【レビュー】経済の知識がなくても大丈夫!ハラハラ人質サスペンス!『マネーモンスター』

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

これもずっと気になってた、映画です。
個人的になりたいおっさんランキング1位のジョージ・クルーニー主演の『マネー・モンスター』です。

マネーモンスター

私は専攻が経済学だったり会計学だったりするので、経済映画は毎回観ているのですが、この映画は経済の知識がなくてもエンターテイメントとして楽しめるように成立していてうまいなぁと思いました。
少し、株についてのイメージが鮮明だと、カイルの境遇や、アイビス社の詐欺について理解は深まるかなと思います。

あらすじ


司会者リー・ゲイツ(ジョージ・クルーニー)の軽快なトークと財テク情報で高視聴率を稼いでいるTV番組「マネーモンスター」。番組ディレクターであるパティ(ジュリア・ロバーツ)はセットの陰に潜む不審者に気がつく。突然鳴り響く銃声。犯人(ジャック・オコンネル)が銃を手にリーを人質にとり、番組がジャックされた。
株の情報操作が意図的に行われ、全財産を失くしたとTVを通じて視聴者に訴える犯人。その原因は、数日前のO.Aでリーが発した情報だった。犯人の主張の中で、リーは自分自身も誤情報を無自覚にタレ流していたことに気づく。一体何が起きているのか―。
ウォール街の闇に封じ込まれた情報操作を暴くため、リーは人質から"共犯"へと立場を逆転させる。一方で警察の銃口は彼らに狙いを定めていた。事件の中継を通じて、徐々に見えてくる”真実”。その核心が暴かれようとしたとき、彼らと全米の視聴者が直面する、知ってはならない「結末」とは―。
公式ウェブサイトより)


さすがイケイケオヤジのジョージ・クルーニー!


「Are you Mr.George Clooney?」

かっこよすぎですね。今回演じたのは経済エンタメ番組の司会者リーです。
予告では、真面目な番組の司会者なのかなと思ってたら、なかなかバラエティ番組色の強い経済番組の司会者で、司会者の登場は毎回踊ってるから笑えます。
そんな飄々としたキャラを違和感なく演じるジョージもさすが。

リーはみのもんたとか、宮根誠司を思い出しましたね。
みのもんたが飄々となった感じといえばあってるかもしれません。

過激な発言と、コミカルなトークで経済番組をまわしてきたリーですが、番組中にカイルという男が銃でスタジオをジャックしたところから物語はスタートです。
個人的にカイルは逆恨みじゃないかという感情がずっとあったのですが、いちおう後半でカイルにも感情移入しました。後ほど書いていきます。

コミカルなリーと打って変わって、あわあわするリー。
自分が半分ふざけながら放送した映像を見せられるシーンは、黒歴史ノートを読まれているみたいでかわいそうでした。

でも本質はおしゃべりクソ野草なリーなので、カイルにもペラペラしゃべったり、余計なことを言って刺激したりと、ハラハラ感はとってもありましたね。

物語の後半からアイビス社の陰謀に迫っていくのですが、カイルに同情しつつ、自分も騙されていたことに気がつき、共犯となり、アイビス社の社長を白日のもとにさらす展開はなかなか良かったです。
最後は悲しい結末になるのですが、リーが最後までカイルを死なせないようにしていたのは、ほろりときました。

ちょっとおバカな脅迫犯カイル


最初はちょっとバカな犯人だな・・・と思ってたカイル。
でもなかなかいいやつでしたね。

そもそも誰の情報を信じようと株の投資は自己責任なのだから、カイルがスタジオをジャックしたのは完全な逆恨みだし、カイルの彼女がカイルを全国放送で罵倒したように、アホで間抜けなカイルくんです。
結果的に、アイビス社が詐欺を行っていたので、カイルはある意味正しいのですが、途中から俺はどうすればいい状態だったカイルは人間的には同情できますよね。

最初はただの逆恨み激情マンだったカイルもリーのおしゃべりによって、冷静になっていく様子は、ある意味いいのですが、カイルの存在意義が逆恨み野郎だけだったので、犯人の存在感がなくなっていくという脅迫モノでは珍しい展開です。
結果的に、アイビス社の社長に、ただ謝ってもらいたいという気持ちに切り替わっていくのですが、これはなかなか感情移入できますね。
結局、人間は補償なんかいらなくて、ただ非を認めてもらいたい、謝ってもらいたいっていう抑えきれない感情というものがあると思います。

いろいろぶれっぶれなカイルでしたが、一人の人間の行動理由なんてコロコロかわるし、こんなものですよね。
あっけない結末含めてその辺はリアルさを感じました。

世界に発信したことの影響ってあるのかな


リーは経済番組の司会者として、アイビス社をすすめて、それによって損をした人間はたくさんいました。
影響力がありますね。

カイルもジャックをして、自分の主張を全世界に発信しました。たしかに劇中でもその様子を多くの人が観ている様子が映し出されます。

途中、リーはカイルの損失を回復させるために、アイビス社の株を観ている人は買ってくれという展開になります。なんとなく雰囲気もみんなで株を買おうという様子になり、一瞬株価が上がるのですが、すぐにむしろ低い株価に・・・
カイルはリーに対して、「お前は人間を信じていない。信じているのは金だけだ。」と言います。たしかにリーの主張も自分が助かりたいために、株を買ってくれというある意味欲にまみれた主張だったので、視聴者にはそのゲスな心がばれたのかもしれませんね。

そして、カイルが巻き起こした事件も終わってみれば、人々は日常に戻ります。
これだけの情報社会、人々にとっては、この事件すら自分とは関係ない場所での出来事でしかないんですよね。
だから、野次馬的に事件を面白がっても、それに対して真剣に考えようとはしない。いわば対岸の火事なんです。

これは自分も実感があるし、当事者になるまで、人って危機感とかを覚えませんからね。
所詮は想像だし、フィクションとして捉えてしまいます。

この辺りのリアルさが、『マネーモンスター』では残酷に描かれていたのかな。
リーも事件が終わってみれば、プロデューサーとニッコリ未来の話をしていましたし。

まとめ


マネー・ショート 華麗なる大逆転」に引き続き経済をテーマにした映画でしたが、今作は経済そのものに詳しくなくても、演技やストーリーで充分楽しめる仕上がりでしたね!
経済初心者にもオススメです!

ジョージ・クルーニー好きならぜひ観てみるといいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

*