【コラム】純正Lightningケーブルは故障しても交換できる!無償交換の手順を説明します!

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

lightning-cable-support

iPhone・iPadなどを買うとについてくるLightningケーブルって持ち歩いたりしていなくてもネックの部分が劣化したり、デバイスにつないだ時に「このアクセサリは使用できない可能性があります」なんて表示が出てきてしまったりしますよね。

実はこれらの症状が出たときに保証期間内であればなんと無料で交換してもらえることはご存知でしょうか。
今回はLightningケーブルの無償交換制度についてお話していきます。同様の方法でイヤホンも交換修理してもらえますよ!

保証期間をチェックしよう!


ほとんどのApple製品は購入してから1年間が保証期間となります。さらにAppleケアなどに加入していれば2年間はサポート対象ですね。
自分の端末が保証期間内かどうかはここで確認できます!



lightning_cable_support

ちなみにiPhoneのシリアル番号は「設定」から「一般」へ行きます。

lightning_cable_support

「情報」を選択して真ん中あたりにあります。

lightning_cable_support

長押しでコピーすることができるので特にメモなどを用意する必要はないです。

lightning_cable_support

「保証状況とサービス期間を確認する」にシリアル番号を入力するとこんな画面になるかと思います。

左側のチェックがついていれば保証期間内ということですね。では交換の申し込みしていきましょう!

交換の申し込み!




まずはAppleサポートに飛びましょう。

lightning_cable_support

下にスクロールしていくと修理サービスという項目がありますのでここをクリック。

LC5

今すぐ修理を申し込む!

LC6

自分の持っているデバイスから保証期間の残っているものを選択しましょう。

ケーブル交換はここ。物理的な損傷と書いてありますが接続しても認識しないなどの場合も大丈夫だと思います。

LC7

イヤホン、ケーブルアダプタの交換。イヤホンの断線も交換してもらえるんですね、試したことはありませんがありがたいサービスですほんとに。

LC9

配送修理だと家に宅急便で届きます。故障したケーブルと交換対応になるので確実に自分が受け取れる日時を指定するとよいでしょう。
持ち込みだとAppleストアまでもっていっての交換になります。

LC10_LI

こちらのケーブルを選択。送り返すもの以外を選んでしまうとおそらく差額が請求されますので注意してください(笑)

最後に住所を入力して申し込み完了!支払いはカードか代引きに対応しています。
ケーブルが明らかに人為的な破壊によるものだとか純正製品じゃないとかそういった問題がなければ料金は取られないのでご安心ください。

(自分はカードで申し込んでしまいましたが、無料という前提で交換に来てくれるのに代引きってどういう風な対応になるんでしょうか・・・?)

宅配を受け取る


自分の場合は申請した翌日にはヤマト運輸が持ってきてくれました。が、家にいなかったため再配達に・・・申し訳ない・・・

クロネコメンバーズに入っていれば事前にメールでお届けのお知らせをしてくれるので日時を指定しておくといいかもしれませんね。
先にも言いましたが、ケーブルは交換対応になりますので故障した純正のケーブルをしっかり用意しておきましょう。

LC11

そうしてとどいた新しいケーブル!もちろん問題なく使用できました!

まとめ


おそらく原則で交換できる条件は、iPhone7にはiPhone7付属のケーブル。iPad Air2にはiPad Air2付属のケーブルということなんでしょうが、正直Appleデバイスだらけの現状どのケーブルがどれかなんてわからないのでたぶん今回送ったケーブルも今使っているiPhone7のケーブルじゃない気がします・・・が!きっと大丈夫だと思います。

自分は純正以外にはカラフルで安価な製品を使ったりしているので純正意外と間違えることはありませんが、やはり予備というかいろんな場所で使うのに一本では足りないですよね。
個人的にはamazonなどで売っている1000円で2本みたいなのよりAnkerとかAmazon Basicsが出している丈夫なケーブルを1本買っておくのをお勧めします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

*