【食レポ】限定メニューも食べてみたい!素材にこだわりぬいた、極みのラーメンが楽しめる「饗 くろ喜(もてなし くろき)」

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

kuroki

恒例となっているカラオケの後の〆のラーメン・・・
今回は秋葉原駅から徒歩で7分の「饗 くろ喜(もてなし くろき)」さんへ行ってみました。
以前から行きたいとは思っていたのですが、いつも定休日だったり時間が合わなかったりしていけなかったのでようやくといったところです。

饗 くろ喜(もてなし くろき)


kuroki

この日の気温は5度くらいで、風も強く体感はもっと寒かったです。
夜の部が始まって間もなく並んだと思うのですが、30分ほど外で待ったのでスマートフォンを握る手がキンキンになっていました。
しかし並び始めて間もなく、後ろにもずらっと並んでいたのでちょっと出遅れたけど許容範囲の内かと思えました。

はやく食べたい方は開店前から並ぶことをオススメします。

外で並んでいるときに前から一人ずつ食券を買っていき、店員さんが出たり入ったりしているうちに回収してくれ、店に入るとすぐにラーメンが来てくれました。

kuroki

店内は明るくてきれいで、かん水のにおいがツンとしていました。
座席はカウンター席とテーブル席どちらもありましたが、ごらんのとおり、あまり多くはないです。
サイドメニューを頼んでいる人が多く見受けられました。

特製塩ラーメン


kuroki

この日は初めて来たので定番っぽい特製塩ラーメンにしました。スタンダードに安心感を覚えるタイプなので・・・(笑)
麺は細めんと平打ち麺のどちらかが選択できます。今回は平打ち麺にしてみました。
茹で加減などは訊かれませんでしたが、こだわりがある人は食券を渡す際に追加で頼んだりするのでしょうか。

kuroki

スープはあっさりとしていて、出汁の味が感じられてとてもおいしかったです。
また、オリーブ入りのチャーシューワンタン炙ったミニトマトシャキシャキのタケノコなど変わったトッピングがいっぱいあって彩も豊かで目にも楽しいです。

僕は大きいネギ系が苦手なのでこの分葱にひっそりと苦戦しました。細いけどしっかりネギ味しますからね(笑)

kuroki

期間限定で松坂牛のすじにくラーメンというのもありました。
味は出汁の味がよく出ていて、こう言ってしまうのもなんですが、まるでおでんのつゆのようでした。これはこれで美味しかったです。

こだわりの素材


kuroki

テーブルにはラーメンがどんな素材からできているか書いてありました。
次に行ったら味噌味のラーメンも食べてみたいですね。
週によってメニューがころころ変わるようなので、リピーターもたくさんいそうです。
先週までは鴨のラーメンがあったらしく、逃してしまって残念でした・・・

まとめ


食べログには客の回転が早いので店の外に行列があっても、それほど待たないみたいなことが書いてありましたが、そんなことはなかったです(笑)

上品でおいしいんですけど特製は1000円超えますし、常連になるのは大変そうです。
・・・かといって特製頼まないと、トッピングが少なくなって寂しくなりそうだし難しいですね。

ちなみにこのお店、金曜日は「紫 くろ喜」として、鴨のラーメンを出しています。
これも気になりますね〜

ここに至るまでの通りがかりに「ごっつ」を発見して、こちらも久々にいきたいなぁと。
秋葉原にはまだまだいったことのないラーメン屋さんがいっぱいあるので、ちょっとずつ探して食べていきたいです。

・饗 くろ喜
・東京都千代田区神田和泉町2−15 四連ビル3号館(マップ
・03-3863-7117
・11:30~15:00
 18:00~21:00(水曜日のぞく)
 日・金曜日定休日


ラーメンWalker東京23区2016<ラーメンWalk /><noscript><img src=
KADOKAWA / 角川マガジンズ (2015-10-29)
売り上げランキング: 100,821

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

*