【ライブレポ】桑田佳祐 LIVE TOUR 2017「がらくた」(2017/11/11 東京ドーム)

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

ずっと申し込んでも当選しなかった、桑田佳祐さんのライブに当たりました!
YUZU 20th Anniversary DOME TOUR 2017 ゆずイロハ」ぶりに東京ドームにいってきました!

今回はオリジナルアルバムである『がらくた』を冠したライブでしたので、お祭りっぽいライブというよりは、しっとりとアルバムを聴かせるような構成で楽しかったです。その中でも盛り上がる曲が出てくるので、堪りませんでした。

kuwatakeisuke-garakuta

サザンオールスターズとは違った桑田佳祐の魅力を十分に感じれるライブとなりました!
それではライブレポいきましょう!

座席は2階席の上の方でした。
全体が見下ろすことができるので、いいのですが、そろそろアリーナいきたい・・・!

01. しゃアない節


1曲目は『孤独の太陽』より「しゃアない節」でした。
最初は歌詞も映像もなく、2階席ということもあって、まったく見えず(笑)

でも、はじまったー!感はすごい!
ワクワクします!

02. 男達の挽歌(エレジー)


『明日晴れるかな』のカップリングです。
エールのような歌ですね。ブラスがとってもかっこいい曲でした!

ここまであまり聴いた曲がないセットリストでちょっとビビっていました。
でも、ここから安心(笑)

03. MY LITTLE HOMETOWN


この曲はベストアルバムである『I LOVE YOU -now & forever-』に収録されているので、通して聴くのでもちろん知っているのですが、ヘビーリピートするような感じではなかったのですが、ライブで聴くとこれとってもいいですね。

サビのわちゃわちゃした感じがいいですね。お祭りっぽい!

桑田「どうもありがとう!」
桑田「うぃーっす!」
桑田「声が小さい!うぃーっす!」

桑田「本田圭佑です・・・」
桑田「岡田啓介です・・・」

桑田「でかいよね、東京ドーム。2年ぶりです。」
桑田「桑田なにがしです。よろしく!」

桑田「全国からありがとう!」
桑田「2年ぶりなんですけど、2年経った間にあっという間に60を過ぎてしまいました。」

桑田「今年ももうすぐ終わりでしょ。60過ぎてこうしてみんなに会えて幸せです。」
桑田「松山千春と同い年だよ・・・」


ここで松山千春のモノマネ(笑)
桑田さんのMCは楽しいですね。

桑田「ここで折り入って話したいことはないんです!」
桑田「先は長いんでね・・・今日はどうもありがとね!」

桑田「さっそく、長いんで、とっとやりたいと思うけど、お客さんなにか質問があれば・・・」


客いじりも(笑)
普通こういう下りって、言ってもやらないことが多いですが、本当にやるんですね。
ファンも慣れているのが、普通に漫才みたいなのやりはじめて笑いました。 

04. 愛のプレリュード


ザ・桑田佳祐という感じのアップテンポのナンバー。
Bメロからのサビの明るく弾ける感じがいいですね。

05. 愛のささくれ~Nobody loves me


こちらもソロ曲っぽい雰囲気です。
しっとりとしたイントロからジャジーなリズム。

ちょいエロティックな歌詞でも、嫌ないやらしさを感じないのは桑田さんのすごいところです。

06. 大河の一滴


盛り上がってきましたー!

映像も渋谷のロータリーのモノクロ映像でかっこよかったです。
間奏の掛け合いのところは、TIGERさんとちょっと歌詞を変えてやってました。

かっこいい曲でも謎の掛け合いだったり笑いを挟んでくるのがいいですよね。
なんというか余裕があるというか・・・

07. 簪 / かんざし


ダークなピアノのイントロから、渋く歌い上げます。
こういう雰囲気の曲堪りませんね。

ハモりも美しかったです。
桑田さんの声量もすごい!

08. 百万本の赤い薔薇


ガラリと雰囲気を変えて、明るいストリングスのイントロ。
流れるようなサビのメロディーに思わず頬が緩みます。

口ずさんでみたくなる1曲ですよね。

09. あなたの夢を見ています


子守唄のような心地よいメロディーが素敵でした。

10. サイテーのワル


インターネットの「炎上」をテーマにした曲ですね。
こういう曲をまだまだ作るから、やっぱりいつまでも名曲が作れるんですね。

エネルギッシュな歌い方もかっこいい!
サビのシャウトもすごかった!

桑田「どうも、みなさんありがとうございます・・・」
桑田「帰ってきましたよ。東京ドーム!」

桑田「せっかくとっていただいた、お席なので座ってください。」
桑田「ここで、ミュージシャンなぞなぞ。」

桑田「京都で黒人の稽古さんがいて、その人のR&Bの・・・」

観客「aiko!」
桑田「aiko?aikoは黒人じゃないよ・・・

桑田「祇園の(ディオンヌ)・ワーウィック」

桑田「座ってぼーっとしててください。」

桑田「それの妹分知ってますか?」
桑田「舞妓(マイケル)・ジャクソン・・・」


ここでミュージシャンの紹介!
毎度おなじみのメンバーですね。安定しています。

いろんなライブで彼らの演奏を聴いていますが、やっぱりプロはすごいですね。

11. 古の風吹く杜


はじめて聴きましたが、名曲ですね!
私の地元は鎌倉なので、曲を聴きながらとっても観賞に浸ることができました。

『MUSICMAN』に収録されていたので、レンタルしてリピートしてみたいと思います。

12. 悲しみよこんにちは


こちらも『MUSICMAN』よりですね。
失恋ソングでした。切ない・・・!

サビがいいですね。しっとりとしたリズム。

13. Dear Boys


『Keisuke Kuwata』より。この辺りはあまり知らなかったので、復習したいと思います。

たしかに、桑田さんのソロの昔の曲という印象がありました。
こういうの好みです!

サビのファルセットかっこいい・・・!

14. 東京


バイオリンのソロから、急に歌い出しました。
かっこいいー!

「東京」は桑田ソロのライブにいったら、絶対聴きたいと思ってたので、本当にうれしい!
しかも、こんなかっこいいアレンジで聴けるなんて、幸せでした。

15. 恋人も濡れる街角


中村雅俊さんの底曲した楽曲なんですね。
最初すごくかっこいいなと思ったのですが、最後のほうギャグに変わっていて原曲ちゃんと聴こうと思いました(笑)

・・・東京都、東京都・・・京都!

え?ってなったら、次の曲はじまって意味不明でした(笑)
最高!

16. Yin Yang


ダンサーもたくさん出てきました!
リズム&ブルースがかっこいいです。

桑田さんのライブは、サザンオールスターズもそうですけど、視覚的にも楽しいです

曲終わりに「ヨシ子さん」の中の人(?)が出てきて、またまたいい意味で意味不明からの、桑田さんの稲川淳二の真似で、もう全く意味不明。

しかも似てる!

最後に「ヨシ子さん」と向き合ってばーん!と終わりました(笑)

やりたい放題・・・

17. 君への手紙


アコースティックギターから一人歌い始めます。
『がらくた』の中で一番好きです。さっきのギャグとのギャップがすごい。

サビのメロディーと、歌詞が哀愁を帯びていてたまらないですね。

桑田「今日はありがとうございました。」
桑田「東京と京都はわかりにくかったですかね?」
桑田「・・・ごめんなさい!」

桑田「いいお客さんです。」

桑田「続いての曲にいくんですが、ステージね、こんなに火が出ると思いませんでした。」
桑田「熱くなかった?」

桑田「私が、メンバーとスタッフと合言葉を作ったのですが・・・」
桑田「60過ぎても、まだまだ『ひよっこ』だな〜」


18. 若い広場


本当に公園か何かの広場で集まって歌っている感じがいいですよね。
ミニマムな構成ながらも、だんだんと盛り上がっていく感じが一体感があっていいです。

歳を重ねて渋くなった、桑田佳祐の良さがとっても詰まっている名曲。
Cメロでパーっと明るくなるのがいいですよね。

後ろの座席のちっちゃい子どもがオクターブ上で合唱してて微笑ましかったです。
全世代に愛されていますね。でも、あんまり大きな声で合唱するのはよくないですね(笑)

19. ほととぎす[杜鵑草]


しっとりと・・・ピアノのイントロが涙を誘います。
90年代前半のイントロっぽい雰囲気がありますよね。

20. Mody Dick


「ほととぎす[杜鵑草]」からのまさかのレッド・ツェッペリンの「Mody Dick」です。突然のカバーにびっくりしました!

カースケさんのドラムソロがかっこよかったです!
こういうバンドの見せ場があるライブっていいですよね。

21. 過ぎ去りし日々 (ゴーイング・ダウン)


かっちょいー!
歌詞に対して、まだまだ現役だぞ!っていう感じがカッコよすぎる。

アルバムの1曲目ってこういう風に引き込んでくる曲だったりするので、かなり好きな曲多いです。
歌い方もロックで堪らないですね!

22. オアシスと果樹園


Bメロが好きです。退廃的なメロディーと歌詞がいいですよね。
「過ぎ去りし日々 (ゴーイング・ダウン)」からの流れが良かったです。

23. 悲しい気持ち (JUST A MAN IN LOVE)


盛り上がらないわけがないですね!
イントロから爆発ですよ!

コールアンドレスポインスもやれました。
今日来てよかった・・・!

昔の桑田さんの写真がスライドショーになって、ビジョンに表示されていたのも良かったですね。
歌い方がCD音源というか、もっと力強くて感動しました。

2015年の「サザンオールスターズ LIVE TOUR 2015「おいしい葡萄の旅」」の時も思いましたが、本当に・・・若い!

24. 波乗りジョニー


またまた!!名曲すぎる!!
本当に現役ですよ!!

この曲に関しては語ることはないですね!!

25. ヨシ子さん


「波乗りジョニー」からの「ヨシ子さん」です(笑)
「ヨシ子さん」はGYAOでライブ映像を観た時からライブで絶対きいて観たいと思っていました!

やっぱり、ライブ化けする曲ですね。
歌詞は本当に悪ふざけ感がすごいですけど、Aメロとサビの耳にこびりつく感じが堪りませんね。

最後に「ヨシ子さん」が「本編終了です・・・」とか言って本編終わりです(笑)

わりとアンコールはすぐに帰ってきてくれました。

桑田「ありがと!」

バンドマスターがピアノソロをガンガン弾いていると・・・

EN01. スキップ・ビート(SKIPPED BEAT)


完全に油断していたら「スキップ・ビート(SKIPPED BEAT)」!
これも生で聴きたいと思っていたので、演奏してくれてうれしいー!

かっこよすぎますね!

桑田「次の曲は・・・ゆずで・・・」
桑田「栄光の架橋!」


うぉーーーー!!!ってなりましたが、演奏してくれませんでした。

桑田「・・・ちゃんと練習しておけばよかった!」

EN02. 明日へのマーチ


明るい感じが本当にいい感じです。
いい曲。同時にライブの終わりを感じさせますね。

2番のパフパフみたいなのもちゃんと生演奏だったのに感動。
これだけバンドメンバーがいると、すべて生演奏っていうのがいいですね。

EN03. 白い恋人達


これもずっと生で聴きたかったので、うれしいです!
寒い時期にぴったりです。

リストバンドも白く光ってとってもキレイでした。

桑田「みなさんまだいけますか!」
桑田「もういっちょいきますか!」
桑田「うぃーっす!」


EN04. 祭りのあと


ライブの終わりにぴったりですね。
最後にパーっとして終わるのいいですね。

・・・と思ったら、暗闇の中でアカペラ。

EN05. 明日晴れるか


こういう演出。いい意味の裏切りいいですね。
もういっちょが、もうにちょ。最高です。

そしてこれもとっとも聴きたかった!
最後に全員で合唱はとっても感動しました。

桑田「みなさん今日はありがとうございました!」
桑田「また来年会いましょう!」


本当にいいライブでした。
3時間あっという間・・・

まとめ


いや、やっぱり桑田佳祐ってすごい・・・!
ドームでソロで、これだけの熱量をもってライブをできる60過ぎた人っていないですよね。

演奏も歌も本当にすごかったです・・・あとMCも演出も素晴らしい!
最後に、また来年も会いましょう・・・ってなんだろって思ったら、帰りにもらった三ツ矢サイダーに「See you in 2018」の文字とサザンオールスターズのシルエットが・・・!

来年も俄然楽しみです!!

セットリスト


桑田佳祐 LIVE TOUR 2017「がらくた」(2017/11/11 東京ドーム)
01. しゃアない節
02. 男達の挽歌(エレジー)
03. MY LITTLE HOMETOWN
04. 愛のプレリュード
05. 愛のささくれ~Nobody loves me
06. 大河の一滴
07. 簪 / かんざし
08. 百万本の赤い薔薇
09. あなたの夢を見ています
10. サイテーのワル
11. 古の風吹く杜
12. 悲しみよこんにちは
13. Dear Boys
14. 東京
15. 恋人も濡れる街角
16. Yin Yang
17. 君への手紙
18. 若い広場
19. ほととぎす[杜鵑草]
20. Mody Dick
21. 過ぎ去りし日々 (ゴーイング・ダウン)
22. オアシスと果樹園
23. 悲しい気持ち (JUST A MAN IN LOVE)
24. 波乗りジョニー
25. ヨシ子さん

EN01. スキップ・ビート(SKIPPED BEAT)
EN02. 明日へのマーチ
EN03. 白い恋人達
EN04. 祭りのあと
EN05. 明日晴れるかな


がらくた (通常盤)
がらくた (通常盤)
posted with amazlet at 17.11.13
桑田佳祐
ビクターエンタテインメント (2017-08-23)
売り上げランキング: 78

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By カズ

    ご無沙汰しております。
    私は生まれが逗子で、今でも実家は長谷にあります。

    桑田さんのファーストアルバムは名盤ですよ!
    ぜひ聞いてみてください。

    来年はサザンですかぁ〜
    ドームツアーではなく、アリーナツアーだといいんですがね。

    • By マサキ

      こんにちは。
      いつもコメントありがとうございます!

      長谷に住んでいたこともありました。
      あの辺りはいい場所ですよね。

      ぜひ聴いてみます!
      アリーナツアーは倍率がすごいことになりそうです・・・!

*