【みなとみらい 散策】その5~土屋鞄→鎌倉花火大会

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

こんばんは。
マサキです。
今日は昨日の取材と鎌倉花火大会について、まとめたいと思います。



14時に横浜駅でカッキーと集合し、毎度おなじみ目的地までみなとみらいを横断していく。
その日は高温多湿の天気で、梅雨があけたとはいえ汗だくになりながら歩きました。

目的地は土屋鞄。
もともとはランドセルをつくる革用品店だったのですが、展開し、さまざまな小物やバックをつくるようになったお店です。
 
僕は去年の今頃にいい筆箱を買おうと思ったところ知り合いに革がいいと勧められいろいろ調べたところ、土屋鞄を知り筆箱と出合いはまってしまいました。今では小銭入れももっています。
革は少しずつエイジングしていって飴いろになっていくのがとっても素敵です。

DSC02083

購入直後です。

DSC03372

今です。



ちょっと写真の写り方のせいで伝わらないかな。。。
でも革にあるもともとのくせがでてきたのと光沢がでています。

最初は傷もつけないように丁寧にあつかっていたのですが、いつのまにいか傷も味かなぁと思うように。どんなものでもそうですよね。 

土屋鞄は「SPOT NOTE みなとみらい」を立ち上げたときからいつか取材したいと思っていた場所なのですが、時期尚早と思いながらもメールしたところまさかのオッケーが!
なにやら本部でサイトをみていただいたうえでのゴーサインだったらしく、その話をきいてからプレッシャーが笑

土屋鞄では店員さんといろいろなおもしろい話をきくことができ記事をつくるヒントになりました。



また昨日から土屋鞄の各店舗でFace Bookでチェックインをするとノベルティがもらえるのでチェックインしてストラップをもらいました。


 
土屋鞄をでたあとは、花火大会に向かったのですが、途中カッキーに「花火はカメラにレリーズをつけて撮影したほうがいいぞ」とそそのかしヨドバシカメラによって買ってから鎌倉に向かいました。
 
実は鎌倉にも土屋鞄はあるのですが、さっきのチェックインノベルティ、同店舗なら違う日に同じ日なら違う店舗でチェックインすると今度はスマートフォンをいれるケースがもらえるんです!


 
鎌倉店はまた落ち着いた雰囲気で素敵でした。

花火をみる由比ヶ浜では僕の父やその友達が毎年場所をとってみているのでそこにお邪魔しました。おいしい料理やお酒をのみおなかがいっぱいになったころに花火大会がはじまりました。
 
今年はDJさんが軽快なトークをしながらの進行でそれも楽しめました。
途中でメッセージ花火というメッセージをよみながらの花火ではプロポーズなどをしている人も。
 
また今年は日本の名作花火というコーナーもあり、日本中の花火コンテストで優勝した作品が打ち上がりました。
 
撮影も去年より風の向きもよくまずまずな仕上がり。
 



 
撮影後は鎌倉まで歩いたのですが、駅が規制入場で大変なことになっていました笑
アイスをコンビニでかってのんびりならんで鮨詰めになりながら帰宅しました。
 
花火をみると夏がはじまった~てな気持ちになりますね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

*