【レビュー】物理ボタンはひとつだけ!ハウジングをタッチして操作するBluetoothヘッドフォン「JAYFI Touch H1」

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

音響機器を取り扱うJAYFIさんより、Bluetoothヘッドフォン「Touch H1」を提供していただいたのでレビューしていきたいと思います。

jayfi-touch-h1



こちらの「Touch H1」は物理ボタンがひとつしかなく、曲のスキップや音量調整をハウジングをタッチするだけで操作できる画期的な仕組みとなっています。
デザインもかっこいいですよ。ちょうど外で使うBluetoothヘッドフォンが欲しかったのでありがたく使わさせていただきます。

それではレビューしていきましょう。

パッケージ


jayfi-touch-h1_1

いきなり縦画像ですみません。
パッケージにもなかなかの高級感があり、ちょっとした贈り物にもいいですね。
左上のシールは剥がそうとしたのですが、うまくはがれなかったのでそのままにしておきました。

jayfi-touch-h1_2

裏面には商品の特徴が英語で記載されていました。

jayfi-touch-h1_3

箱から中身を引き出すとさっそく「Touch H1」が出てきました。

jayfi-touch-h1_4

内容物はこちらです。

・Touch H1
・microUSBケーブル
・オーディオケーブル
・取扱説明書


充電をするためのmicroUSBケーブルと、有線接続のためのオーディオケーブルも付属していました。

デザイン


jayfi-touch-h1_5

デザインをみていきましょう。
なかなかいいデザインじゃないですか。
ハウジングのJマークもかっこいいですね。

jayfi-touch-h1_6

耳にあてる側にはLとRが印刷ではなく、穴によって表現されています。
このデザインはわかりやすいですし、センスがありますよね。

jayfi-touch-h1_8

L側のハウジングに充電ポートがあります。

jayfi-touch-h1_9

R側は電源ボタンがついています。このボタンで再生停止やペアリングもできます。
3.5mmイヤホンジャックとマイクもありますね。

jayfi-touch-h1_7

ハウジング部分もヘッドバンド部分もしっとりとした「プロテインレザー」が使われています。
プロテインレザーというのは天然皮革にも含まれるコラーゲン繊維をパウダー化し、特殊樹脂と融合させてできた人工皮革です。
そのため、本物のレザーににたしっとり感があるんですね。

jayfi-touch-h1_10

かっこいいんじゃないですか?
値段なり以上のデザイン性を感じます。
ただし、作りはちょっとチープですかね。

スペック


ここをタップして表示Close
Jayfi Touch H1
BluetoothBluetooth ver4.1
対応コーデックaptX
AAC HD
最大通信距離10m
連続使用時間(再生)最大18時間
連続使用時間(スタンバイ)最大15日間
充電時間約2時間
重量142g
ドライバーはハイパフォーマンスの40mmドライバーを搭載しています。
スタンバイが最大15日というのはすごいですね。再生時間も1日ならまった問題ないですね。
充電も一般的なmicroUSBケーブルで可能ですし。

NFCペアリングにも対応しているため、ウォークマンや対応ガジェットをタッチするだけで接続できます。
これがなかなか便利ですよ。iPhoneやiPod touchも対応して欲しいですよね。

使用感


jayfi-touch-h1_8

さっそくウォークマンをJマークにタッチしてペアリング完了。
この手軽さがいいですね。

あとは再生するだけの簡単設定です。
もちろんマニュアルペアリングもできますので、iPhoneやiPod touchでも簡単にペアリングできます。

再生中はハウジングを上下にタッチすれば、音量調整、左右にタッチでスキップ、真ん中をタッチで再生停止ができます。
これがかなり便利でした。物理ボタンだと手探りでボタンを探さなければいけなかったのですが、直感で操作できます。

物理ボタンですとハウジングのサイドにあることが多いので押しにくいんですよね。
最近ではSONYの「MDR-1000X」もこのシステムを採用していますし、Bluetoothヘッドフォンはこれが当たり前になるのではないでしょうか。

音質


ドンシャリ系ですね。

5,000円付近の価格帯のヘッドフォンなりの音はします。
安いBluetoothヘッドフォンによくあるペラペラな薄い音ではないです。
好みはありますが、及第点といったところでしょうか。
個人的にはドンシャリは好きじゃないのですが、わりと上品な低音の出方をしているので、低音が好きな方にはぴったりかなと思います。

同価格帯の有線ヘッドフォンと同等の音はしますので、なかなか優秀ですね。
Bluetoothも優秀で、aptX、AAC HDに対応していますので、有線時とそこまで音質の劣化を感じませんでした。

取扱説明書にはエイジングの記載があり、実行することで、音楽が自然でまろやかに再生されると書いてありました。
ちなみに音漏れはけっこうありますので、公共の場所で使うには注意が必要ですね。
遮音性も普通でした。

まとめ


かなりコストパフォーマンスがいいBluetoothヘッドフォンではないでしょうか。
音響機器を取り扱うメーカーの製品なだけあります。

価格同等の音質、価格以上のデザイン、機能、価格以下の作りで総合的には価格以上の製品だと感じます。
なによりNFCペアリングができるのと、ハウジングのタッチ操作が素晴らしいです。

この価格帯のBluetoothヘッドフォンをお探しでしたら「Touch H1」はオススメできます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

*