【ライブレポ】Mr.Children TOUR 2015 REFLECTION(15/05/27 横浜アリーナ)

この記事を読むのに必要な時間は約 17 分です。

先日のサザンオールスターズのライブに引き続き、本日は「Mr.Children TOUR 2015 REFLECTION」の横浜アリーナ公演の初日に参戦してきました!

logo_live31

Mr.Childrenのライブは去年のFCツアーは外れてしまったので、「Mr.Children[(an imitation) blood orange]Tour」ぶりですね。
あの時も横浜アリーナだったのですが、なんと最前列でした。
まだブログを開設してなかったので、ライブレポはありませんが、いい思い出です。

さて、今回のツアーではメモリアルスタンプがあったり、アルバム予約会があったり、いつものツアーとは雰囲気が違いますよね。
もちろんツアー後にアルバムを発売という、ほとんど予習ができないツアーだったのも大きいですよね。

「あの曲がライブで聴きたい!」ということもあんまりなかったので、不思議な気持ちで当日を迎えました。

グッズはすでにネットで注文していたので、メモリアルスタンプを記念に押しました。

DSC05634

DSC05641

周りの人をみたら、ちゃんと色紙みたいなものをもってきてスタンプをしていました。
僕もなにかスタンプ帳のようなものをもってくればよかったです。

アルバムもAmazonで注文していたのですが、当日に届く予定であることを聞き会場で予約しました。
6/4に届いてほしいです。



まだ時間があったので、ツアートラックを撮影したりもしました。

DSC05635

さて、会場に入ります。
今回はステージからみて右側のアリーナ席!
わりと近いかな?

このライブ前の雰囲気は何度味わってもいいですよね。
ドキドキします。

そして19:10...暗転。

ここからネタバレありますので注意してください!

黒服の男たちが食事をしているアニメーションがはじまりました。
今回はステージ全体に映像が出てすごく引き込まれます。

ピアノのインスト曲の「REFLECTION」が流れます。
女の子がイヤホンをつけると世界が変わっていきました。

01. fantasy


一曲目はこれでした!!!
フルで聴くのははじめてなので、最初はわかりませんでしたが、すぐにひきこまれました。
Aメロまではスモークがたかれシルエットに映像が投影されていました。

そしてそこから開けてメンバーが見えます。
桜井さんは久しぶりのMartin D-28!
僕も持っているアコギでちょっとうれしくなりました!HOME Tourぶりですね。

DSC04367



BMWのCMで使われているところは大サビなんですね。
イメージよりネガティヴな歌詞でした。

七人の敵が、みたいな歌詞があったと思うのですが、その敵が冒頭の映像で食事をしていた黒服の大人達でした。

はやくアルバムで聴きたいです!

02. ロックンロールは生きている


きました!!!盛り上げます!!!!
いつもよりさらに、バンドテイストなアレンジです。

「おおっおおっおおっお〜」の最後もシャウトになってたり、ライラライのコーラスを煽ったりしていました。

「未知なる可能性を探っているぅ↑」と、この部分もオクターブあがっていました。

いままでは途中からハンドマイクに変わりましたが、今回はずっとギターボーカルです。

しかも間奏のときにギターを桜井さんがガシガシ、蹴っているようなアクションがすごかったです。
会場が狂気につつまれています。

03. 旅人


JENが「よーーーこーーーはーーーーまーーーー」「準備はいいかぃーーー!!!!」など煽ってカウントしてはじまりました。

この曲は本当に好きで、聴けてよかったです。

僕らは猥褻の猥褻がシャウトになるバージョンいいですよね。

旅人のところも煽りためにシャウトに。

2番の歌詞を変えて、「君もまた旅人」にしていました。

2番が終わると、フェードアウトして、掛け合いをして「やるじゃない横浜」と桜井さん。

そのあとジャカジャカ弾きながら静かに歌い始めて盛り上げていきました。

「神頼み、み、み、み、み、み、いぇーい」みたいな終わり方。

この辺りでもうオーディエンスの盛り上がりがおかしなことになっていました。
みんな叫んでいます。
この段階でここまでの盛り上がりのライブははじめてかもしれません。

04. fanfare


まだまだ盛り上げて行きます!!!!
まさかの原曲キーです。

イントロのピアノが昔の「未来」のライブアレンジっぽいイントロでした。サニーさんらしいアレンジ。

今回のライブは本当にどうしたのか、という感じのテンションです。
桜井さんもライブ終盤のようなテンションです。

田原さんがこの曲は口ずさんでいるのが印象的です。

「どーーーもありがとぉおおお!!!Mr.Childrenでぇす!!!」

ここでMC。

「元気ですか?よこはまーーー!」ときいたあとこういう聞き方じゃダメなんだよね「元気ですか?横浜アリーナーーーー!」と。

もう会場は大盛り上がりです。
序盤でここまで盛り上げてくるのはすごいです。

レコーディングは東京タワーとお台場の中間くらいのスタジオでやっているみたいです。

横浜アリーナはMr.Childrenにとってホームグラウンドらしいですね。
前も言ってました。

未発表曲をやるので、心全部、体全部、五感をときには、視覚、聴覚、嗅覚を使って楽しんでください、とのこと。
嗅覚のときにJENが腋の匂いをアピールしていました。
そのあとおじさん臭をあんまり出さないように、でも人間臭さは出したいとか言っていました。

来週アルバムが出ることをちょこっと言って次の曲へ。

「めろでぃ〜↑」

05. Melody


少しクールダウンですね。
ほっとします。

キラキラした雰囲気がいいです。
今回のライブは照明もかなり効果的に使われています。
上のほうの照明がステージ全体と有機的に結びついていて立体的です。

そういえばいつもの青いアコギじゃなくて、Gibsonの青いアコギを使っていました。これは初めて見ます。

「今までいろんなものと戦ってきた人、そして今も戦っている人に送ります、FIGHT CLUB」

06. FIGHT CLUB


きました!
この曲は次期アルバムの中で一番好きです。
映画で観たときに衝撃をうけてずっと聴きたいと思っていました。

イントロのドラムとギターフレーズがいいんですよね。
今回はギターのハモりがありますね。

映画では桜井さんはアコギでしたが、今回はエレキ。

田原さんのギターソロもまたしびれます。





07. 斜陽


間髪入れず、「斜陽」へ。
この曲もかっこいいです。
アコギの刻みとドラムのリズムがたまりません。

この曲からまたD-28に戻っていました。

08. I can make it


そのまま弾き語るようにはじまりました。
この曲の歌い方がとっても渋くて好きです。

スクリーンに「みにくいアヒルの子」の映像が流れたり、曲の終わりにいろんな映画のendの映像が出て映画を見ているようでした。

この曲はdripには収録されないんですよね。

ここでまたMC。

「Mr.Childrenが好きな友達がもともといく友達がいけなくなって誘われたあなた」や「彼氏がカラオケや車の中でMr.Childrenを流して、一度ライブにこいよ、と言われてきたあなた」にとってはこのライブ知らない曲ばっかでこのままなの?とお思いですよね、みたいなことからMCがはじまりました。

これからの曲は有名な知っている、そんな「あなた」も楽しめます、と続け、さらに花道に移動します。

サニーさんの紹介はここでありました。
サニーさん久々ですよね。

サニーさんのコーラスは主旋律に寄り添うのが好みです。

これからやる曲は2000年の1月にリリースされた曲ですが、一番をみんなが歌いバージョンか、わたくしが歌うバージョンのどちらがいいかイントロがはじまって、歌いたい人が手を上げてそれをみて判断します、とのこと!

僕はライブはしっかり合唱じゃなくて歌ってほしいと思って手を上げなかったのですが、今回は桜井さんが歌うバージョン。

09. 口笛


大好きな曲です。
高校生の頃一番好きな曲でした。

ちょこっとオーディエンスにも歌わせてくれましたね。

今まで未発表曲や盛り上がる曲ばかりでしたのでしんみりなってしまいます。

曲の終わりに桜井さんはみんなに歌って欲しかったといってました笑

そしてけっこうしゃべるから座ったりトイレにいってと促します。
こういうのはじめてですよね。
今回のライブは曲数がちょこっと普段より少ないですが、MC多めのコンセプトでもあったのかな。

その分Mr.Childrenとオーディエンスの距離が縮まって盛り上がりも増しました。

桜井さんはペットを飼っているのですが、その中の金魚の話です。
金魚の水かえのとき、中和剤を使うのですが、冬は寒いので夜に水を用意して次の日の昼に水をかえていました。

するとこんなことを何度か繰り返していると金魚が病気になったり、死んじゃったり。

ペットショップの人に聞くと水は流れがないようのしておくと腐ってしまうとのこと。

その話から心も同じように、感動や悲しみがないと腐ってしまうと連想してできた曲をやりました。

10. HANABI


そろそろライブでやるのかなと思っていて、MCの時点で1カポだったので、「しるし」か「HANABI」だと思っていたら、こちら。
久しぶりに生で聴けてよかったです。
もう一回のところはほとんどオーディエンスにふっていました。

そういえば原曲キーで歌っていました。
fanfareも原曲キーでしたし、すごいですね。

MCの話はCメロに現れていますよね。

滞らないように
揺れて流れて
透き通ってく水のような
心であれたら


そしてまた長いMCコーナー。
珍しくMr.Childrenのライブで着席が起きます。

今度はTVをみるときの話。

一つ目はガールズトークの番組はチャンネルを変えるという話。
これはTV番組をつくるスポンサーのお金はそのスポンサーの会社で一生懸命働いた大人たちからできているのに、その一生懸命働いた大人たちのお金が結果的に、居酒屋で女の子がしゃべる番組になっちゃうなんてという話。

女の子には反感かっちゃうから小声で言いますって言ってました笑

ちなみに桜井さんが仕入れた情報曰く、ガールズトークは性行為と同等の興奮の度合いがあるらしいです。

そしてもう一つは「答えはCMのあと」というフレーズに対してで、昔はそのフレーズがきたらザッピングをしていたのですが、なんでそのフレーズがきたら自分がチャンネルをわざわざ変えなきゃいけないかと思って最近はそのフレーズがきたら微動たりせずCMを見続け、そしてそのCMの商品は買わないてなことを冗談っぽく言っていました。

おじさんの小言コーナーでした笑

そして真面目トーンになり、ガールズトークやCMならチャンネルを変えたりTVを消したりすればすぐに切り替わるけど、ニュースなどで連日報道される内容などは切り替わることが難しいということ、そして今年は戦後70年ということでちょっぴり平和のついて考えつつ次の曲へ。

11. 口がすべって


結論を言うととってもいいアレンジ。
これははやく映像で見たいです。

MCの内容は二番の歌詞ですが、歌い方のアレンジも演奏もとってもよかったです。

「争い続ける」で手を伸ばして銃のようなハンドサインをして、「血が流れている」で撃ち抜くようなアクションをしているのがとっても印象的でした。
またそのときに、演奏がミュートで、歌だけになるのもよかったです。

ap bank fes 12のときの「Image」のCメロを思い出しました。

最後の「でも いつの間にやら また笑って...」のところから「君も笑ってる〜センターも笑ってる〜アリーナも笑ってる〜スタンドも笑ってる〜横浜も笑ってる〜」と追加されて、「それが人間のいいとこ」と歌って、アウトロっていうのが本当に感動しました。
 
曲の終わりに暗転して、メンバーがまたスモークの中に消えて行きました。

12. 蜘蛛の糸


映画のときはまたラブソングね、という感じで注目はしなかったのですが、とってもいい曲ですね。
今までのラブソングと違った、大人の一歩引いたような、諦観のあるようなラブソングです。

これまた映像が素晴らしかったです。
一つのショートムービーを観ているようでした。

13. REM


イントロで「まじか!」と叫んでしまいました。
ライブではやらないと思っていたら、まさかの「REM」きました!
REFLECTIONの方向性を決めた一曲ですね。

思ったより周りの人が乗っていないような印象をうけたのですが、そこまで人気ないのでしょうか。
僕は大好きです。

しかし、かっこよかったです。
スモークがたかれて、そこに映像が映し出されていたのですが、立体的な映像になっていてすごかったです。

若干、花道で演奏しているときに声が心配だったのですが、蜘蛛の糸で復活してこの曲では絶好調でした。

14. WALTZ


こちらは映画でもCMでも聴いたことがない曲でしたが、まさかのロックでしたね。
もっとゆったりとした曲と思っていたら、全然そんなことなかったです。

終始、シャウト気味でしたし、イントロやアウトロなどギターフレーズが「REM」と同系統でした。

Cメロあたりで花道に桜井さんが移動してくるくる回りながら歌っていたのですが、映像で女の人が踊っている様子と重なり、「WALTZ」を踊っている演出がありました。

そしてCメロ終わりの「殺すぜ」という歌詞。
そこからもうすごい演奏と歌でした。

最後はシャウト気味に演奏終了。
これまたはやくアルバムで聴きたいですね。

15. 放たれる


アカペラからはじまるバージョン。
リリースから1年ほどたってはじめて生で聴きましたが、ライブ映えしますね。

曲が終わるとナレーション付きで進化論の説明が入ります。
内容は映画で桜井さんが言っていたことと同じです。

16. 進化論


この曲はちょこっとタイアップで聴いたりして予習ができていたのですが、本当にすーっと心に入ってきますよね。
ギターのフレーズもまた心地よい歪み。

空を飛び 月を歩き それでも自然に脅かされる
すべて受け入れて見果てぬ夢を素敵な夢を君と見ていたい


この部分が本当に好きです。
この歌の映像もとっても素敵でした。

「聞こえているかい横浜!聞こえているか横浜ー!、これが僕らの新しい足音」のようなことを曲が終わって次の曲のイントロが流れて言います。

17. 足音 ~Be Strong


本当にライブ映えしますね。
けっこう音源で聴いていたので、この曲に関しては満腹気味と思っていたのですが、さすがに生で聴きますと違いますね。

「いぇっへい」のところが鳥肌が立ちます。
「誰かがきっといる」のところに気合が入っていました。

この曲では照明が効果的に使われていました。

18. 幻聴


映画と同じイントロから、きましたこの曲「幻聴」!
盛り上がりますね。
Aメロの歌い方本当に好きです。

オーディエンスとの掛け合いも最高でした。

ここで本編終了。

アンコール。

メンバーが戻ってきました。
It's youという副題がついた曲をやります、とまず言いました。
こんな風にみんなが待っててくれたから、ライブができます、まっててくれた「あなた」に歌います、のようなことを言っていました。

19. Everything(It's you)


大好きな曲です。
シンプルなアレンジでかっこいいです。
POPSAURUS 2012のときよりもっとグッときました。

やっぱりこの間奏の田原さん、そして桜井さんのギターソロが本当にかっこいいんですよね。

演奏が終わって、例のイントロ!

20. エソラ


やっぱり盛り上がりますね!
もうおかしくなってしまうほど飛び跳ねて叫んでいました。
桜井さんの煽り方もすごかったです。

あ〜これであとは、「未完」やってないし、「未完」やって終わりかな?
いいライブだったな、としみじみしていますと。

「まだおわんないよ!よこはまぁーーー!!」

21. Marshmallow day


畳み掛けてのこの曲です!
もう壊しにかかってきてますよね。

「中心に向かって突き上げるよ」のところのジェスチャーが下ネタでした笑

「ゆぁ、びゅてぃふぉー」のところはオクターブ上げ。

blood orangeのときもこの「エソラ」からの「Marshmallow day」ですごくなりましたが、今回も当然すごくなりました。

間奏あたりで田原さん、ナカケーも花道にきて演奏。
かっこいいです。
このときにメンバー紹介もしていました。
「歌!横浜!」っていって大サビはちょこっとふっていました。

最後のところも原曲通りに歌ってました。

曲が終わって、映像が流れてまた、インスト曲の「REFLECTION」。

そしてフィードバック奏法がはじまってあの曲。

22. 未完


やっぱり最後はこの曲でした。
珍しくアンコールで4曲ですよね。

やっぱり桜井さんはブルーフラワーが似合います。
一番はサビ前がカッティングで二番ではドラムになるのが好きです。

間奏で、4人が向き合って演奏しているのがよかったです。

だからもうユニホームを脱いで脱いで
自由自由自由


ここ大好きです。
もう盛り上がりました。

そしてメンバー紹介と、挨拶。
これで終わりです。

会場BGMは「足音 ~Be Strong」だったのですが、JENが「あと一歩、次の一歩」のところと「いぇっへぃ」のところで変な踊りをしていました。

最後の最後に「いいことばっかりじゃなくて、嫌なこともあるけど、できるだけハッピーに過ごして、また会いましょう!」といってました。

平日だから遅く始まったからこんな時間になっちゃったけど気をつけて帰ってね、とも言ってました。

終演は21:50くらいでした。

今回のライブは、例をみない盛り上がりだった気がします。
演奏もそうでしたし、オーディエンスもすごく盛り上がっていました。

照明や演出が凝っていたのも素晴らしかったです。
スモークに光を当てて立体的にするのはプロジェクションマッピングのようでした。

セットリストも休む間もない構成ですよね。
だからこそ途中のMCを長くしたのかな。

ここまで僕も盛り上がれたライブははじめてかもしれません。
とくに初っ端の4曲がすごいです。
最前列だったblood orangeのときよりも盛り上がれた気がします。
汗だくになりました。

やっぱりMr.Childrenはロックバンドだなと実感しました。

アルバムをリリースする前にライブをするのってこんなに楽しいんですね。
ちゃんと予習していくライブとはまた違った発見もありました。

ツアーもあとはさいたまスーパーアリーナ公演を残すばかりとなりましたね。
そしてついに、「REFLECTION」発売です!





ここまで長かった…今回はいろいろ焦らされましたね。
次回はアルバムリリース後、しっかり聴き込んで、未完ツアーですね。
楽しみです。



ここまで読んでいただいてありがとうございます。
よかったら、コメントいただけるとうれしいです。

セットリスト


Mr.Children TOUR 2015 REFLECTION(15/05/27 横浜アリーナ)
01. fantasy
02. ロックンロールは生きている
03. 旅人
04. fanfare
05. Melody
06. FIGHT CLUB
07. 斜陽
08. I can make it
09. 口笛
10. HANABI
11. 口がすべって
12. 蜘蛛の糸
13. REM
14. WALTZ
15. 放たれる
16. 進化論
17. 足音 ~Be Strong
18. 幻聴

アンコール
19. Everything(It’s you)
20. エソラ
21. Marshmallow day
22. 未完





二冊ともに、Mr.Childrenの特集が組まれるそうです。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

You Might Also Like

  • Comments ( 6 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By こりらん

    はじめまして。三年ぶりに自分で引き当てた昨日のライブでした。
    すっかり抜け殻症候群になっていて、今までのように帰ってから復習、ができないこと、そして予習不足?で完全に知らなかったことが残念であと一週間アルバムを待たねばならないのかと意気消沈していました。
    でも!昨夜のセトリだけでなく、MCの内容まで書き出していただいたので鮮明に思い出すこともでき、あと一週間をなんとか過ごせそうです。ありがとうございました!

    • By マサキ

      こんにちは。
      コメントありがとうございます。
      僕もライブ終わってからぼーっとしています。
      はやく来週になってほしいですね!

  2. By うえこ

    とっても詳細なライブレポでまたあの興奮がよみがえってきました!私もマサキさんと同じブロック?で、ひょっとしたらお近くだったかも?でも私は最後列の22列目でした。肉眼で桜井さんが見れてとても嬉しかったです!
    そして、旅人と、REM,WALTZが個人的にはたまらなかったです。ミスチル=ロックバンド、確かに納得のライブでしたね!今週はいよいよアルバム発売。今から楽しみですね♪

    • By マサキ

      読んでいただいてありがとうございます。
      僕は18列目でした。横浜アリーナはアリーナ席といいながら、アリーナ席でないので、会場にいってすこし戸惑いますよね笑
      旅人は大好きで、ライブで聴けて本当によかったです。
      REM⇒WALTZの流れかっこよかったですよね〜。アルバムで早くWALTZ聴きたいです!
      明後日ですね(会場予約は水曜日に届くとの噂…)♪

  3. By ななお

    私は長野2日目に行きました♪
    詳細読んで、あの日の感動…蘇りました!
    (席が10列目でしたので…、それだけで最高☆)
    ありがとうございました♪
    アルバム予約は会場でしました。前日に届くのでしょうかね…
    楽しみです(*^^*)

    • By マサキ

      コメントありがとうございます!
      10列目は、本当にライブの楽しみ方変わりますよね!
      期待せずにまってみます笑

*