【旅行】みんなでワイワイ!秋の京都・大阪2泊3日の旅〜3日目・嵐山と南禅寺編〜

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

kyoto-osaka-2017

秋の京都・大阪旅行の旅行記も最終日の3日目です。
3日目は1日かけて京都の「嵐山」「南禅寺」を観光してきました。

嵐山は去年も行ったのですが、「鯛匠HANANA」の鯛茶漬けが美味しすぎて、再度訪れることにしました。しかし、「嵐山」から「南禅寺」までが連休ということもあって、移動にかなり時間がかかってしまって大幅な時間ロス。
楽しかったのですが、京都観光をするときは同じエリアをじっくる観光のほうがいいかもしれませんね。本当は「銀閣寺」も行く予定でしたが、諦めることにしました。

またこの3日間は快晴だったのですが、この日だけちょっとお昼にお天気雨があったんですよね。
折りたたみ傘も旅行の時は常に持ち歩いておいたほうがいいかもしれませんね。

さて、今回の旅行はい倒れの旅になったのですが、3日目も美味しいものを堪能しました!
それでは行きましょう!




ホテルダイキを出発!(09:00)


3日間お世話になった、「ホテルダイキ」を出発です。
喫煙室しかないながらも、ほとんど匂いは気にならず、大阪で大勢で泊まるにはオススメです。

ホテル内をねこちゃんが闊歩しているので、ねこ好きにはたまらないのではないでしょうか。
3日目は疲れもあって遅めの出発にしておきました。

このまま、嵐山駅に向かいます。今回は電車で移動します。
関空快速大阪で「ダイキホテル」の最寄駅である天満駅から大阪駅へ。
JR東海道山陽本線新快速へ乗り換えて京都駅へ向かいます。新快速速いです。
最後は、JR山陰本線で京都駅から嵐山駅まで。

1時間弱で着いてしまうんですから近いですよね。

嵐山の鯛匠HANANAで、はなな御膳!(11:00)


kyoto-osaka-2017_213

去年も楽しんだ「鯛匠HANANA」で今回は鯛茶漬けに加えて、西京漬も楽しめる「はなな御膳」を堪能しました!
これかなりお得なセットですよ。

どの料理も美味しくてごはんが進む!ごはんも何杯もおかわりして満腹になりました。

「はちみちグリーンティー」も「みかんジュース」も美味しいのはわかっているのですが、季節のオススメということで、「抹茶ミルク」を注文。

kyoto-osaka-2017_222

ホッとする甘さと抹茶の苦味がいい感じでした。
店員さんのオススメは「みかんジュース」。これ本当に美味しいです。

kyoto-osaka-2017_224

食後は甘味も出てきます。
僕はあまり、小豆は好きじゃないのですが、これは本当に美味しかったです。
嫌な甘さがない上品な味で、あっという間に完食。

この時点でかなり満腹。
夜は湯豆腐&湯葉が待っています。

ちなみに「鯛匠HANANA」は予約もできるのですが、連休だったり混雑時には予約ができないので、開店前に並んでおくことをオススメします。僕たちは10:20くらいから並んでいたのですが、すぐに店をぐるっとするほどの行列。

竹林の小径と渡月橋を散策(12:30)


kyoto-osaka-2017_233

定番の「竹林の小径」ですね。
前回訪れた時は暑い夏でしたので、ほどよい気温の秋にのんびり散歩できるのは楽しかったです。

kyoto-osaka-2017_230

ただやはり、時期が時期だけに、人、人、人・・・人!!
しかも僕も一眼レフで写真を撮るのですが、今って本当にスマートフォンで自撮りユーザーが増えましたよね。みんな立ち止まってパシャパシャ。

数年前と旅行の仕方も訪れる場所もかなり変わったのではないでしょうか。

kyoto-osaka-2017_238

少しずつ秋めいてきましたね。もう少し後に訪れるともっと紅葉がキレイなんでしょうね。

kyoto-osaka-2017_248

「から紅に染まる渡月橋」とは行きませんでしたが、やっぱりいいところでしたね。いつかもっと紅葉がキレイな時に来てみたいです。

ここからバスで「銀閣寺」近くまで移動です。
本当は「銀閣寺」から「哲学の道」を通って、「南禅寺」まで行きたかったのですが、バスが来ない上に、渋滞もあって「銀閣寺」は諦めて、ゆっくり「哲学の道」を通って「南禅寺」へ向かいました。

逆にのんびり「哲学の道」を歩けて楽しかったです。
やっぱり綿密にスケジューリングしても、こういうことが起きちゃうのが旅の醍醐味でしょうか。

よーじや 銀閣寺店でお土産!(15:00)


kyoto-osaka-2017_252

もともと予定には入れていなかったのですが、ちょうど通りがかったのでせっかくということで、寄ってみました。

やはり女性にはうれしいスポットではないでしょうか。
カフェも隣接しているので、ゆっくり休憩するにも向いていますね。

kyoto-osaka-2017_253

庭も美しかったです。

哲学の道で哲学モード!(15:15)


kyoto-osaka-2017_259

フィロソフィ・ロードです。

「哲学の道」はずっと歩いてみたかったんですよね。
約1.5キロの川沿いの道で、日本の道百選にも選ばれています。哲学者西田幾多郎が散策し思索にふけったといい、この名がついたそうです。

人間は歩きながら思考するといいといいますね。

kyoto-osaka-2017_260

今回は友人とわいわいしながら歩いたので、哲学もなにもあったもんじゃないのですが、たしかにいい感じの道で、一人で散歩するのに最適ですね。

禅寺のなかで最も高い格式、南禅寺!(15:45)


kyoto-osaka-2017_277

「哲学の道」をゆっくり歩いて30分ほどすると「南禅寺」に到着です。
「南禅寺」は日本最初の勅願禅寺であり、京都五山および鎌倉五山の上におかれる別格扱いの寺院で、日本の全ての禅寺のなかで最も高い格式をもつそうです。

こちらの写真は歌舞伎でも有名な「南禅寺山門」です。
上に上がることもできますよ。

kyoto-osaka-2017_284

こちらも有名な「水路閣」です。

琵琶湖の湖水を京都市内に流す「琵琶湖疏水」の一部で、明治時代の京都近代化政策の最大プロジェクトと位置付けられていました。今でも現役で使われています。

「水路閣」の上はしっかり「琵琶湖疏水」が流れていましたよ。
これだけ近代的なものを、日本の全ての禅寺のなかで最も高い格式をもつ「南禅寺」の境内に通す明治時代って本当にパワーのある時代だったんでしょうね。

kyoto-osaka-2017_289

国宝である「方丈」にも入りました。
写真は撮れませんでしたが、各室に桃山時代、狩野派の障壁画があり、素晴らしかったです。

kyoto-osaka-2017_292

庭も同様にテーマがあって非常に美しかったです。
なんだか禅を感じますね。

南禅寺順正で湯豆腐&湯葉を堪能!(17:00)


kyoto-osaka-2017_304

旅の締めくくりは、「南禅寺順正」で湯豆腐&湯葉の会席料理です。

kyoto-osaka-2017_302

どれも見た目も味も良くて楽しくなっちゃいますね。
正直、お昼ごはんがまだ残っている感じはありましたが、おいしくてどんどん食べてしまいました。

kyoto-osaka-2017_303

はじめて、湯葉をすくって作りました。
これがまた美味しいんです。今まで食べていた湯葉はなんだったのでしょうか。

kyoto-osaka-2017_309

こちらが最後に出てきた、奈良県産の江戸柿です。
柿もわりと苦手な果物だったのですが、これは本当に瑞々しくて甘くて美味しい!

3日間ずっと食べっぱなしの旅になってしまいましたね。
これにて3日目も終了です。

帰りは京都駅でお土産を買って新幹線で帰りました。
京都駅の新幹線の改札内のお土産売り場も混雑するので30分ほどみておくといいですよ。

まとめ


1年半ぶりの京都は友人とワイワイがやがやと楽しんで来れました。
完全に食い倒れの旅・・・

京都はまだまだ観たい場所がたくさんあるので、定期的に訪れたいですね。

るるぶ京都 大阪'18ちいサイズ (るるぶ情報版 近畿 16)

ジェイティビィパブリッシング (2017-10-11)
売り上げランキング: 195,845

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

*