【まとめ】今年もアニメとマンガを楽しもう!2018年1月開始のアニメ原作コミック8作品!

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

collage

あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いいたします。

さて、早速ですがもう今季のアニメが始まりましたね。
結構自分の好きな漫画のアニメ化がいくつもあるので楽しみです。
というわけで今回は1月開始のおすすめアニメの原作をまとめてみました。

ポプテピピック


ポプテピピック (バンブーコミックス WINセレクション)
竹書房 (2015-12-07)
売り上げランキング: 50


Twitterをやっていたら一度は目にしたことがありそうです。

『ポプテピピック』は作者自らがクソマンガと呼ぶような4コマ漫画で、コピーペーストは当たり前、ネタもその時はやっているものや言葉、アニメや漫画やゲームなどをパクt・・・オマージュしたものとなっています。
基本的に何でもありの4コマで主人公のポプ子とピピ美が好き放題やるという内容で、ストーリーなどは特にありません。

何が面白いのかわからないという人もいると思いますが、まんがタイムWINでWEB連載しているのでとりあえず見てみるのをお勧めします(笑)

[1-1] ポプテピピック【1】 / 大川ぶくぶ / まんがライフWIN

ちなみにアニメの放送も大盛況でいろんな意味で話題になりました。
こちらもニコニコ動画やAbemaTVで見ることができると思うのでチェックしてみてください。

ゆるキャン△


ゆるキャン△ 1巻 (まんがタイムKRコミックス)
芳文社 (2015-12-04)
売り上げランキング: 417


読むほどキャンプがしたくなる!1月からはアニメも始まる『ゆるキャン△』

『ゆるキャン△』は去年の年末に紹介しましたね。
静岡に引っ越してきた女子高生がソロキャンプ中の女子高生と出会い徐々にキャンプの面白さにハマっていくというような話です。

空気感とキャラクターの生き生きした感じが大好きでおすすめです。
作中では秋→冬にかけてキャンプをしているシーンが多いのですが、富士山周辺の冬って尋常じゃなく寒そうですが、防寒すれば大丈夫なんでしょうか・・・?

アウトドア系の漫画って読むと影響されて「ああ~キャンプしてぇ~!」ってなりますよね。
キャンプと言わず薪を燃やすだけでテンション上がります。顔めっちゃ乾燥しますが。

ハクメイとミコチ


ハクメイとミコチ 1巻 (ビームコミックス)
樫木祐人
エンターブレイン
売り上げランキング: 19,367


『ハクメイとミコチ』は森にすむ小人の物語です。
この世界には彼女たちのような存在以外にもさまざまな動物や昆虫たちも共に暮らしています。

街や家を作って暮らしている彼らの生活水準は結構高く、そこで生きている感があっていい雰囲気です。
大工をしたり料理をしてお店を開いたり歌や踊りを披露したりなど、毎日楽しそうに暮らしています。

漫画では背景や建物、木々の描き込みがすごいのでアニメではどのようになるのか楽しみです。

三ツ星カラーズ


三ツ星カラーズ1 (電撃コミックスNEXT)
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス (2015-04-27)
売り上げランキング: 6,377


『三ツ星カラーズ』は上野の平和を守る(という設定)小学生3人の自由奔放な日常系漫画です。
平和を守るといっている割に警察官にちょっかいを出したり、ハゲを見つけては遠くから揶揄したりとあまり守っている感じはないです(笑)

正直に言ってすごく面白い!というわけではないですが好きです。
日常系漫画なんていうのはかわいいキャラクターが生き生き動いていればいいんです(暴論)

封神演義


封神演義―完全版 (01) (ジャンプ・コミックス)
藤崎 竜
集英社
売り上げランキング: 111,291


『封神演義』は2000年まで週刊少年ジャンプで連載されていた漫画で、個人的にはジャンプ作品の中で5本指に入る好きな作品です。
仙人である主人公の太公望が、人間界と仙人界を巡った歴史の流れと戦いに巻き込まれていくというような話です。

戦いは「宝貝」という固有の能力を持った道具を使い、時に力で、時に策を弄して戦う手に汗握るバトルが多いので非常に面白いです。
主人公にしては当時では珍しい「やる気ない系」だったので新鮮でした。

今回のアニメ化にあたって、うれしい反面、どこまで放送されるのだろうかという思いもあります。楽しみですね。

オーバーロード


オーバーロード(1) (角川コミックス・エース)
KADOKAWA / 角川書店 (2015-06-26)
売り上げランキング: 326


『オーバーロード』は小説投稿サイトに掲載されていたものが原作の作品です。

VRMMORPG「ユグドラシル」のサービス終了までプレイしていた主人公・モモンガは、かつて栄華を極めた自分のギルドで一人で終わりを迎えようとしていた。
しかしどういうわけか、ゲームの世界に取り込まれてしまい、ログアウトもできない状態に。

NPCは人格を持ち、自分も人外のキャラクターの性質をそのまま受け継いでしまう。
かつての仲間やほかのプレイヤーを探すために自分の名をギルド名「アインズ・ウール・ゴウン」となのり、新たな世界に踏み出していくという話です。

小説投稿サイト系の中では好きな作品なので2期が決まってうれしかったです。
劇場版もやっていましたが、見に行く機会がなかったのでそのうちなんとかして見たいですね。

からかい上手の高木さん




西片くんと高木さんの甘酸っぱい学園生活を描いた作品です。

もう甘ずっぺえの一言しかない・・・

いつもなにかとからかってくる高木さんを見返してやろうと頑張る西片くんと、それを一手上回ってくる高木さん。
これを毎回繰り返すだけですが、だんだん読んでいるとこれもう付き合ってるだろ・・・と突っ込みたくなります。

あまりラブコメとか読まない自分ですがこの作品は結構好きです。一瞬フィギュア付きの特捜版を買おうかなと思った程度には・・・(笑)

衛宮さんちの今日のごはん


衛宮さんちの今日のごはん (1) (角川コミックス・エース)
KADOKAWA / 角川書店 (2017-01-26)
売り上げランキング: 70


『衛宮さんちの今日のごはん』は、Fateのキャラクターが仲良く暮らしている世界線の料理漫画です。

まあとかく殺し合いが日常茶飯事のこの冬木という町で、こんな楽しそうな日常が送れたらどんなに幸せか・・・と思ってしまいますね。
というわけで誰もがなかよく暮らしているので、とても緩くていい雰囲気です。

この漫画はよくある料理を作った!レシピ!おわり!という感じではなく、衛宮士郎がちゃんと手順を追って作ってくれるので、漫画の通りに作ればきちんと完成するのが素晴らしいですね。
もちろん1話ごとにもレシピがちゃんと手順付きで載っているので再確認も簡単です。

絵もきれいで読みやすいですし、いいスピンオフだと思います。

まとめ


今期は本当に自分が読んでいる漫画がたくさんアニメ化したのでうれしいですね。
HDDが録画でいっぱいになっちゃいそうです。
いろんなジャンルがあるので何でも気になったのを見てみると面白いかもしれませんよ。

それでは、今年も頑張っていきましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

*