【レビュー】Macを購入したら必ずインストール!ドラッグでウィンドウの最大化、2分割、4分割がかんたんに「Magnet」

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

私は5年ほど前にMacデビューをしたのですが、Windowsからの乗り換えで操作方法や動作面でほとんど困ったりしたことはなかったのですが、ひとつだけ、「なんで?」と思ったことがあります。
それは各種アプリケーションのウィンドウの最大化です。ウィンドウの左上にある「緑色ボタン」を押すと現在のmacOS(OS X 10.9 Yosemite移行)ではフルスクリーン化、OS X 10.9 Mavericksまではウィンドウの左上にある「緑色ボタン」ウィンドウをなぜか上下のみ最大化という機能でした。

当時は、なんで上下だけ・・・?と思っていましたし、現在の挙動であるフルスクリーン化もいまいち使いにくいです。

以前のウィンドウの上下のみ最大化は中途半端に上下にだけ広がって、左右のスペースが気になりますし、現在のフルスクリーン化はせっかくのMacなのにマルチタスクがしにくくてしょうがない・・・
結局やりたいことは、フルスクリーン化ではなくウィンドウの上下左右の最大化と、Windowsのようにウィンドウを左右に持っていけば2分割化です。これがやっぱり便利。

ということで、このようなカスタマイズができるようなアプリはないかと探していましたら、ありました。
2011年当時は「BetterSnapTool」というアプリをみつけて今まで使用していましたが、、最近は「Magnet」というアプリの評価が高いので、せっかくなので乗り換えてみました。

magnet



Magnet マグネット


Magnet マグネット




Developer: デベロッパ:CrowdCafé

Price: ¥120




  • Magnet マグネット Screenshot
  • Magnet マグネット Screenshot
  • Magnet マグネット Screenshot
  • Magnet マグネット Screenshot
  • Magnet マグネット Screenshot






ということで、Macユーザーにオススメの「Magnet」をレビューしていきましょう。

Magnet


・画面の左/右/上/下2分割に対応
・画面の左/中央/右3分割に対応
・画面左3分の2 & 右3分の2 に対応
・全画面 & 画面4分割に対応
・ドラッグで起動(オプション)
・キーボードショートカットで起動(カスタマイズ可能)
・メニューバーアイコンで操作
・Retina及び通常画面で起動
・最大6外部ディスプレイに対応。
・macOS バージョン10.9 Mavericks以降の全てのMacで起動
・macOS 10.12 Sierra 最適化


「Magnet」は以上のような機能があります。
いろいろ書いてありますが、基本的にはウィンドウのサイズをドラッグショートカットキーメニューバーアイコンより操作することができます。
私の環境では「BetterSnapTool」ですと、スタートアップでうまく起動しない時もあったのですが、「Magnet」はしっかり起動してくれるのが乗り換えて嬉しかったことですね。

また最大6外部ディスプレイに対応しているのも地味にうれしい点ですね。
動作としては最近のMacなら軽快ですね。「iMac(Retina 5K, 27-inch, Late 2015)」も「MacBook Pro(2017)」でもしっかり挙動します。引っかかることもないですね。

インストール


「App Store」から購入して、インストールします。
「Finder」よりアプリケーションフォルダを開きますと「Magnet」があるのでダブルクリックします。

あとはガイダンスに沿って設定していくだけです。
起動すると「マグネットを承認してください」という表示が出ますので、承認していきましょう。

setting

ガイダンスの指示に従えばいいのですが、まずは「システム環境設定」を起動します。
上の方にある、「セキュリティとプライバシー」をクリックし、「プライバシー」タブのメニューより「アクセシビリティ」をクリックします。

setting

一度、左下の鍵アイコンをクリックしてMacログイン用のパスワードを入力して解除しましょう。
そうすることで、「Magnet」の左のチェックボックスにチェックを入れることができます。
これで設定完了です。

使い方


「Magnet」の使い方は先ほども説明した通り、ウィンドウのサイズをドラッグ、ショートカット、メニューバーアイコンの3種類の方法で操作をすることができます。

ウィンドウをディスプレイの端にドラッグ


magnet

おそらく一番使うであろう、ドラッグによりディスプレイサイズの操作ですね。
ショートカットのほうが早いとは思うのですが、ドラッグのほうが直感的な操作ができます。

アプリのウィンドウはメニューバーのあたりをクリックしてドラッグで移動することができますが、ディスプレイの端までもっていくことで、上端は最大化、下はそれぞれ3分割などすることができます。

・・・3分割はしたことがありません。

magnet

基本的にはこちらを使うことになりますよね。
角は4分割、両端は2分割です。2分割と最大化をかなり使います。

ショートカットキーによる操作


Mac上級者の方々はマウスやトラックパッドでドラッグなんかしてられないかもしれませんね。
ご安心ください。ショートカットキーで全て操作できます。

基本的に「オプション(option) + コントロール(control)」と何かのキーがショートカットになります。
ショートカットキーの配置が体感的に操作できるような配置になっているので覚えるのも楽かもしれません。
2分割系は矢印ですし、最大化は「リターン(return)」ですからね。

メニューバーアイコンによる操作


magnet

キーボードショートカットやドラッグの位置を覚える自信がない人には、メニューバーという選択肢もあります。対応するオプションをクリックするだけで、ウィンドウを好きな場所に動かすことができます。

まとめ


Macを購入したらインストールするべき「Magnet」の紹介でした。
これがあるとないでは、作業効率が全然違いますね!

かゆいところに手が届く秀逸なアプリだと思います。



Magnet マグネット


Magnet マグネット




Developer: デベロッパ:CrowdCafé

Price: ¥120




  • Magnet マグネット Screenshot
  • Magnet マグネット Screenshot
  • Magnet マグネット Screenshot
  • Magnet マグネット Screenshot
  • Magnet マグネット Screenshot




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

*