペアとして使ってもいいですし、その日の気分に合わせて付け替えたりするのもおしゃれですよ。

jayfi-x1_18

取り替えはとてもかんたん!
イヤーフックを取り替える場合は、本体にはめ込んでいる状態なので、まずはイヤーピースを外します。
イヤーピースを変えたいだけの場合は、このまま別のものを装着すればオッケーです。

jayfi-x1_19

本体に輪っかのようにはまっているので、輪っかの部分を引っ張りすぎないように丁寧に外しましょう。
イヤーフックを外すとこのような状態になります。

jayfi-x1_20

付けるのもかんたん!
本体にある凹みにはめるだけ!
イヤーフックはゴム製なので、無理にひっぱたりしないようにしましょう。

イヤーピースはクリア、イヤーフックはグリーンにしてみました。
ファッションのアクセントにもなりますし、自分のものだとわかりやすくもなりますね。

jayfi-x1_21

グリーンはなかなかビビットな色合いで派手ですね。
付け替えに時間もかからないので、出かける前にサッとできますよ。

軽量で耐久性に優れた航空機用アルミ合金から作られています。シンプルなデザイン、わずか15gの重さで装着感もできます。

使用感


私は耳の穴が小さいので、1番小さいイヤーピースにして装着してみました。
フィット感はしっかりあります。

特にイヤーフックがフィット感を安定させていますね。
多くのイヤホンは耳の外側に引っ掛けるようにして使いますが、「Jayfi X1 ワイヤレス Bluetooth イヤホン」は耳の内側に装着するタイプです。
普段見ないデザインなので、付けづらそうだしきちんとハマるのか心配でしたが、杞憂でした。

イヤーフックを上向きにし、イヤホンを装着するときに一緒に耳の中にはめ込みます。
最初は違和感がありましたが、すぐに違和感はなくなりました。

このイヤーフックのおかげで、しっかりイヤホンが耳の中で安定しているので、ズレが気になることが他のイヤホンより少ないです。
装着して少し歩いたり走ったりしてみたのですが、動いた時のタッチノイズが少なく、密閉感が高かったです。

イヤホンは防滴仕様になっているので、汗や水にも強いです。
雨が降っている時でも気にせずに使えますね。

そしてはからずも気に入ったのが、ヘッド部分のマグネット
普段買い物をする時も音楽を聴いているのですが、お会計の時にBluetoothケーブルを外すして首にかけていると、時々しゃがんだり下を向いた時に落としてしまうことがあるんです。
有線ケーブルで聴いている時はいちいち外してしまうので、それもちょっと面倒ですよね。
「Jayfi X1 ワイヤレス Bluetooth イヤホン」はヘッド同士がマグネットでくっついてくれるので、少しの間だけ外す時も落としてしまう心配がないので安心です。

イヤーフック同様他にはあまり見ないデザインなので、他人と差をつけるポイントにもなりますね。

バッテリーの容量が多いのもポイント。
1.5時間フル充電すれば、最大で7時間使うことができます。
最近のBluetoothイヤホンは、大容量バッテリーの商品が多くてありがたいですね!

音質


肝心の音質ですが、その前にペアリングをしましょう。
今回はSONYのウォークマン「NW-A35」をペアリングしてみました。

接続する機器のBluetoothをオンにして、イヤホンのファンクション・ボタンの真ん中のボタンを5秒ほど長押しします。
するとファンクション・ボタンのライト部分が青色に光ります。
接続する機器の方に「Jayfi X1」の文字が出てきたら、タッチをしてペアリング完了です。

多くのBluetoothでは、接続する時に喋ったりしてくれるのですが、「Jayfi X1 ワイヤレス Bluetooth イヤホン」ではピッという音のみなので、接続機器本体の方の画面を見ながら操作しましょう。

今回は今まで使ってきたBluetoothイヤホン「Omaker Bluetoothイヤホン」と比較してみました。
音楽は、当ブログではおなじみのBruno Mars『Talking To The Moon』TaylorSwift『Shake It Off』を聴いてみました。

まずはBruno Mars『Talking To The Moon』。
うーん、残念ながら音を流した頭からザーッとしたノイズがしますね。
音楽が流れてもバックのザーッとした音が気になります。

音に厚みが出ると気にならなくなりますが、音が少なくなるとノイズが目立ってしまいますね。
試しに映画『ラ・ラ・ランド』のサウンドトラックから『City Of Stars』を聴いてみました。
この曲はピアノとボーカルのみので構成されているのですが、やはりザーッという音が気になってしまいますね。
クラシックなどの、静寂も音楽として楽しむ楽曲にはあまり向いてなさそうです。

一方でボーカルの声はとてもクリアに聞こえます!
このクリアさは「Omaker Bluetoothイヤホン」にもありませんし、なんなら今まで使ってきたBluetoothイヤホンの中でもダントツ
男性ボーカルの低い声もはっきりと聴き取れます。

TaylorSwift『Shake It Off』でも、ボーカルの声はキンキンせずにしっかり聴こえました。
「Omaker Bluetoothイヤホン」は重低音が強かったので、女性ボーカルなどの音は遠くに聞こえる感じがしましたが、「Jayfi X1 ワイヤレス Bluetooth イヤホン」では女性ボーカルの声も比較的クリアに聴こえます。

「Jayfi X1 ワイヤレス Bluetooth イヤホン」は低音域から高音域まで全体をカバーしていて、バランスのとれた音質です。
全音域がぐいぐい押し出してくるような感じで、音を近くに感じます。

一方で音域ごとの強弱が一定になっているので、その分奥行きや立体感が足りないと感じました。
普段から大音量で音楽を聴いている人にはオススメです。

通話でも使ってみましたが、クリアさが際立ってとても聞き取りやすかったです。
ノイズキャンセリング機能もついているので、相手の声が聞こえなくなることがなく快適でした。

まとめ


「Jayfi X1 ワイヤレス Bluetooth イヤホン」は、今まで使ってきたBluetoothイヤホン音の中でもクリアさが際立つイヤホンです。
ボーカルの声が好きな人には、ぜひ使って欲しい商品です。

ノイズキャンセリング機能がついているので音楽再生だけでなく、通話にも使えて便利ですよ!
イヤーフックのおかげで装着時の安定感もあるので、運動しながら音楽を聴いたり通話をすることも可能です。

豊富なアクセサリーもとてもありがたく、イヤーピースやイヤーフックはかんたんに付け替えができるので、おしゃれな方にもオススメですよ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

*