【まとめ】セールも頻繁にやってるよ!まとめ買いが便利!Kindleで読めるオススメ漫画10作品

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

kindle-manga-10

先日はAmazonプライム会員限定のセールで「Kindle Paperwhite」がほぼ半額の値段で売っていました。
さすがに限定台数だったようでしばらくしたあとには、4,000円の値引きになっていましたが、こんなに安くなる時があるんですね、プライム会員なら覚えておいて損はないです。

そんなわけでAmazon Kindleで読める漫画の中でもおすすめの10作品を紹介していきたいと思います。



嘘喰い


嘘喰い 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
集英社 (2012-06-22)
売り上げランキング: 2,713


「払えぬなら、賭けるな!!」知略と暴力、嘘と真実が入り混じる熾烈なギャンブルバトル。 神の頭脳と悪魔の冷徹さを兼ね備えた天才ギャンブラーが、命を賭して血路を開く!! 生き残った者だけがすべてを手に入れる。己の欲望に従い、ページを開け!


ギャンブルが題材の漫画ですが、ただ賭け事をするのではなくさらにアクションも取り入れた新感覚ジャンルな漫画です。「あんた、嘘つきだね」というセリフとカリカリ梅をかじるシーンはなかなかに印象的です。

ギャンブルで仕掛けるトリックや考察のシーンなどは、週刊誌で読むよりコミックスで読んだ方が(僕には)わかりやすいので断然コミックス派ですね。一回さらっと読み流してもう一回読んだりもしやすいですしね。
後半に連れて画力も上がっていって読みやすくなりますし、何よりまだ連載中なので今後の展開にも期待しています。期間限定で10巻まで無料なので是非。

+チック姉さん


+チック姉さん(プラスチック姉さん)(1) (ヤングガンガンコミックス)
栗井 茶
スクウェア・エニックス (2011-05-25)
売り上げランキング: 28,899


「放課後だからってすぐに帰るのはもったいない」。「青春なんてあっという間に過ぎていくんだ」。「だから私は、帰宅部をビンタしています──」。模型部なのに模型をほとんど作らない姉さんたちの青春チックコメディー。


端的にいうと、突然ゲージ振り切っちゃう発想がたびたび飛び出してくるギャグ漫画です。かわいい女の子がわいわいする系では全くないですし、模型部を名乗っていますがだいたい模型の話はないです。
メインキャラの模型部3人もかなり強烈なキャラクターですが、サブキャラたちも相当濃いキャラばかりでかなりカオスな漫画です。
個人的にはゲスいネタがかなり好きなんですが、友人たちにはウケが悪かったのでネット上でこっそりおすすめしておきたかったのです。連載が不定期のようなのでいつの間に新しい巻が発売されているのでつい買い忘れがちになっちゃいますね。

それでも町は廻っている


それでも町は廻っている 1 (ヤングキングコミックス)
石黒 正数
少年画報社
売り上げランキング: 12,771


人情あふれる丸子商店に存在するメイド喫茶(カフェではない)「シーサイド」。ありふれた町のちょっとおかしなメイド喫茶を舞台に繰り広げられるドタバタ活劇!


日常系漫画、といっていいのでしょうか。推理好きな女子高生、歩鳥の周りで巻き起こる事件未満の騒ぎが楽しい漫画です。『よつばと!』なんかとはまた違った雰囲気ですね。
歩鳥が親しみやすいキャラクターをしているので終始読みやすいですし、出てくる人々がみな悪意のない世界でとても幸せな空気感です。
ただゆるっとしただけではなく、時折シリアス風な事件が巻き起こるのもいいアクセントになっていて、何週でも読める漫画です。

不安の種+


不安の種+(1) (少年チャンピオン・コミックス)
秋田書店 (2013-06-07)
売り上げランキング: 19,488


階下の暗闇に気配を感じるような、ドアごしの殺した息づかいのような、視界の隅に映りこんだ視線のような、ざらりとした質感、気分、戦慄。


短編ホラー漫画です。全編の最後に何県などと場所が書いてあったりするのが静かに怖さを醸し出しています。
基本的に尻切れトンボというか、わっ!と結末になって、次の話になるので冗長に感じないところが気に入っています。

日常のふとした瞬間に紛れ込む明らかな異質、そういうものを表現するのが上手いのでホラーが苦手な方は試し読みくらいにした方がいいかもしれませんね。
あまりに突然怖いキャラクターが出てきたりするのが一転してシュールで笑えるとすら感じてしまうのはやはり紙一重の何かがあるのでしょうね。

ちなみにぼくは「おちょなんさん」がお気に入りです。子供に言い聞かせる「いい子にしてないと○○がくるよ」という言い回しを使ったところで本当に来てしまう、しかも来た後どうなるかわからないところが恐怖を駆り立てますよね。

ノー・ガンズ・ライフ


ノー・ガンズ・ライフ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
集英社 (2015-03-19)
売り上げランキング: 3,396


オレの名は乾十三。あの大戦を経て、「拡張者」と呼ばれる身体機能拡張処理を施した者達が溢れるこの街で、オレは拡張者達に関する問題を「処理」する稼業を生業にしている――。頭が銃の拡張者・十三の事務所を訪れた男。誘拐犯として警備局に追われるその男からさらった子供の保護を依頼された十三は? 硝煙が漂い銃口が語るSFハードボイルド開幕!!


頭を銃に改造手術した男が主人公のハードボイルドストーリー。読む前は主人公の十三は滅茶苦茶強くて誰にも負けないゴルゴ的な感じなのかな、と思ったら肉弾戦メインで戦い始めたのでアレッ?と思ったり、ちょっと抜けたところがあったりと、人間味があるのかないのかわからないところが気に入りました(笑)
情に厚いところもかっこいいですしね。

近未来っぽい技術があるのに黒電話使うんだ・・・とか電話ボックスもあるし煙草もマッチでつけるし、よくよく見ると面白い世界なところも好きです。
まだ1巻しか読んでいないので(既刊3巻)これから話がどう展開していくか楽しみです。

NKJK


NKJK : 1 (アクションコミックス)
双葉社 (2016-04-15)
売り上げランキング: 5,983


親友が病に倒れた。悲しみに暮れる日々の中、少女は知る。自分が親友の為に出来る唯一のこと、それは、笑わせること。「笑い」により、人体の免疫力を高めるという「NK細胞」を活性化させる為、少女は「笑い」の研究と実践を始める――。生死の狭間を笑いで描く友情の物語。


病気になった親友を助けるために慣れない笑いを取りに行くお嬢様のお話です。
表紙買いしたのであらすじとか全く知らずに読んだら、なんだこの作品は・・・と複雑な気持ちになりました。

読んでいくうちに、だんだん病状が悪くなっていくので、この先どうなってしまうんだろうという不安と、つまらなかったり、面白かったりするギャグと笑いに板挟みになってなんとももどかしい気持ちになります。
ハッピーエンド主義者なので最後は笑って退院するエンディングを期待しながら続きを心待ちにしています。

乙嫁語り


乙嫁語り 1巻<乙嫁語 /><noscript><img src=
KADOKAWA / エンターブレイン (2012-09-01)
売り上げランキング: 3,762


美貌の娘・アミル(20歳)が嫁いだ相手は、若干12歳の少年・カルルク。遊牧民と定住民、8歳の年の差を越えて、ふたりは結ばれるのか……? 『エマ』で19世紀末の英国を活写した森薫の最新作はシルクロードの生活文化。馬の背に乗り弓を構え、悠久の大地に生きるキャラクターたちの物語!


モンゴル周辺で生活する遊牧民たちのお話です。何より描き込みが素晴らしく、絨毯や織物などの柄が狂ったように緻密に書いてあるのでそれだけでも一見の価値ありです。

物語はどちらかというとアミルとカルルクの生活というよりはそのコミュニティレベルの広がりなので、結構サブキャラが豊富に出てきます。

ストーリーが進むとちょっときな臭い展開もありますが、大きく展開が動くこともないので安定して楽しめます。
話によっては全くアミルたちが関係ない話もあったりして、どこにスポットが当たるかによってだいぶ印象が変わる、そういう楽しみ方もできる漫画だと思います。

ヴィンランド・サガ


ヴィンランド・サガ(1) (アフタヌーンコミックス)
講談社 (2012-09-28)
売り上げランキング: 9,625


千年期の終わり頃、あらゆる地に現れ暴虐の限りを尽くした最強の民族、ヴァイキング。そのなかにあってなお、最強と謳われた伝説の戦士が息子をひとり授かった。トルフィンと名づけられた彼は、幼くして戦場を生き場所とし、血煙の彼方に幻の大陸“ヴィンランド”を目指す!! 『プラネテス』の幸村誠が描く最強民族(ヴァイキング)叙事詩、堂々登場!


ワンピースとはかすりもしない海賊モノです。海を渡り人を襲い村を焼き悪逆非道の限りを尽くす、これが海賊だよなあって感じです。
武器や装飾などもそれぞれ特徴があり、漫画を描くにあたってどれだけの勉強をしたのか・・・と感心してしまいます。

主人公のトルフィンが海賊として成長していく血まみれのストーリーは迫力があり続きが気になる展開ばかりです。
最近はちょっとバガボンドみたいな農耕奴隷漫画になっていますが、過去の被害者に襲われるなど、なかなか腰を落ち着けていられないストーリーで、今後も目を離せません。

ゴールデンカムイ


ゴールデンカムイ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
集英社 (2015-02-19)
売り上げランキング: 160


『不死身の杉元』日露戦争での鬼神の如き武功から、そう謳われた兵士は、ある目的の為に大金を欲し、かつてゴールドラッシュに沸いた北海道へ足を踏み入れる。そこにはアイヌが隠した莫大な埋蔵金への手掛かりが!? 立ち塞がる圧倒的な大自然と凶悪な死刑囚。そして、アイヌの少女、エゾ狼との出逢い。『黄金を巡る生存競争』開幕ッ!!!!


日露戦争での生き残りの兵士、杉本がアイヌの少女アシリパとアイヌの埋蔵金を探す戦いを描いたストーリーです。
こう言ってしまうとかなりシリアスな話かと思われますが、思った以上に笑いを取りに来ます。もちろんシリアスな場面もあります。しかしギャグシーンであまりに空気がゆるみすぎて、漫画を読みながらフフっと笑ってしまうほどの緩急で本当に好きな作品です。食事のシーンも多く、アイヌの料理や調理法なども紹介されるのでためになる(?)漫画です。

週刊連載なので単行本の出るスピードも速いので、電子書籍派でも安心ですね。
果たして埋蔵金は手に入るのか、そもそも存在するのか・・・話の続きが気になります!

ぼのぼの


ぼのぼの(11) (バンブーコミックス 4コマセレクション)
竹書房 (2013-10-11)
売り上げランキング: 7,294


ラッコの「ぼのぼの」と森の仲間が繰り広げる、かわいくてちょっとヘンな日常は、笑えるだけではなく哲学的ですらあると評価され続けています。


もはや説明不要の名作ですね。最初の頃のぼのぼのたちは、だいぶ肥えていますね(笑)
あのスタイリッシュなスナドリネコさんですらずんぐりむっくりといった体型なので驚きです。

10巻くらいの絵柄が個人的に一番なじみがあります。最新刊は41巻なのですが、とにかく細い!(笑)いつからこんなにやせてしまったのか・・・

実はいま再びアニメ化されているぼのぼのですが、キャラクターの声優が全員入れ替わっているので、昔のアニメに慣れている僕には違和感がありすぎてちょっときつかったですね・・・
おすすめの巻は11巻でぼのぼのが木に登りたいというのをアライグマ君が教えてあげる話ですね。木に登るぼのぼのがなぜか手を背中に回すのがお気に入りです。

まとめ


『嘘喰い』みたいに結構まとまった巻数が出てしまっている漫画は電子書籍でパパッと買ってさーっと読めるといいですよね。
外出時や通勤通学時間などの暇つぶしにもスマートです。

単行本も表紙とだいたいのページ数であのシーン!というのが見つけやすかったり本棚に並べて収集欲を満たしたりできるのはいいところだと思います。貸し借りもできますしね。
電子書籍も単行本もメリット・デメリットがありますね。

最近いくつか好きな漫画が連載終了してしまったので、また好みの雰囲気の漫画を探していきたいです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

*