【レビュー】防水・防塵・防雪・耐衝撃の最強ケース!iPhoneを保護するにはこれが最高!「LIFEPROOF fre for iPhone7」

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

iPhone 7」発売からはや2ヶ月。ついに防水防塵防雪耐衝撃の最強ケースである「LIFEPROOF fre for iPhone7」が発売されました。

lifeproof-fre-for-iphone7



家族によくスマートフォンを落としたり、過酷な状況で使うことが多い人がいまして、なにかいいケースがないかと探したところ、「LIFEPROOF」を見つけまして、iPhone 5sのときから愛用しています。

防水防塵防雪耐衝撃なんていうと、ゴツゴツした、ケースを想像されるかと思いますが、「LIFEPROOF」のケースは機能が備わりながらもスマートで、厚さも重さも気になる程増えません。指紋認証もしっかりできますしね。今回使ってみてさらに操作性も進化したと思います。

それでは、さっそくレビューしていきましょう。

パッケージ


lifeproof-fre-for-iphone7_1

今回はパッケージにシールが貼られていました。
日本仕様ということでしょうか。
スマホ本体とケースのダブル補償についてはのちほど説明いたします。

lifeproof-fre-for-iphone7_2

パカっと開ければ、中身が見える仕組みです。

lifeproof-fre-for-iphone7_3

裏面には、防水・防塵・防雪・耐衝撃の性能があることが英語で説明されています。
360度プロテクロトしてくれるケースなんです。

lifeproof-fre-for-iphone7_4

ケースから取り出してみました。
今回はiPhoneがゴールドだったので、Asphalt Blackにしてみました。
黒と金の組み合わせは王道ですしね。

lifeproof-fre-for-iphone7_5

中身はこちらです。

・LIFEPROOF fre for iPhone7
・説明書
・保証書
・ケースキー
・ステッカー


青いプラスチックは、ケースを開けるときに使うものでした。
今までは爪でがんばって開けていたのが、ケースキーを使うとすんなり開くので便利ですね。

スマホ本体とケースのダブル補償


「LIFEPROOF fre for iPhone7」は防水・防塵・防雪・耐衝撃の性能に加えて、「LIFEPROOF CARE」というLIFEPROOF JAPANが運営する2つの安心補償サービスもあるんです。
製品の安心感とサポートの安心感、どちらもあるだなんて素晴らしいですよね。

端末補償サービス(1年間)


正規代理店でご購入いただいたLIFEPROOFケースをご利用中、お客様の端末に不具合が起こってしまった場合、各端末機(修理費用)の保証を致します。ケースを対象端末以外でご使用された場合は保証対象外となりますのでご注意ください。(※iPhone6ケースをiPhone6sに装着された場合など)

ケース交換サービス


正規代理店でご購入いただいたLIFEPROOFケースをご利用中、LIFEPROOF製品に不具合がみられた場合には、ご使用のケースと同じ商品を無償で交換させていただきます。(※パーツの紛失やお客様自身での加工などの故意・過失を除く)

スマートフォン本体までも補償してくれるとは、太っ腹です・・・それだけ自社製品に誇りをもっているんでしょうね。
しっかりケースを購入したら、登録しておきましょう。

またケースをiPhoneに装着する前に、防水チェックもします。

lifeproof-fre-for-iphone7_6

30分間水に沈めて、ケース内部に水分が漏れないかチェックします。

lifeproof-fre-for-iphone7_7

30分後確認してみましたが、大丈夫でした。
この指示があるのも安心ですよね。

lifeproof-fre-for-iphone7_9

防水チェックをしてください、というシールが貼ってありますので、チェックをしたら剥がしましょう。

iPhoneに装着!


lifeproof-fre-for-iphone7_8

iPhoneに装着しましょう。
ケースのフロント側にiPhoneを置きます。
埃などが入りにくい環境で作業することをオススメします。

lifeproof-fre-for-iphone7_10

あとはケースのバック側をかぶせるだけです。
ギュッギュとケースをはめ込んでいきます。

スペック


・補償サービスご登録対象商品
・防水・防塵・防雪・耐衝撃性能
・対応機種:iPhone 7
・指紋センサー対応
・IP-68とMIL STD 810F-516の基準を備える。
・水深耐久性:最大水深2mまで。
・衝撃耐久性:最大2mからの落下まで。


IP-68とは防塵性能基準6等級の最高レベル(IP6X)防水性能基準8等級の最高レベル(IPX8)を合わせた最高級の品質の証です。
MILスペックとは米軍用品として通用する独自の規格。米軍の規定はとても厳しく、屋外での利用や過酷な環境にも適応し、類のない強度を誇ります。

「iPhone 7」はIP-67なので、それ以上の防塵防水性能です。さらに加えて軍事規格にも対応とはすごいですよね。
2mからの落下に耐えられれば、自分が操作しているところから落下することに対しては安心安全ですね。

デザイン


lifeproof-fre-for-iphone7_11

それではiPhoneに装着したデザインを見ていきましょう。
なかなかスマートだと思いませんか?
もとのiPhoneの大きさとあまり変化がありません。

lifeproof-fre-for-iphone7_10

バック側です。
Appleマークが見えるような小窓があります。

lifeproof-fre-for-iphone7_12

電源ボタン側です。
ボタンに押しごこちもいいですよ。

lifeproof-fre-for-iphone7_13

音量ボタン側です。
サイレントマナーモードスイッチもしっかり操作できます。
安い防水ケースだと、ここがうまく作用しなかったりします。

lifeproof-fre-for-iphone7_14

ドックは、カバーで保護できる仕組みになっています。
またマイク部分はメッシュのような素材になっていて、感度が向上しています。ここは進化した部分ですね。

lifeproof-fre-for-iphone7_15

ドックはパカっと開けると接続できるようになります。

lifeproof-fre-for-iphone7_17

画面もみやすいですね。
この画面を保護しているシートの材質も変わって、以前よりツルツル感と硬さが増しました。操作性が向上しましたね。

lifeproof-fre-for-iphone7_18

ホームボタンの保護をしているシートも同じく素材が向上し、指紋認証の精度も上がったと思います。
Apple Pay」にも対応した「iPhone 7」では指紋認証をする機会が増えましたしね。

使用感


そこまでiPhoneとのサイズ感も変わらないため、違和感なく操作できます。
少し厚みが増すので、ケースを付けないときより手へのフィット感は向上しているかもしれません。

画面操作もこれは、前機種のケースよりも、フィルムが向上したので操作がしやすくなりました。
指紋認証もケースなしのときと変わらないですね。

音声通話もバッチリです。
スピーカー機能もさきほどのマイク部分のメッシュ素材により、向上しました。
以前のケースでも、クリアに音がなっていましたがケースをつけていない状態と変わらないくらいだと思います。

電波強度や、Apple Payに関してもプラスチックケースなので、まったく問題なしですね。

まとめ


よくiPhoneを落としてしまう人や、アウトドアが好きな人、過酷な環境で作業をする人にはオススメなケースです。
防水・防塵・防雪・耐衝撃を望むならむしろこれしかないです。何個からその類のケースを試しましたが、「LIFEPROOF」のケースが一番信頼性と機能性があります。
実際に「LifeProof iPhone6/6s fre」を装着していた「iPhone 6」は、何度も落としたりしましたが、ケースから取り出してみると新品同様でした。

お値段は多少しますが、大切なiPhoneを保護するには最高・最強だと思います。
「LIFEPROOF fre for iPhone7」ならiPhoneに傷をつけてしまったり、画面を割ってしまう恐怖とサヨナラできますよ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

*